趣向を凝らした食事やアクティビティーがインクルーシブなラグジュアリークルーズ リージェント セブンシーズ クルーズPR

客室のすべてがバルコニー付きスイートルームという初めての客船「セブンシーズ マリナー」が4月15日、東京に入港した。ほとんどのサービスが追加料金なしで利用でき、さまざまなアメニティーが備えられたぜいたくな船内が、入港に伴い公開された。

セブンシーズ マリナーは、米国のリージェント セブンシーズ クルーズが運航する客船。全長216メートル、4万8000トン。乗客定員は700人で、1人あたりのスタッフ数が約0.6人と多いのも大きな特徴だ。

船内の見どころは、7層の吹き抜けになったアトリウム。この日は桜の造花が飾られ、北米や豪州からがメーンの旅行客も、日本の春のムードを味わっていた。エレベーターの窓から各階を眺めることもできる。

リージェント・セブンシーズ・クルーズの客船は、アトリウムが高層の吹き抜けになっているのが特徴

リージェント セブンシーズ クルーズの客船は、アトリウムが高層の吹き抜けになっているのが特徴

客室は28~186平方メートル。すべての部屋にプライベートバルコニーが併設され、ソファに座ってくつろぎながら海や港の景色を楽しめる。大理石をあしらったバスルームやウォークインクローゼットも全室にあり、長旅にも対応している。

備え付けのミニバーのアイテムや、新鮮なフルーツは毎日補充される。ルームサービスでフルコースディナーをオーダーすることができ、自宅のようにプライベート空間を満喫できる。

全室に家具付きのプライベートバルコニーがある

全室に家具付きのプライベートバルコニーがある

とはいえ、レストランでの食事や、他の乗船客との交流も、クルーズの楽しみの一つ。カジュアルダイニングやフランス料理、ステーキなどのレストランも、追加料金なしで利用できる。健康に気を使ったメニューも提供しているとのことで、食べ過ぎが気になる人には朗報といえるだろう。

趣向を凝らした食事やアクティビティーがインクルーシブなラグジュアリークルーズ リージェント セブンシーズ クルーズ

温水プールにパターゴルフのコースにパドルテニスコートなどの様々な施設やアクティビティーも利用できる。夜はバーやラウンジで過ごせて、乗船客がリラックスしやすい環境。スタッフのおもてなしを含め、いたれりつくせりのサービスが高い評価を受けている。

さまざまな食事、アルコールを含む飲み物、エンターテインメントの他にも、寄港地での観光ツアーや、24時間のルームサービス、Wi-Fiも追加料金なしで楽しむことができる。

温水プール

温水プール

リージェント セブンシーズ クルーズは4隻の客船を運航しており、「セブンシーズ マリナー」は夏にアラスカでのクルーズを実施。ほぼ同サイズの「セブンシーズ ボイジャー」は、人気の地中海でクルーズを行い、今年4月から11月までは日本語係員も乗船するという。

 

リージェント セブンシーズ クルーズ公式サイト

https://jp.rssc.com/

(5)音をまとった男

一覧へ戻る

GWに楽しみたい 編集部おすすめ「城記事5選」

RECOMMENDおすすめの記事