太公望のわくわく 釣ってきました

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

45センチ超のアカムツを釣り上げた釣友の長野剛さん。このサイズならしゃぶしゃぶもできる

釣り人が最も気になる存在と言えば、狙っている魚より、隣の釣り人。左右の竿(さお)が曲がれば、「おめでとうございます」なんて声を掛けながらも内心穏やかではなく、自分の竿が曲がれば「たまたまです」なんて言いながらも鼻高々なもの。「いい年をした大人が」なんて言われそうですが、それが許されるのが船の上。釣りの恥はかきすて、ということでいいんです。

1月中旬に狙いを定めたのは、「赤い宝石」と呼ばれているアカムツ。のどの奥が黒いことから、ノドグロとも呼ばれている超高級魚です。かつて、テニスの錦織圭選手が食べたいと言ったことから人気が高まり、「宝石」の価値は急上昇。1匹釣れれば万々歳。そんなお宝を求めて、釣友の長野剛さんと2人で千葉県旭市の飯岡港に行ってきました。

飯岡港は、銚子港にも近く、千葉県で屈指の漁獲量を誇る大きな港です。沖合は黒潮と親潮がぶつかる好漁場。多くの遊漁船が、ここを拠点にしています。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

午前3時50分。明かりが灯り、釣り人を待つ船宿「幸丸」

この日お世話になったのは船宿「幸丸」さん。アカムツ人気はすさまじく、出航前日の夕方にもかかわらず既に10人以上が船宿に。アカムツ船は幸丸さんだけで4隻。定員は1隻16人ほどなので、60人近くが「赤い宝石」を狙って船に乗ることになりそうです。幸丸さんには素泊まりすることもでき、一風呂浴びて一杯やれば、温かい布団で夢心地に。明日に向けた睡眠もばっちりです。

集合時間は午前4時30分。釣り人が船に乗り込むと、遊漁船はすぐに出港し、速度を上げて東に向かいました。猛スピードで太平洋を約1時間半。銚子の犬吠埼も見えなくなるほどの沖の深海にアカムツのすみかはありました。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

「赤い宝石」を狙う釣り人たち

水深は230メートル超。潮に流されず、仕掛けを海底に届けるために、200号(約750グラム)のおもりを仕掛けの一番下にぶら下げます。「胴付き仕掛け」といって、おもりから1メートルと2メートルの所から50センチほどの枝ハリス(針と餌付き)を出すのです。230メートルと数字で書くのは簡単ですが、アカムツが地面にいるとすれば、釣り人がいるのは東京都庁第一本庁舎の屋上ぐらい。釣り糸を通して、深海から魚信を探る。ロマンを感じずにはいられません。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

キビナゴ、ホタルイカ、サバ。アカムツの好みは日によって変わる

午前6時過ぎ。いよいよ釣りの開始です。なんとか一つでも「宝石」を手に入れたいと、餌にホタルイカ、サバとサンマの切り身、キビナゴ、赤と青に染めたスルメイカを用意。アカムツが何を気に入るかは、その日次第。さて、今日のお好みはどれでしょうか。

船から落としたおもりが底につくまで1分以上。底についたら、じっと魚信を待ちます。うねりで船が持ち上げられれば竿を下げ、船が下がれば竿を上げる。おもりが底から離れないように、微調整を繰り返すのが大事なコツ。海底近くを泳いでいるアカムツが餌を食べやすいような位置をキープするのです。

船中では、釣り開始からしばし沈黙が続きました。「超高級魚だからそんなもの」。頭では分かっているのですが、1匹釣れるかどうかなので、ますます隣の釣り人が気になってきます。釣り始めから1時間ほど経ったころ。左隣の長野さんが、ぐっと竿を上げました。グググっと竿が震えるのを確認して、電動リールのスイッチをオン。ウイーン、ウイーン。モーターが仕掛けを巻き上げていきます。

深海釣りの楽しみは、海底から仕掛けを引き揚げる時間の長さ。果たしてアカムツが釣れているのか。アカムツだと、針掛かりしたときにまず竿先がグググ、グググとなり、巻き上げ途中はしーんと静かになり、最後にまたグググ、グググとなるとのこと。気にならないふりをしながらチラチラ見ていると、何だかそんな感じ。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

良型のアカムツを釣り上げた長野さん

針掛かりから2分ほど。私がタモを持って待ち構えると、赤い魚が見えてきました。アカムツです。「長野さん、おめでとうございます!」(心の中:くやし~)

間もなく私の竿もしなりました。グググ、グググ。グググ、グググ。あらら。一向にし~んとはなりません。最後までグググが続き、海面に見えてきたのはアカではなくクロムツ。これもおいしい魚ですが……。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

いかつい顔のクロムツを釣った筆者

グググググで大きなアカムツを期待するとサメだったり、最後までグググ、グググはやっぱりクロムツだったり。なかなか赤い魚が釣れません。なのに、長野さんはもう1匹アカムツを追加。どうやら長野さんが選んだサンマ餌がこの日のお気に入りだったみたい。「絶好調ですね!」と声をかける私。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

アカムツは海面でのばらしが多い。隣り合う釣り人が手を休めてタモ入れを手伝う

徐々に風が強くなり、海も荒れてきてアタリが遠くなってきました。午前11時を過ぎ、そろそろ納竿の時間。私はアカムツゼロのまま。「何とか1匹」と念じていたら、曲がったのは……またも長野さんの竿でした。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

強風で海上も荒れてきた。飯岡から遠く離れた太平洋の沖合にアカムツ狙いの船が集まる

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

釣れたアカムツ。20リットルのクーラーボックスからはみ出す大きさ

グググ、し~ん、グググ。しっかりアカムツ。隣の長野さんのアカムツを、タモですくうのも3度目の私。「……」。見るに見かねたからでしょうか。「1匹進呈します!」と長野さん。ついに、光り輝くアカムツが私の手元に。最後の最後で「赤い宝石」をゲット。目標を達成?し、私のクーラーボックスは一気に華やかに。絶望から一転、大満足の釣行となりました。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

釣りを終えて港に戻る幸丸の船

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

遊漁船が停泊する飯岡港

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

釣行後は「いいおか潮騒ホテル」で日帰り入浴。至福の時だ

アカムツとクロムツは、三枚下ろしにした後、2日ほど冷蔵庫で寝かせて刺し身に。アカムツの身は白くて、クロムツの身は赤い。なんだかややこしいですが、「白身のトロ」と称されるアカムツの味は、例えるならば、信じられないぐらい脂がのったタイの刺し身。2、3切れ食べれば心が満たされる。「宝石」の値打ちは確かにありました。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

アカムツ(右)とクロムツ(左)の刺し身。アカムツは脂がのっている

個人的には煮付けが絶品で、脂の乗ったアカムツのカマのうまさといったら。クロムツは3匹釣ったので、身の方を煮付けに。身離れがよく、食べ応え満点。うますぎて焼酎のお湯割りが進む、進む。幸せな夕食となりました。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

アカムツ(中央)とクロムツ(左右)の頭を煮付けに。ごはんがとまらなくなるうまさだ

2匹のアカムツを持ち帰った長野家では、アカムツの水炊きとすき焼きを食べ比べた結果、すき焼きに軍配が上がったとのことです。「宝石」の食べ比べ。何と豪華な。

1匹釣れれば元とれる 「赤い宝石」ノドグロを狙え! 千葉・銚子沖

長野さん宅ではアカムツをすき焼き風で。水炊きよりずっとおいしかったとのこと

魚より気になる隣の釣り人。それが釣友だと、竿を出すのがさらに楽しくなります。1人で釣るより、複数で競り合った方が面白い。やっぱり、持つべきものは釣友ですね!

幸丸
http://cb-sachimaru.com/

PROFILE

西田健作(にしだ・けんさく)朝日新聞記者
1971年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。15年ほど前に千葉県浦安市に引っ越し、ディズニーランドのすぐ近くで魚が釣れることを知り、釣りにはまる。朝日新聞社では文化くらし報道部で美術担当、映画担当などを務め、現在は同部次長(デスク)。外に出られない平日のモヤモヤから、ますます週末の釣りにのめり込んでいる。

PROFILE

釣り大好きライター陣

安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

水鉄砲も墨鉄砲もくらいながら、大タルイカ仕留めた! 福井県小浜市沖

一覧へ戻る

「海のギャング」サワラを鉛の小魚で幻惑せよ! 神奈川・観音崎沖

RECOMMENDおすすめの記事