&notes

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

プレジャーフォレストオリジナルの、崖にせり出す一本橋アクティビティー(写真提供:富士急行株式会社)

(2017年3月17日に公開した記事に動画を追加し、一部追記しました)

「さがみ湖プレジャーフォレスト」(神奈川県相模原市)で今年3月25日にオープンした新アトラクション「マッスルモンスター」。新宿などから1時間程度で行ける立地の良さやSNSでの話題性もあり、オープンから半年以上が経った今も週末には待ち時間が出る人気ぶりという。時には、昼前に到着した場合、夕方まで待たないと体験できないこともあるそうだ。

崖にせり出すようにそびえたち、挑戦中に足もとを見下ろせば、その高さに目がくらむ「マッスルモンスター」。「鳥肌コロシアム」と銘打たれたこの新施設に、&TRAVEL編集部員が、再びチャレンジ。オープン直前にお伝えした内容に、新たに撮影した動画を加えてお届けする。絶叫系アクティビティーの魅力をあらためてチェックしよう。

【動画】「マッスルモンスター」に挑戦

マッスルモンスターとは?

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

(写真提供:富士急行株式会社)

さがみ湖プレジャーフォレストで最も高い標高370mの山にリフトで上り、少し進むと巨大な六角形の建造物が見えてくる。これが、アジア初上陸のアスレチック「マッスルモンスター」だ。
高さ約16メートル、六角形の端から端までが約32メートル。ドイツ製の「マッスルモンスター」には、足がすくむようなアクティビティーが92種類も用意されている。ドイツをはじめとして海外ですでに複数設置されている世界基準のアスレチックだが、ここプレジャーフォレストでは、山頂の崖ぎわに設置したことで、より高さによるスリルと眺望を楽しめるという魅力がプラスされている。
さらに、崖にせり出す特注の一本橋や、アルプスの少女ハイジを思い起こすような大ブランコが崖から飛び出しているなど、立地を生かしたアスレチックに仕上げられている。

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

崖の向こうまで飛び出す大ブランコ(写真提供:富士急行株式会社)

内部は1階から3階までの3フロアと屋上展望台で構成され、スリルを求めるなら高さ13メートルの3階を攻め、ファミリーなら同3メートルの1階から徐々に挑戦していくというように、だれでも楽しめる設計になっている。(身長120cm以上、体重120kg以下という利用制限があるので注意)
もしくは、展望台や安全なエリアから、家族や友人を応援したり撮影したりという楽しみ方もできる。あいにく今回のリポート時は曇りだったが、天候次第では最も高い展望台から富士山が見えるという。

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

展望台からアクティビティーの様子を見られる

さっそく体験してみよう

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

壁にへばりついて移動する

アクティビティーの種類は、一本橋やU字形につるされたロープなどの不安定な足場をわたっていくもの、ボルダリングのようにとっかかりがついた壁を横に移動するもの、勢いをつけてレールに吊るされた桶やサーフボードに飛び乗り向こう岸まで渡っていくものなどがある。
体重移動が難しいものや、力が必要で難易度が高いものだけでなく、難易度はそれほどではないが、高さと開放感のために足がすくみ、勇気が求められるものまで多様だ。
今回、筆者も3階のアクティビティーにチャレンジ。デモンストレーションをしてくれていたパフォーマンスチーム「PADMA(パドマ)」のメンバーに教えてもらった「ヤバかった」アクティビティーに挑戦した。
しかし、その一本橋にチャレンジするためには、まず別のアクティビティーをクリアしなければならないようになっている。ロープでつるされた細長いボードが連なった不安定な足場を、ロープを手がかりに渡っていくものだ。これもあなどれないもので、足場のボードがぐらぐらするうえに重心が後ろに片寄るため、ロープをつかみそこねるとすぐ背中側から落ちるという恐怖が続く。この試練をなんとかクリアした時点で、早く安全なところに戻りたいという気持ちになっていたが、本命のバネ一本橋に挑まないことには意味がない。
しかし本命のアクティビティーは、いざ近づくと、遠くからの見た目以上にかなり怖いシロモノだった。体幹を鍛え恐怖心を超越しているはずのパフォーマーが「ヤバい」とオススメするだけのことはある。視界の開放感と13メートルという絶妙な高さに加え、体重を少しかけただけでぷるぷる震えるバネの不安定さで、落下するイメージしか浮かばない。一歩を踏み出すまではできたが、それ以上進むことができず、あえなくリタイアしてしまった。一人ではなくグループでチャレンジし、ワーワーキャーキャーと騒ぎながら恐怖を乗り越えていくのが良さそうだ……。

なお、スリルは存分に感じられるが、挑戦中は常に命綱でつながれるので、転落の危険はない。うっかり命綱の装着を忘れてしまう、ということもないので安心して楽しめる。

絶叫アスレチック「マッスルモンスター」 怖すぎるアクティビティーを写真と動画で徹底リポート

アクティビティーエリアでは命綱を外せないようになっているので転落の危険はない(写真提供:富士急行株式会社)

山上にある屋外施設のため、雨が降ったときには利用できない場合があるのと、寒い時期にはグローブや防寒着の用意が欠かせないのには注意したい。神奈川県横浜市の最高気温が11.1度だったこの日、グローブをつけずに2時間ほど楽しんだところ、昼ごろだったにもかかわらず、かなり手がかじかんだ。

ちなみに、今回の初上陸の仕掛け人の一人、富士急行株式会社企画部主任の椎名望(のぞみ)さん(なんと高所恐怖症)に聞いたところ、一本橋を自転車で渡るアクティビティーや、鳥の模型にぶら下がって滑り降りるアクティビティーが写真映えするのでオススメとのこと。

友人同士で競い合うもよし、ファミリーで子どもの挑戦を見守るもよし、春のお出かけシーズンの候補として検討してみてはいかがだろうか。

【その他の写真は下部にあるGALLERYで】

PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

圧倒的な光の世界へ 東京から1時間の関東最大イルミネーション「さがみ湖イルミリオン」をリポート

一覧へ戻る

日本の「食」に高い関心 料理の祭典「マドリード・フュージョン」開催

RECOMMENDおすすめの記事