太公望のわくわく 釣ってきました

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

「春告魚(はるつげうお)」の異名を持ち、寒さが緩む時期からよく釣れだすメバルは、大きいものでも30センチほどではあるが、そのサイズらしからぬ強い引きと、漁港や堤防で釣れる手軽さから、人気のターゲットとなっている。

花粉が舞い、鼻水が躍る3月上旬、そんなメバルを狙いにやってきたのは、神奈川県の三浦半島南東部に位置する松輪港(剣崎松輪港、松輪江奈港ともいう)。日中の気温は15度を超え、夜でも手がかじかむことがないこの日は、絶好のメバル釣り日和……などではなかった。

港の岸壁に立つと、べらぼうに強い向かい風に襲われる。最大瞬間風速は15メートル超で、踏ん張っていないとよろけてしまうほどだ。ルアーでメバルを釣る“メバリング”は、1グラム程度のジグヘッド(オモリとハリが一体化した釣り具)を操作するのが特徴。仕掛けが軽い分、風にはめっぽう弱い。

強風対策のひとつは、風を背中で受けられる「風裏」で釣ることだ。この日の松輪港の風裏は船だまり。係留された船の陰はメバルが集まる好ポイントでもある。ここは素直に船だまりへ……は、行かなかった。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

風裏の船だまり。私以外のルアーマンはここで竿(さお)を出していた

海の様子をよく観察すると、表層はたしかに風に押されて波立っているが、海中の藻やゴミはゆったりと漂っている。つまり、表層以外はたいして荒れていない可能性が考えられる。

勝機は岸壁にあり。

私はそう確信した。風で吹き寄せられたプランクトンや小魚が岸壁にぶつかって沈み、海中をゆるやかに漂う。それをメバルたちが狙っているはずだ……きっと。たぶん。おそらく。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

釣り場に選んだ岸壁。写真の右奥から左へ風がゴオゴオと吹きつけている

メバリングとしては重めの2~3グラムのダートジグヘッドをチョイスし、それにワーム(虫や小型の魚や甲殻類を模した柔らかい疑似餌)を装着する。ダートジグヘッドはオモリ部分の底面が平らになっており、リズム良く竿(さお)を上下させると海中でワームが前後左右に飛びはねる。もちろん、この風では前に投げても釣りにならないので、真下へ落とす。

岸壁から50センチ以内のキワキワに仕掛けを投入したら、竿先をちょんちょんっと上下させ、すーっとゆっくり下げる。再び上下させ、ゆっくり下げる。小エビが飛びはねながら岸壁に沿って落ちていくようなイメージだ。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

左が今回使ったダートタイプのジグヘッド。右の丸型はオールマイティーだが、飛びはねる演出は得意ではない

表層から海底まで「ちょんちょん、すーっ」を繰り返し、アタリが無ければ横歩きで岸壁を数歩移動。また仕掛けを落とす。釣りがじつに地味だ。いや私だって、竿をシュパっと振ってリールをくるくる巻きながら、仕掛けを華麗に操ってかっこつけたい。しかしこの風の中でそれを望むのは、過ぎたるぜいたくというものである。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

夜の岸壁をカニ歩きで移動しながらメバルを探る

やがてガツンと強いアタリとともに、竿先が海面に向かってぎゅーんと引き込まれた。エサをくわえたメバルは急反転して海底や障害物(杭やコンクリート塊など)に戻っていく習性があり、これが独特の引きを生んでいる。しばしやりとりを楽しみ、上がってきたのは20センチほどの筋肉質なメバル。まずまず良型と言っていいだろう。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

君に会いたかった。漁港サイズとしては良型

このあと連発とはいかなかったが、30分ほど経った頃に同じぐらいのサイズを1尾追加。さらに手乗りサイズのかわいいメバルを釣ったところで、納竿とした。強い向かい風を受け続けて体力が限界に来たのだ。

風にもめげず 春告魚・メバルと知恵比べ 神奈川・三浦半島 

10センチにも満たない小メバル。次はお父さんを連れてきなさい

メバル釣りのシーズンはまだまだ続く。次はどんな元気なやつが竿を曲げてくれるのか、楽しみにしたい。

PROFILE

釣り大好きライター陣

安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

PROFILE

石田 知之

1976年生まれ、海無し県育ち。職業はフリーランスの校正・校閲。足場の良い漁港や地磯でライトな釣りをたしなむ。YouTubeで釣り動画を観るのが日課。

恵みの雨に期待してアマゴ釣り 和歌山県・四村川

一覧へ戻る

「幻の魚」イシガキダイを狙え! 乗っ込み時期の鹿児島県屋久島 

RECOMMENDおすすめの記事