太公望のわくわく 釣ってきました

循環する「天国」を満喫 和歌山・有田川で「友釣り」

釣った魚を空中に飛ばして「引き抜き」、タモへの取り込みを決める上西啓文さん

釣った魚を空中に飛ばして「引き抜き」、タモへの取り込みを決める上西啓文さん

魚釣りは、すべてが行動と想像することから始まるのです。
釣りたい魚を釣りに行く。そう、海や川へ行くことが、第一です。釣りには、旅の要素も多分に含まれているのです。その前には、いろいろすることがたくさんあるのですが……。そこには、いろいろな人との出会い、風景との出合い、そして、本命の魚との出会いが待っているのです。魚が釣れれば、おいしい料理だって待っている。

本コラム1回目は、くしくも、5月1日に解禁になった、友釣りです。エッ、友釣りってなんの釣り? そうですよね。狙う魚が分かりませんよね。答えはアユなんです。なぜ友釣りなのか。それは、友=オトリ=生きたアユ、を使って、野アユを掛けるから、友釣りなんですね。

目の下、エラぶた下、胸ビレ下の3カ所に黄斑があるアユ

目の下、エラぶた下、胸ビレ下の3カ所に黄斑があるアユ

すごく簡単に説明すると、川にいる野アユはエサ場=縄張りを持っています。その縄張りに、友=オトリが侵入すると、縄張りを持った野アユは、食事場所である縄張りを守るために、友=オトリを追い払うのです。その友=オトリにハリが仕掛けられていると、体当たりしてきた縄張りを持ったアユが掛かるという仕組みです。
日本独特の釣りだから、好きなのではありません。山間を縫うようにして流れる川の中に立ち込み、瀬音を聞きながら、夢中になれる釣り。そして、弱ったオトリから1匹掛かっただけで、それまでの地獄のような釣りが、まるでうそのように天国の釣りへと変わる。だから私は、大好きなんです。

5月1日、日本一早くアユ釣り解禁となる河川が、和歌山県の有田川と日高川です。今回は6日、有田川のダム上流へ行ってきました。もうすっかり山は新緑に包まれてきましたね。

聞こえるのは川のせせらぎと鳥の鳴き声だけと言う、プライベートリバーともいえるポイント

聞こえるのは川のせせらぎと鳥の鳴き声だけと言う、プライベートリバーともいえるポイント

かつらぎ町花園地区にある、西浦オトリ店で、遊漁券とオトリを購入します。川の釣りでは、遊漁券を持たずに釣りをすると、密猟になっちゃいます。
今回一緒に竿を出すのは、有田川の名人である、関西友心会の上西啓文さんと有田川町の杉野原地区。秘密の場所があるらしい。
軽トラックが入れる農道を進むと、河原まで続いていました。幸いにも誰も入っていません。まさしくプライベート釣り場と言った感が。人家が無く、ほんとうにロケーションのよい釣り場でした。
しかし、解禁から6日目ともなると、釣りやすいところは、釣り切られた感が。私が上流、上西さんが下流に入り、日中の暖かくなる3時間竿を出します。

背掛かりを連発し、楽しい思いをする筆者

背掛かりを連発し、楽しい思いをする筆者

瀬の中にオトリを入れます。アユが縄張りを持ちやすい場所だからです。黄色いアユが掛かれば、誰も竿を出していない証拠です。オトリを出して10分ほどで掛かったアユは、魚自体の色が白く、13センチほどの小型。と言うことは、誰かが入った後と言うことでしょう。でも掛かるので、オトリを取るため粘って5匹確保します。これで、荒い瀬を攻めても、オトリの循環が保てるはずです。
さらに上流へ。荒くて水深のある瀬にオトリを入れます。待ったなしのグルグル、ガッツン!と追ってきて背掛かり。サイズも17センチ。こんな掛かり方をするのは、誰も竿を出していない竿抜けになっていた証拠です。オトリを交換し、送り出すと、またギュン! 友釣りは循環のゲーム。掛かれば掛かるほど元気なアユをオトリに使うことができ、循環が良くなるのです。今日は、最初から天国モード突入です!

タモの中で元気なアユが跳ね踊る

タモの中で元気なアユが跳ね踊る

もう少し上流の瀬でも、そこそこ掛かり、時間になって集合場所へ。上西さん27匹、私は21匹と、今シーズンの初アユを、楽しく釣らせてもらいました。

(左)上西さんは、3時間で27匹、時間9匹のペース<br>(右)筆者も釣果に顔がほころぶ

(左)上西さんは、3時間で27匹、時間9匹のペース
(右)筆者も釣果に顔がほころぶ

オトリ缶で生かして自宅まで持ち帰り、まずは定番の塩焼きです。紀州備長炭でこんがりと焼いたアユは、天国の夏の始まりを告げる味となったのは言うまでもありません。

シンプルな塩焼きはアユの味がわかり、おいしい

シンプルな塩焼きはアユの味がわかり、おいしい

※地図はおおよその場所です

西浦オトリ店(電0737-26-0063)
http://www.wham21.com/hanazono/

PROFILE

釣り大好きライター陣

安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

安田明彦(やすだ・あきひこ)

釣りライター
1959年大阪市生まれ。父親の影響で子供のときから釣りが大好き。大学卒業後、釣り週刊誌の記者、テレビの釣り番組解説者などを務め、「やっさん」の愛称で親しまれる。あらゆる釣りを経験するが、近年は釣って楽しく、食べてもおいしい魚だけを求めて行くことが多い。釣り好き、魚好きが高じて、居酒屋を営んだこともある。

一覧へ戻る

航路10分の週末旅 無人島で楽しむ五目釣り 横須賀市・猿島

RECOMMENDおすすめの記事