魅せられて 必見のヨーロッパ

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

オンダリビアの街並み

スペインのサンセバスチャンからバスでオンダリビアに到着。北東部のバスク州に位置し、マリーナにもなっている河川港で、フランスと国境を接しています。オンダリビアとはバスク語で「砂の浅瀬」という意味。スペイン語名はフエンテラビアです。

街なかでまず目につくのは、城を改装した、パラドールと呼ばれる国営の宿泊施設。厚い壁に小さな窓があり、見るからに堅牢な城塞(じょうさい)です。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

パラドール

980年に建てられ、16世紀にさらに堅牢な要塞(ようさい)に改造されました。
中へ入ると吹き抜けや中庭などに華やかな雰囲気があり、宮殿でもあったことを実感します。チェックインした部屋からは、対岸のフランスの町アンダイエが見えます。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

歴史を感じさせる細い路地

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

海岸のプロムナード

町を散策すると、70代という熟年カップルに出会いました。パリに自宅があり、オンダリビアにフラット(メゾネットタイプの住戸)を持っているそうです。「月に2回くらい来るわね」と奥さん。「パリは便利だけど、ここは静かでリラックスできるよ」とご主人。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

あか抜けた住宅地が続きます

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

海を眺めると、たくさんのヨットやボートが出ています

住宅街を歩くと、30代後半というカップルが声をかけてきました。ボルドーでIT関係の仕事をしていて、両親の別荘があるので週末はここで過ごすそうです。「近いけれど、外国へ来た!という開放感が気分転換になるわね」と奥さん。「ピンチョス(小さなパンに食材を載せた軽食)を食べて、ヨットを楽しむんだよ。フランスより物価が安いからうれしいね」とご主人。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

ピンチョスは格別。串がささっているものと、ささっていないものがあります

漁師町でもあるオンダリビアは、ピンチョスがおいしいことで知られます。小さなバルへ入ってみるとカラフルなピンチョスがずらり。「おいしそう!」。タコやイカ、アンチョビなど魚介類はもちろん、フォアグラも人気上昇中とのこと。パンの厚み、塩かげん、具の大きさなどのバランスが絶妙です。さすが本場。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

対岸のフランスの町、アンダイエへボートで出発

たったの7分でフランスに到着。ボートは1日に何本も出ていますから、手軽に行き来できます。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

アンダイエのマリーナ

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

アンダイエの海岸でサーフィンする人達

アンダイエにもオンダリビアにも、マリーナがありヨットがたくさん停泊し、ビーチではサーフィンする人もいます。派手でなく、日常の延長にある優雅な大人のリゾート。リッチなライフスタイルがうらやましくなります。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

アンダイエの海岸通りにはホテルやフラットが並ぶ

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

爽やかなシードル。アンダイエのバルにて

バスク地方ではのどが渇いたら、まず飲みたくなるのがシードル(りんごの発泡酒)です。対岸のアンダイエもしかり。ウェーターが写真のように注ぐと、不思議に爽やかさが増しておいしく感じます。店によって多少味わいは異なりますが、酵母の香りとかすかなリンゴの酸味が気に入りました。海を眺めながらシードルを飲むとストレスはどこへやら。癒やされた気分になります。

フランスまでボートで7分 大人のリゾート スペイン・オンダリビア

パラドールで、朝食のケーキにもバスク州の州旗

一夜明けて、ホテルの朝食。毎朝、スペインの国旗でない旗がケーキに立っています。これはバスク州の州旗です。旅していると家の窓などに、この旗が出ているのをよく見かけます。地元の人に聞いてみると、自分たちはスペイン人である以前に「バスク人である」と認識しているそうです。バスクのアイデンティティーは日本人が想像するより強いです。

国境を越えて、1杯のシードルを飲みに、ピンチョスを食べに外国へ行く人々。国境地帯というのはどこかアナーキーな雰囲気があり、それも魅力です。

取材協力

「パラドール総代理店イベロ・ジャパン」
https://ibero-japan.co.jp/

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

大いなる静けさ 聖なる山「オローパ」 イタリア・ピエモンテ

一覧へ戻る

不思議な時が流れる白夜 トワイライトに包まれて ノルウェー・オーレスン

RECOMMENDおすすめの記事