&notes

逗子海岸で海風に吹かれて見る映画 第10回逗子海岸映画祭、4月26日開幕

いつもは静かな海岸が、突然にぎやかな映画祭会場に――。砂浜に臨時会場を設けて開かれる「逗子海岸映画祭」が4月26日から5月6日まで、神奈川県逗子市の逗子海岸で開かれます。

「独裁者」

「独裁者」

屋外の、しかも海岸で上映するというユニークなスタイルと、逗子の観光人気があいまって、例年1万5千人を超える観客が集まります。今年は第10回の節目を迎えました。美しい海岸に現れたスクリーンで夕闇の中映画を楽しむ、いわば「夢のような舞台で夢を見る」仕掛けが人気の秘密のようです。

「ダージリン急行」©2007 TWENTIETH CENTURY FOX

「ダージリン急行」©2007 TWENTIETH CENTURY FOX

&TRAVELで「『生きるレシピ』を探す旅」を連載している写真家の志津野雷さんは、この映画祭の発起人。期間中は、連載で紹介したハワイの写真などの写真展を会場の一角で開きます。志津野さんがレンズで切り取った、自然に抱かれた人々の姿を堪能できそう。今年は&TRAVELもこの映画祭に協賛しています。

「サヨナラCOLOR」

「サヨナラCOLOR」

映画祭は、この地域出身のクリエーターやアーティストがつくる「CINEMA CARAVAN」がプロデュースしています。映画上映は日替わり。毎日のテーマに合わせた食べ物が味わえるフードコート、メリーゴーラウンド、ビーチヨガやビーチサッカーなど関連プログラム、地元の作家の作品が並ぶセレクトショップもあり、家族で訪れても楽しめます。

「ネバーエンディング・ストーリー」© 1984 Neue Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

「ネバーエンディング・ストーリー」© 1984 Neue Constantin Film Produktion GmbH. All Rights Reserved.

入場券は当日限り有効で、開場1時間前から会場で発売します(26日は入場無料)。「売り切れてしまうこともあるので、早めの時間に購入されることをおすすめします」と実行委員会では話しています。

海風に吹かれながら楽しむ映画。この連休は、そんなひとときを過ごしてはいかがですか。

【上映作品】
4月26日「ダージリン急行」
4月27日「サヨナラCOLOR」
4月28日「バジュランギおじさんと、小さな迷子」
4月29日「The North Face Selected Films」
4月30日「ネバーエンディング・ストーリー」
5月 1日 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ アディオス」
5月 2日 「父を探して」
5月 3日 「独裁者」
5月 4日 「Sound System」
5月 5日 「黒猫・白猫」
5月 6日 「Play with the Earth」

【開催概要】
日程:2019年4月26日~5月6日
開場:11時~上映終了時 (4月26日は15時開場)
映画上映:19時~
入場料:一般1500円、高校生1000円、中学生以下無料
※中高生ともに要学生証
※逗子市民は身分証明証提示で500円
主催:逗子海岸映画祭実行委員会 / 共催:逗子アートフィステバル実行委員会
協力:逗子市、逗子市観光協会、逗子市商店街連合会
※プログラム・出演者は予告なく変更になる場合があります。
URL: http://zushifilm.com/
Twitter: @zushifilmfes
Facebook: www.facebook.com/zushifilmfes/
Instagram: cinemacaravan
問い合わせ:info@zushifilm.com

逗子海岸で海風に吹かれて見る映画 第10回逗子海岸映画祭、4月26日開幕

◆関連記事
旅から帰ってくる場所を育てる「逗子海岸映画祭」

写真家が世界を旅した記憶、映画『Play with the Earth』への思い

PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

大型連休の高速渋滞は「分散型」! 渋滞予測のプロに聞く回避のポイントとは?

一覧へ戻る

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

RECOMMENDおすすめの記事