にっぽんの逸品を訪ねて

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

南仏のコートダジュールをほうふつとさせる(画像提供:葉山ホテル音羽ノ森)

神奈川県横須賀市の西海岸は、南仏のプロヴァンス地方を思わせる。隣の葉山町から続く海岸線は保養地として名高いコートダジュールにも似た美しい風景。横須賀市のある三浦半島は温暖な気候と豊穣(ほうじょう)な土地が良質な作物を育み、地元の食材を愛するシェフたちの隠れ家のようなレストランが点在する。洗練とのどかさを併せ持つこのエリアでは、ゆったりと時間が流れる“スローリゾート”を楽しみたい。

 

ランチも2時間かけてゆっくり「SOLIS」

横須賀西海岸のスローリゾートを代表する一軒が「SOLIS-Agriturismo-(ソリス アグリトゥーリズモ)」だ。海岸線から少し入った山手にあるイタリアンレストランで、地元の食材を使ったコース料理がランチとディナーで味わえる。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

山手の自然の中に建つレストラン

SOLISのテーマは自然との融合。場所を吟味して、約3年を経てオープンした。ここを選んだ理由をシェフの伊藤亮太郎さんは、「車や電車でのアクセスが良いうえに、海があって自然豊かでリゾート感にあふれている。料理とともに非日常を感じていただけると思いました」とのこと。

オープンキッチンの店内は、ガラス張りの窓の向こうに木立が広がっている。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

「SOLIS」はラテン語で太陽の意味

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

手際のいい調理の光景が間近に見える

料理には、地元の食材の中でも野菜が豊富に使われている。横須賀市のある三浦半島は気候が温暖で農作物が良く育つ。一年を通して野菜作りができ、三浦大根に代表されるように特産品も多い。旬の野菜を軸にメニューを考えるので、コースの内容は毎月変わるそうだ。

「ランチでも2時間以上かけてゆっくりお召し上がりになるお客様が多いです」と伊藤シェフ。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

優雅なランチタイムの始まり

この日は、キビナゴのフリットに始まり、前菜は「佐島産ヤリイカと三浦セロリのサラダ」。横須賀は海も近いので、海産物にも恵まれている。甘みのあるヤリイカと歯ざわりの爽やかなセロリを、自家製塩レモンの風味が引き立てる。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

サラダは春が舞い降りたような軽やかな配色

弱火で3時間煮込んだ「青木農園の黄かぶのスープ」に続いて登場したのは、「チーマ・ディ・ラーパと自家製一夜干しのフェットゥチーネ」。西洋の菜の花といわれるめずらしいイタリア野菜を使い、自家製イシモチの一夜干しをアンチョビ風に用いている。それぞれの料理に加えられたローストしたクルミやゆずのパウダーなどの細やかな素材も、味のアクセントとして効いている。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

鮮やかな緑が野菜の新鮮さを物語っているかのような「チーマ・ディ・ラーパ」を使ったパスタ

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

メニュー表に野菜の説明が載っていた

「湘南豚とサボイキャベツのフレーグラ」も野菜たっぷり。「牛ほほ肉のペポーゾ」が出るころにはもうすぐこの時間が終わってしまうと、名残惜しくなる。デザートの「SOLIS風ヨーグルトのムース 季節のソースで」には地元の夏ミカンやキンカンが使われていた。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

窓の風景を眺めながら静かな時間が流れる

 

海辺の絶景ホテルでイチゴのスイーツを

海岸線の高台には、全20室がオーシャンビューという「葉山ホテル音羽ノ森」が立つ。館内にはフレンチレストラン「潮幸(しおさい)」やバー、別邸にはチャペルを備えた結婚式場などもあり、館内のあちこちから目の前の相模湾が望める。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

フレンチレストラン「潮幸」からも海に手が届きそう

宿泊者専用の「SPA Blue Lagoon(スパ・ブルー・ラグーン)」は、まるで海に溶け込んでいくかのよう。刻々と変わる空と海は見飽きることがなく、時間が経つのも忘れそう。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

「SPA Blue Lagoon」はこの上ない開放感(画像提供:葉山ホテル音羽ノ森)

海の上にいるような眺めのカフェテラスでは、葉山牛を使用した葉山バーガーやパティシエ特製のオリジナルケーキなどが味わえる。

4月30日までは「ストロベリーフェア2019」を開催。有名パテシィエたちにも人気の地元「嘉山農園」の希少なイチゴを使い、パフェやショートケーキ、パンケーキなどの期間限定のスイーツがメニューに加わっている。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

糖度が高いイチゴは生クリームとの相性も抜群

 

地元で人気のジャム店と海岸美の名所も

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

丁寧に作るジャムが評判の店

横須賀市西海岸でぜひ立ち寄りたいのが、「新倉さんちの手づくりジャム」。三浦半島を中心に県内産、国産の素材にこだわり、保存料もペクチンも無添加で作った約50種のジャムが並ぶ。約20年前から家族のために作っていた手作りジャムが評判となり、ついにお店を構えることになった人気店だ。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

野菜ジャムも意外なおいしさが発見できる

職人が丁寧に煮つめて作るジャムは、素材の味が生きている。ブロッコリーや大根、ナスなど驚くような種類のジャムもあり、店内で試食ができるのでお気に入りの味を探そう。

隠れ家レストランと海辺の絶景ホテル 横須賀西海岸のスローリゾート

壮大な景観が続く荒崎公園

荒崎公園では、三浦半島屈指といわれる海岸美が見られる。黒くて硬い凝灰岩と、白くてやわらかな砂岩や泥岩の層が作り出す板状の風景はまるでしま模様を描いたよう。海辺には荒崎シーサイドコースというハイキングコースも整備されている。

【問い合わせ】

SOLIS-Agriturismo-
http://www.solis-agriturismo.com/

葉山ホテル音羽ノ森
https://www.otowanomori.jp/

新倉さんちの手づくりジャム
http://www.niikurajam.com/

荒崎公園
https://www.cocoyoko.net/spot/arasaki-park.html

PROFILE

中元千恵子

旅とインタビューを主とするフリーライター。埼玉県秩父市生まれ。上智大卒。伝統工芸や伝統の食、町並みなど、風土が生んだ文化の取材を得意とする。また、著名人のインタビューも多数。『ニッポンの手仕事』『たてもの風土記』『伝える心息づく町』(共同通信社で連載)、『バリアフリーの温泉宿』(旅行読売・現在連載中)。伝統食の現地取材も多い。
全国各地のアンテナショップを紹介するサイト 風土47でも連載中

あっという間に絶景の銀世界へ 新穂高ロープウェイ

一覧へ戻る

1000年続く祈りの時間 長谷寺の朝の勤行体験 奈良県桜井市

RECOMMENDおすすめの記事