&notes

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート

都心から約1時間で行けるレジャー施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(神奈川県相模原市)が、3日(金)から、イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」の営業を開始した。600万球という関東最大の規模を誇るイルミリオンの今年のキーワードは「体験型」。広い敷地や既存のアトラクション設備を生かして、美しい光景を観賞するだけではなく、光の世界に自ら飛び込んで楽しめる要素を取り入れたという。

プレジャーフォレストでは、今年3月に「鳥肌コロシアム」というキャッチコピーで登場したクライミングアトラクション「マッスルモンスター」(記事はこちら)も、土日には待ち時間が出るほどの根強い人気。家族連れだけではなく、マッスルモンスターのために来園したグループやカップルも楽しめるよう、絶叫系のアトラクションの夜間営業やフォトスポットを用意している。9年目を迎えた今年のイルミリオンのみどころとおすすめの楽しみ方を、現地の写真と動画とともにリポートする。

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート

光のトンネル

注目のイルミネーションは?

全21種類に及ぶイルミネーションスポットを展開するイルミリオン。フォトギャラリーでたっぷり紹介しつつ、ここでは特にチェックしておきたいスポットを紹介する。
まず見ておきたい目玉スポットは、高さ15m、電飾の数100万球を超える「光の大宮殿」。宮殿を彩る光が音楽とともにダイナミックに変化するだけでなく、今年は大宮殿のイルミネーションに連動して光が変化するペンライト「光のタクト」が観客に配られ、会場全体で一体感を味わえる仕掛けになっている。また、電飾によるイルミネーションに加えて、クマのキャラクター「パディントンベア」の冒険を描いたプロジェクションマッピングによる映像が大宮殿の前面に映されるのも今年の特徴。この映像は、光の大宮殿をはじめとして園内の4カ所に分かれていて、それを巡っていくことでひとつなぎの物語を見ることができる。残りの3カ所は、ワイルドダイニング横の「パディントンの物語」、「スカイライダー」、「光のナイアガラ」。順路に沿って進みながら、見逃さずチェックしよう。

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート


光のリフト

ピンク色に光り輝く花々に囲まれたコースを自動運転のカートで走る「バンピーカート」や、光のレールが敷かれた斜面の上空を全長250mのリフトに揺られて山頂まで上る「光のリフト」も注目だ。どちらもプレジャーフォレストならではの設備をいかした、子どもから大人まで心躍るアトラクションになっている。ちなみに、バンピーカートに乗っていると、まわりを囲む光景を写真に収めたくなるが、カートが揺れるので、きれいに撮影するのは少々難しい。記事冒頭の動画(開始後7秒~)のように、動画で撮影するのがおすすめだ。

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート

空中に伸びたレールの上を進むアトラクション「スカイライダー」から園内を望む

滝のように流れる光に囲まれるインスタレーション「光のナイアガラ」は、そのスケールに圧倒されること間違いなし。さきほど紹介した「パディントンベア」の冒険の映像が流れるのを眺めながら、しばし幻想的な空間にひたろう。そして、光のナイアガラの目の前には、一面が青く輝くイルミネーションに覆われた「光の海」が広がる。この雄大な海では、あちこちに生き物の姿が見つけられる。子どもと一緒なら、生き物を見つけてその名前を当てていくなど、ちょっとした海の冒険も楽しめそうだ。

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート

一面が青く輝く「光の海」

おすすめの時間帯、快適に行ける時期は?

イルミリオンの企画を担当している富士急行企画部の古屋喜正(よしまさ)さんに、おすすめの見方を聞いた。まず、イルミリオンを快適に見やすい時期は、11月の平日と、1~2月だという。混雑しやすいクリスマスシーズンを過ぎてからが穴場の時期になるようだ。また、おすすめの楽しみ方は、少し早めに来園し、イルミネーションが一斉に点灯される瞬間を見ること。点灯時間は17時(1月まで。2月以降は月ごとに異なる)なので、16時台に来園しておくと良さそう。園内のイルミネーションが一斉に輝き始める瞬間をぜひ目撃してみよう。

【関連記事】スリル満点の新アスレチック「マッスルモンスター」リポート

さがみ湖イルミリオン
開催期間:2018年4月8日(日)まで
夜間営業時間:16:00~21:30(11月の平日と、1月9日以降は21:00まで)※最終入場は営業終了の30分前。点灯時間は1月までは17時。2月以降は月ごとに変動。詳しくは施設まで。

夜間入園料金:
平日 大人 800円 子ども・ペット(犬) 500円
土日祝 大人 1000円 子ども・ペット(犬) 700円
ナイトフリーパス 大人 2300円 子ども 1900円
※フリーパスでの入園を除いて、アトラクションへの搭乗には別途料金がかかります

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634

車でのアクセス:
【東京埼玉方面から】中央自動車道相模湖東出口から約8分
【横浜方面から】圏央道相模原ICから約15分
電車・バスでのアクセス:JR中央本線相模湖駅から神奈中バス三ヶ木行き約7分
JR横浜線橋本駅から神奈中バス三ヶ木行き約35分 「三ヶ木」バス停で相模湖駅行きに乗り換え約8分

問い合わせ先:さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト 0570-037-353

取材協力

さがみ湖プレジャーフォレスト

&TRAVEL公式Instagramもチェック


PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

2017年 さがみ湖イルミリオン

一覧へ戻る

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

RECOMMENDおすすめの記事