北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望PR

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

プリンセス・クルーズ社のトークショーに出席した北斗晶さん

元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さん(51)が、プリンセス・クルーズ社の豪華客船に乗船することになり、4月12日に都内でトークショーを行った。憧れだったクルーズが実現し、北斗さんは「乗っている間は上げ膳据え膳。至るところに食べ物があるんです」と船内の食事に思いをはせ、「(夫の佐々木健介さんとも)チャンスがあったら行きたい」と話していた。

 

北斗さんの船内での楽しみは?

北斗さんが乗るのは、横浜港から世界一周の旅に出発した「サン・プリンセス」。5月末に英国・サウサンプトンから乗船し、米国・ニューヨークまでの13日間の船旅に同行する。主目的は船上でのトークショー出演だが、他の乗船客と同じように旅を楽しむという。
「クルーズ旅行って、夢のまた夢だと思っていたんですけど……。手頃な値段で乗れるということにビックリしました」と話す北斗さん。日本発着クルーズを実施している同社の「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜港に停泊していた際に船内を見学し、さらに驚きが大きくなったそうだ。

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

「ダイヤモンド・プリンセス」の見学時にプールで撮影した写真を公開

「映画『タイタニック』でジャックとローズが階段から降りてくるのが、私の豪華客船のイメージ。あの階段が何個もあるという感じでした」と言い、海が見える大浴場や、プールサイドから映画を鑑賞できる大型スクリーンなどの施設を見た印象を語った。
船内での楽しみを聞かれた北斗さんは「もちろん、食べることですよ!」と即答。「世界各国の料理が食べ放題で並んでいて、おすしがあったり、中華があったり。食べる場所も1カ所じゃなく、ステーキハウスやイタリアンがあるんですよ」と、細かくチェック済みのようだ。

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

北斗さんの趣味は海外旅行で、クルーズは憧れだったという

「見学に行く前は『歳を取って夫婦元気でいられたら乗ろうかな』というのがクルーズ客船だと思っていたんです。でも、小さいお子さんがおられるご家族の方も、クルーズ客船がラクなんじゃないかな。荷物は積みっぱなしで、着いたらもう観光地が目の前に来てくれます」と、その魅力をあらためて語っていた。

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

「ダイヤモンド・プリンセス」の模型の前でポーズを取る北斗さん

健介さんとのクルーズが実現したら……

佐々木健介さんと北斗さんは、来年で結婚25周年。北斗さんは「これからは夫婦二人での旅行が多くなってくるかな。(船内では)私は私の見たいもの、健介は健介のやりたいことをやればいい。そういう意味では、船っていいなと思います」と言う。クルーズを経験したある夫婦の話を聞いて「夫が何時になっても帰ってこないという心配はない。船の中のどこかにいるんですから」と感じたそうだ。

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

豪華客船の前で記念撮影した佐々木健介さんの写真もイベント時に公開された(スライドショーより抜粋)

夫婦でのクルーズが実現した場合には「『タイタニック』が大好きなので、(有名なポーズを)ぜひやってみたいですね。でもあんなところ(船首)には行けないですよね」と話しており、安全な場所でポーズのお披露目となりそうだ。

トークショーは、プリンセス・クルーズが客船の魅力を体験してもらおうと4月12日から14日まで開いたイベントにて開催。会場には、10分の1サイズの「ダイヤモンド・プリンセス」模型や、特別に開発された客室のベッドなども展示された。

北斗晶がクルーズ初体験。健介とタイタニックのポーズ再現を希望

イベントでは毎時0分に汽笛の音も再現した

再び「12万円で世界を歩く」アメリカ編4

一覧へ戻る

連載エッセー「いつかの旅」 (22)こだわりを捨てれば

RECOMMENDおすすめの記事