楽園ビーチ探訪

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

モルディブで最初に海中レストランを発表したコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド(以下、コンラッド・モルディブ)が2018年11月、世界初の海中レジデンス「ザ・ムラカ」をオープンしました!

これまでにも海中ホテルはタンザニアや米国などに存在しましたが、1室のみ、あるいは水族館の水槽と隣接したもの。その点、ザ・ムラカは海上と海中の2階建ての独立したレジデンス・スタイル。これは世界初となります。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

ザ・ムラカの設計ディレクターのアーメッド・サレーム氏

技術を担当したのは、水中建造物に特化したニュージーランドの建設事務所の技術エンジニア、マイク・J.マーフィー氏で、コンラッド・モルディブ内の海中レストラン「イター アンダーシー」も手掛けたそう。早速チェックするためにモルディブへ。そこで見たザ・ムラカは究極のプライベート空間でした。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

2005年にオープンした世界初の海中レストランのイター アンダーシー。同じプロジェクトメンバーがザ・ムラカを担当

ゲストはモルディブのヴェラナ国際空港に到着した時から対応が違います。CIPサービスという、最優先に入国審査と荷物の受け渡しが行われるVIP待遇で迎えられます。そのままプライベートの水上飛行機でコンラッド・モルディブへ向かい、ザ・ムラカの桟橋に横付けし、客室でチェックイン。お部屋に入るまで関係者以外に見られることなく、完璧なプライバシーが保たれます。

ザ・ムラカが位置するのは、三つの島からなるコンラッド・モルディブのうち、ゲストのためのランガリフィノール島とスタッフのためのランフィノール島の間。二つの島を結ぶ桟橋から枝分かれした、独立した桟橋の先にあります。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

200メートルの桟橋の先に立つザ・ムラカ。左の煙突が万一の時の脱出口

ザ・ムラカは水中と水上の2階建てになっている3ベッドルームと、ジムなどが入った別棟からなります。別棟では電気制御室、専属のバトラーやシェフ、警護スタッフが常にスタンバイ。ゲストと同行のボディーガードやベビーシッターの部屋も用意されています。

さて、気になる海中レジデンス。海上フロアからは、エレベーターもしくはらせん階段を下ります。おすすめは、エレベーターです。海面下5メートルの海中階に到着し、扉が開いたときの感動は思わず歓声をあげてしまうほど。弾性アクリル素材の天井から、海中を通ってきた、ゆらゆらと揺れる太陽光が周囲にあふれています。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

エレベーターを降りて最初に目にする風景

エレベーターホールから通路を抜けると、床から天井までぐるりとかまぼこ形になったベッドルームへ。ベッドに横たわると、神秘的な太陽の光に包まれ、時折、魚たちが頭上を横切り、まるで海底に寝転がっているよう。なのに、普通に呼吸ができるのが不思議です。夜にはライトアップされ、餌付けで呼び寄せた魚たちが乱舞する、華やかな世界が期待できそうです。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

かまぼこ型の弾性アクリルが天井や壁を覆うベッドルーム

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

キングサイズのベッド。寝転ぶと頭上には海中が

ベッドルームからさらに進むと、リビングルーム。水中に向かってカーブした窓からは、共同プロジェクトによって移植されたサンゴの群落が見えます。ちなみに、ムラカとはサンゴという意味です。そしてリビングルームの天井には、非常時の脱出用トンネルが用意されています。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

リビングルーム。海中展望室のよう

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

リビングルームの天井に隠れた脱出トンネル

エレベーターホールから続く通路には、左脇にシャワールーム&トイレ、そして右脇にはウォークインクローゼットがあります。もちろん、ここでも水中世界は堪能できます。洗面台のミラーは動かすことができ、洗顔中に顔を上げたら窓の向こうの魚と目が合うなんてこともありそう。海中でシャワーを浴びるのも、不思議な感じがするでしょう。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

ダブルシンクの洗面台。ミラーを動かせば、目の前に水中世界が

水上階には広々としたリビングとバー、二つのベッドルームとバスルーム、パウダールーム、キッチン、サンセットを眺めるためのラウンジ、インフィニティプールのあるデッキテラスなどがあります。リビングやベッドルーム、バスルームは窓を全開することも。モダンミニマルなデザインは、日本人建築家のユウジ・ヤマザキ氏が手掛けたものです。

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

すっきりとした白が印象的な水上階のベッドルーム

モルディブに誕生した世界初の海中レジデンスに潜入!

水上階のデッキテラスにはラウンジやインフィニティプールが

さて、お値段。1泊素泊まりで約5万ドル(日本円で約560万円)からとなります(滞在日数や時期によって変動)。9人まで滞在できますが、人数割りなどを気にしないお金持ちが、すでに10泊しているそうです。

コンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド
https://www.conradmaldives.com/ja/

取材協力
エス・ティー・ワールド
https://stworld.jp/

トラベルファクトリージャパン
TEL03-5784-2522
http://www.tf-jpn.com/

バックナンバー

> 20年ぶりのタイ・サメット島。バイクでビーチホッピングがおすすめ
> シロナガスクジラに会いたい! 「クジラの首都」アイスランド・フーサヴィーク
> セーシェル・ラディーグ島の絶景ビーチで超大陸へ思いをはせる
> エイとキスすると7年ラッキー? カリブ海のグランドケイマン島
> 竹馬漁と英国造園家が手がけた楽園 スリランカのウェリガマ

>> 連載一覧へ

PROFILE

古関千恵子

ビーチライター。リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信する自称「ビーチライター」。ダイビング雑誌の編集者を経てフリーとなり、“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”を繰りかえすこと四半世紀以上。『世界のビーチ BEST100』(ダイヤモンド・ビッグ社)の企画・執筆、『奇跡のリゾート 星のや 竹富島』(河出書房新社)の共著のほか、ファッション誌(『Safari』『ELLE Japon』など)やウェブサイトに寄稿。http://www.world-beach-guide.com/では、日々ニュースを発信中。

20年ぶりのタイ・サメット島。バイクでビーチホッピングがおすすめ

一覧へ戻る

美食と伝説に彩られたイタリア・アマルフィ海岸の小さな町へ

RECOMMENDおすすめの記事