ダンテ「神曲」に名を刻む城塞、モンテリッジョーニの中世祭り

花の都フィレンツェ(イタリア)からシエナに向かって南へ約60km。のどかな景色を眺めながら車を走らせていると、モンテリッジョーニの城塞(じょうさい)が見えてくる。小高い丘にいくつもの塔を備えたその姿は、フィレンツェ出身の詩人ダンテ・アリギエーリにも強い印象を与えたようだ。彼は自身の作品「神曲・地獄編」で城塞の名を記している。

歴史はフィレンツェ、シエナの両共和国が教皇派と皇帝派に分かれて戦争を繰り広げていた13世紀にさかのぼる。シエナ側がその見晴らしの良さから、対フィレンツェの軍事基地として選んだ場所が、モンテリッジョーニの丘だった。城塞は1213年~1219年にかけて建てられたものである。東西わずか200m足らずの基地だが、兵士を支えるべく内部に住居や畑も作られた。

その後、幾度にも及ぶ攻撃に耐えたものの、1554年モンテリッジョーニはフィレンツェ軍の手に落ちる。シエナの防衛隊長ジョヴァンニ・ゼーティの裏切りによるものだったとされる。ゼーティは、かつてフィレンツェから追放された身であった。フィレンツェを治めるメディチ家は、複雑な身上の彼を利用した。和解を条件に、モンテリッジョーニの城門の鍵をフィレンツェ軍に渡すことを彼に提案したのだ。ゼーティは、それに従った。

開城から5世紀近くたつ今も、モンテリッジョーニはほぼ当時の面影を残している。「ゼーティは裏切り者だったかもしれません。しかし見事な城塞が消滅せずに戦いが終焉を迎えたことを好意的に捉える人も少なくないのですよ」と、住人のひとりは語る。

今日も城塞内には住民がいるが、その人口は40人ほど。しかし城塞を取り巻く同名の基礎自治体(コムーネ)を含めると、その数は9900人に達する。彼らは、城塞の美しさを後世に伝えるべく、毎年7月に「中世祭り」を開催している。1991年に始まったイベントは今年で28回目となる。大道芸人によるパフォーマンスや中世装束のパレード、そして地元の人々による俳優顔負けの寸劇が真夏の夜を盛り上げる。2018年は7月6~8日と13~15日の週末に行われ、約1万4000人もの観光客が訪れた。

いにしえの兵士たちはやりと矢で城塞を守ったが、現在の住人たちは笑顔とおもてなしという武器で、愛すべき故郷の姿を守ろうとしている。

(文 大矢麻里 Mari OYA、写真 大矢麻里 Mari OYA/大矢アキオ Akio Lorenzo OYA、Bruchi)

インフォメーション: Festa Medievale Monteriggioni
www.monteriggionimedievale.com
取材協力:Ufficio turistico di Monteriggioni

レッサーパンダの聖地・日本平動物園と、富士山の絶景を独り占めの日本平ホテル<フォトギャラリー>

一覧へ戻る

中田英寿 福島を旅する<#03> 来ました、福島。―「桃」

RECOMMENDおすすめの記事