少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

レインボーブリッジを渡るオープンバス「’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)」。海風に吹かれながらベイエリアの絶景を堪能できる

普段何げなく見ている景色でも、視線の高さが変わると、初めての感動と驚きに包まれます。そこで話題の2階建てオープントップバス「’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)」に乗って、開放感あふれる東京ドライブをしてきました。今回、参加したのは、数あるはとバスツアーの中でも人気の「TOKYOパノラマドライブ(レインボーブリッジ&銀座)」。午後4時半発を選びました。約1時間、大人1人1800円で東京のベイエリアと銀座を一周できるツアーです。

夏場は冷却シート・うちわのサービスで快適なツアー

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

ガイドさんのアナウンスがスタートする車内。英語、中国語、スペイン語など全8ヶ国語のGPSを使ったリアルタイム音声ガイドも利用できる

JR東京駅丸の内南口を出て、左手に1分ほど歩いた場所に、はとバスの乗車エリアがあります。そこから二階建てのバスに乗り込もうとすると、ガイドさんから冷却シートを渡されました。暑いシーズンはツアーのお客さん全員に、体に貼れる冷却シートを配っているそうです(冬季はホッカイロがもらえるそう)。さらに各座席にはうちわも置かれています。これなら暑い季節のオープントップバスでも快適ですね。そしてツアーが始まると、ガイドさんのアナウンスがスタート! ワクワクしてきました。

日比谷公園から、国会議事堂・永田町へ

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

国会議事堂が目の前に。こんなに近くに来たのは小学生以来だ。後日改めて国会議事堂内を見学してみたくなった

まず驚いたのは、2階建てバスから見える景色。屋根がないため、360度のパノラマを思う存分楽しめます。普段よく行く場所でも、少し視点が上がるだけでもこれほど景色が変わるとは、うれしい発見でした。バスは日比谷公園の横を通り過ぎて、国会議事堂の目の前を通ります。国会議事堂は、テレビで外観を見ることはあっても、実際にはなかなか来る機会がない場所です。改めて間近で見ると、左右対称のまるでギリシャ神殿のような造りで、その優美なたたずまいに魅せられました。
続いて永田町を通過します。日本の中枢であるこのエリアには、政党の建物や行政機関が点在しています。ガイドさんが丁寧にひとつひとつの省庁について説明してくれました。

一番人気のシャッタースポット! 東京タワーは迫力満点

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

バスに乗りながら東京タワーの真下から撮影した躍動感のある一枚。このツアーで一番のシャッタースポットだけあり、ツアーのお客さんはみんな写真を撮るのに夢中だった

虎ノ門ヒルズ、愛宕神社を過ぎると、このツアーで一番人気のシャッタースポット、東京タワーがすぐ目の前に。バスの2階から見上げる東京タワーは迫力満点。お客さんはみんな一心にカメラのシャッターを切っていました。ところで、東京タワーのオレンジ色の正式名称を知っていますか? 「インターナショナルオレンジ」というそうです。こうした雑学を学べるのもこのツアーのうれしいところ。またこのエリアは芝公園の緑のおかげで涼しく、風が心地よかったです。

絶景! 風を感じながらレインボーブリッジから眺めるベイエリア

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

レインボーブリッジから見たお台場の景色。2階建てバスに乗りながら眺めるベイエリアの大パノラマは想像以上に美しかった

やがてバスは首都高速に乗ってベイエリアへ。円を描くようなカーブにさしかかると、レインボーブリッジの美しい姿が見えてきて、テンションが高まりました。
東京の湾岸地域を一望できるレインボーブリッジからの展望は格別です。右手にはお台場、左手には晴海・勝どき方面、奥には東京スカイツリーも望めます。夜景のきれいなエリアですが、日のあるうちに訪れるのも良いものですね。レインボーブリッジを渡ると、有明コロシアムの横を通過し、ゲートブリッジが右手奥に見えてきました。二頭の恐竜が向かい合うようなデザインになっているゲートブリッジは通称「恐竜橋」と呼ばれているそう。

魚介の香ばしいかおりを堪能しつつ、東京の二つの市場をめぐる

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

ビルの間に見える東京スカイツリー。634メートルの高さを誇るだけあり、少し離れた場所から見ても堂々とした存在感だ

しばらくして、バスは豊洲新市場のすぐ横を通ります。いま、何かと話題なこの新市場は近未来的なデザインをしていて、一見しただけでは市場には見えません。続いて、晴海大橋を渡ると、左奥にレインボーブリッジ、右手には東京スカイツリーが見えてきました。ここはビルの間から見える東京スカイツリーを撮影するベストスポットです。

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

勝鬨(かちどき)橋から見た築地市場。時刻が17時過ぎで、傾きかけた太陽が築地市場を照らしてまぶしかった

晴海トリトンの横を走り、隅田川にかかる勝鬨(かちどき)橋へ。かつて東洋一の開閉橋とうたわれたこの橋を渡ると、左手に築地市場が見えてきます。朝の早い築地場外市場は、すでに閉店しているお店が多い時間でしたが、どこからか魚介類を焼く香ばしいかおりが漂ってきました。このように街の香りをダイレクトに感じられるのも、オープンバスの魅力だと思いました。

東京のランドマークが豊富な銀座・日比谷エリア

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

2013年に改装を終え、新オープンした歌舞伎座。「幕の内弁当」は、歌舞伎の一幕、二幕の間に配られたのが始まりだそう

続いて歌舞伎座が見えてきました。大正時代の雰囲気が残る伝統的な造りが目をひきます。歌舞伎座は1889(明治22)年に開場してから現在に至るまで、一世紀以上も銀座のランドマークであり続けています。歌舞伎座を越えると、バスは時計塔でおなじみの和光ビルから有楽町マリオンに向かう晴海通りを北西に走り、たっぷりと銀座の街を堪能できます。2階建てバスから眺める銀座の街は、一層華やかに感じました。

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

東京駅に戻ってきたバスからの景色。最後に東京ステーションホテルを眺めてこのツアーは終了となる

そして、バスは日比谷に入り、都内最大級の広さを誇るペニンシュラホテルの横を通過します。そこから戦後GHQが使っていた指令室の残る第一生命本社と帝国劇場を眺めた後、東京駅に到着。ガイドさんにお客さんから拍手が送られ、今回のツアーは終了しました。

少し高い場所から東京散歩! 人気のはとバスツアーでベイエリア&銀座を一周

2階建てオープンバス「’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)」。バスからの素晴らしい展望は忘れられない思い出となるだろう。19時スタートの最終ツアーに参加して東京の夜景を眺めるのもおすすめ

東京の多くの見どころを回れ、大満足の1時間でした。何より、風・香り・音を直で感じられるところが新鮮です。このツアー、当日予約可能(混雑時以外)で、30分ごとに出発しているので、ちょっとした空き時間を使って気軽に行けます。今度は、友人や家族を誘って、乗車したいと思いました。
(文・ライター 木下あやみ 写真・和田咲子)

<インフォメーション>
はとバス×楽天トラベル バスツアー特集ページ

はとバス ’O Sola mio(オー・ソラ・ミオ)特集ページ

神秘的なブルーグリーンの石垣 徳島城(2)

TOPへ戻る

「かわいい」がいっぱい!独立100周年を迎えるフィンランドの首都ヘルシンキ、ぐるり散歩

RECOMMENDおすすめの記事