バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

1990年、『12万円で世界を歩く』で旅行作家としてデビュー以来、約30年間バックパッカースタイルで旅をし、多くの著書を出している下川裕治さん。こんな人生、なかなかない!?

現在、&TRAVELの連載『クリックディープ旅』で、再び12万円の旅に挑戦中だ。過去には玄奘三蔵が歩いたルートをたどる旅世界の長距離列車に乗る旅……。還暦を過ぎ、ひょうひょうと(つらい?)旅を続ける、その原動力は何なのだろうか? 相棒であるフォトグラファーの阿部稔哉さん、中田浩資さんも交え、お話を伺った。旅のスタイル同様、話題はあちこちに。

インタビューは3回に分けてお届けする。今回は第1回。

いつもは“低予算で遠くへ”ということで、節約するためにすぐに乗り物にのるお三方。世界遺産などの観光名所はスルーすることが多い。そんな3人のレアショットを撮るべく、インタビューのロケ地はミニチュア世界遺産などがある「東武ワールドスクウェア」に。

おじさん3人がミニチュアの前でポーズ。かわいいかもしれない……。

集合場所は東武浅草駅。特急リバティ会津111号に乗り込み、のんび~りと向かった。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

3人は、ざっくりいうとこんな人!

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

左から中田さん、下川さん、阿部さん

●下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/旅行作家
フォトグラファーと二人、所持金12万円で海外を旅する週刊朝日での連載をまとめた書籍『12万円で世界を歩く』(朝日新聞出版)は、バックパッカーたちのバイブルとして知られている。これまで訪ねた国は70カ国以上。一番親しみを感じている国はタイで、「アリとキリギリスって寓話があるけど、タイって、冬がこないキリギリスみたいな暮らしができる国なんだよね」。タイに関する著書も多く、欧米よりも圧倒的に東南アジアびいきの64歳。

●阿部稔哉(あべ・としや)/フォトグラファー
下川さんとの初海外旅行は30年ほど前、23、24歳のときに行ったタイ、マレーシア、インドネシアを巡る旅。それが人生初の海外旅行だった。「すごくハードだったんですけど、海外旅行はどこもこんなものなのかなぁって思っちゃった」。以来30年近く旅を共にしてきたが、「今でも下川さんとの旅は毎回つらい……。慣れません」。

●中田浩資(なかた・ひろし)/フォトグラファー
下川さんとの初仕事は10年前、33、34歳のときに行った韓国。「学生の頃からずっと下川先生のファンでした」と、なんと今回の東武ワールドスクウェア旅で初告白。「読者だったんだ……」と下川さんを驚かせた。下川・阿部組の「死ぬかと思った」的旅エピソード(今企画第3回に登場)には、「さすがにそこまでは経験しなくてもいいかな……」とポツリ。

 世界遺産に興味ないと言いつつ、ミニチュアを前に……

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

――東武ワールドスクウェアに行ったことはありますか?

中田 僕は初めて。

下川・阿部 僕も。

――47の世界遺産が実物の1/25のスケールで再現されているそうですが、みなさんは世界遺産には結構行っているんじゃないでしょうか。

下川 どうだろう。世界遺産ってあんまり興味なくて、わざわざ目指していったことがないから……。

中田 この間の『クリックディープ旅』で紹介したキルギスの草原(アク・ベシム遺跡)は、「シルクロード:長安—天山回廊の交易路網」という世界遺産でしたよ。

下川 あぁ、あのなにもない世界遺産ね。

中田 羊飼いが羊に草をはませているような、ただの野原なんです。

下川 ユネスコの看板が立っているだけ。世界遺産に認定されているのに、なんにもないの。

中田 ここです、ここ。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

【「バルイクチからビシケクへ、玄奘三蔵が歩いた中央アジアの旅(3)」より】。「これですか?」。一瞬、口があんぐり状態に。アク・ベシム遺跡は世界遺産にも登録されているのだが。これほど放置された世界遺産をはじめて見た。調査のために城跡を掘った跡がかすかに残るだけ。周囲では羊が草をはんでいた。案内板ひとつない。これでいいのだろうか。入場料? もちろん無料です。(写真撮影=中田浩資)※写真をおせば当該記事へ。

――印象に残っている世界遺産はありますか?

下川 僕らの旅では世界遺産だと気づかずに素通りしていることが多いと思う。カンボジアには何度も行っているけど、アンコールワットに初めて行ったのも十何回目かのときだし。それも、たまたま本来使いたかった空港が利用できなくて、アンコールワットに近いシェムリアップの街で時間を持て余したから行っただけで。

――時間がなければ、行ってない。

下川 うん。

――行って良かったですか?

下川 ガジュマルっぽい木が良かった。あと、雨漏りしていたのがおもしろかったです。昔ここにいた人たちもみんな雨漏りを体験したんだろうなぁって。僕は建物の歴史とか文化に関する知識がないから、原稿を書くために変なところに目がいくのがクセになっている。だから、いやな旅行者だと思いますよ。

中田 下川さんは、中国でも見ないと「一生、後悔するぞ」っていう地元の人の声をスルーしていましたよね。ほら、敦煌の莫高窟(ばっこうくつ)。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

【「花土溝から西安へ、玄奘三蔵が歩いた道・帰路編(10)」より】。約20分後、運転手はむくっと起きた。目覚ましが鳴ったわけでもない。「行くぞ」とひと声。いったいなんという運転手だろうか。そこからまた2時間。車は敦煌の市内に入った。敦煌観光もせずに柳園に向かう僕らに、「一生、後悔するぞ」と運転手。「後悔しないと思う」とは反論はしなかったが。(写真撮影=中田浩資)

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

ミニチュア莫高窟の前で

――なんでそんなに興味が持てないんでしょうか。

下川 なんだか、どこも似たり寄ったりな気がするんだよね。特に街並み自体が世界遺産みたいな場所って、修復を重ねているうちに世界遺産風に寄せていっているというかさ……。

……と、序盤はちょっとテンション低め(?)な下川さんたちでしたが、東武ワールドスクウェアに足を踏み入れたら、「えっ、自由の女神も、 ピラミッドもあるの!?」と、建造物に興味津々。

『12万円で世界を歩く』30年今昔物語

 

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

ミニチュアの、ワールドトレードセンター、自由の女神の前で

――下川さんが初めて長い旅に出たのは。

下川 27歳のときですね。そのころはまさか旅を仕事にするとは思っていませんでした。

阿部 僕の初海外は、下川さんとの“12万円の旅”初回のスマトラ島への旅です。すごくハードでしたけど、なにぶん海外旅行の経験がないから「海外ってこんなものなのかな」って感想でした。

中田 普通の海外旅行を知らなかったから……。

阿部 (笑)。そのころ僕が23、24歳で、下川さんは34、35歳。当時から既に今と同じようなメガネにヒゲ姿でしたよね。

下川 そうね。今も昔もメガネには特にこだわりはないんだけど、ヒゲにはこだわりがあった。ヒゲを生やしてないと成人の男とみなされない地域もあって。身を守るための術だったんですよ。

阿部 今やそのヒゲも含めて下川さんのアイコンですよね。

――30年前に週刊朝日で始まった人気連載『12万円で世界を歩く』。現在、再び同じルートをたどる旅を紹介しています。「赤道編」「ヒマラヤ編」が終了し、今後は30年前と同じルートで行った「アメリカ編」の公開も控えているそうですが、30年ぶりのアメリカはどうでしたか?

下川 いやもう、時代がぜんぜん違うよね。物価が高いし、格安のLCCもあるし。

阿部 ですねぇ。当時も、そして今回もアメリカ旅は僕が同行しましたけど、昔は航空券が高いからバスを選んだのに、今はバスより飛行機の方が安いし圧倒的に速いですからね。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

――じゃあ、今回は飛行機で?

下川 いや、飛行機の誘惑はなんとかこらえて、バスにしました。本来の“12万円で世界を歩く”の趣旨からしたら本末転倒なんだけど、でも、今回は当時のルートをなぞるのが目的なので。

阿部 バスだと3泊5日かかる距離も、飛行機なら1時間。費用も、飛行機は1万円、バスだと2万円なんですよ。

下川 僕も還暦を過ぎているし、できることなら楽したいけど、読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

【『再び「12万円で世界を歩く」ヒマラヤ編5』より】。チョムロンの村から下山。恐怖のつり橋のニューブリッジを渡ると、石積みの坂道が消える。山を巻くようにつくられた土の道になる。足への負担も減り、高低差も少ないのだが、疲れが足にきてます。なんとか登山口まで、バテることもなく着きたい。そんな思いで歩いている。優しいまな差しでこの写真、見てください。(写真撮影=阿部稔哉)

阿部 開始早々12万円超えで、結局2倍以上かかっちゃいましたよね。

下川 高い金払ってわざわざ時間がかかるルートを選び、バスの座席で窮屈な思いをしながら寝る……。もうね、なんのためにやってんだという話です。「なんでそんなことしたの?」って聞かれても、返す言葉がない。

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

――30年前は12万円で収めるために日本からサバ缶や即席ラーメンを持って行ったとか。

阿部 今回は食の面では進化しました。アルファ米(※水やお湯でもどして食べる米)のおにぎりを導入したら、すごくおいしくてこれはいいぞと。とはいえ、やっぱり飽きはきますけど……。

下川 2週間ずっとハンバーガー、ホットドッグ、アルファ米のローテーション。スーパーに行っても、他の食べものは高くて買えませんでした。

――そもそもなんで予算は12万円なんですか?

下川 一カ月に1万円ずつ貯めると一年間で12万円でしょ? それでどこまでいけるかっていうのがもともとの企画だったの。フォトグラファーと2人旅だから、実質24万円なんだけど。

――行き先やルートはいつも下川さんが?

下川 大筋は決めますが、現地の交通事情や予期せぬハプニングで絶対にその通りにはいかないから、ざっくりとしか決めない。「最近あの国境があいて陸路で行けるようになったから」とか、そういうことで決めています。

――昔からずっと、下川さんは固定ライターで、フォトグラファーは交代制なんですか?

下川 週刊朝日の連載でやっていた頃はライターも固定しない予定だったんですよ。でも初回の内容(阿部さんとの「12万円で世界を歩く」の赤道編。タイ・マレーシア・インドネシア旅)が過酷だったので、他のライターから敬遠されて、結果としてそうなっただけです。

第2回に続きます)

バックパッカー歴30年、旅行作家・下川裕治インタビュー#01 「読者が僕に求めているのはつらい目に遭うことだから……」

撮影:高嶋佳代 ライター:渡部麻衣子

■取材協力

東武ワールドスクウェア

TEL:0288-77-1055(予約センター)

住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1

恵みの雨に期待してアマゴ釣り 和歌山県・四村川

一覧へ戻る

連載エッセー「いつかの旅」 (20)浦島太郎と消費税

RECOMMENDおすすめの記事

Recommended by Outbrain