原田龍二の温泉番長

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

鹿児島県霧島市の山あいの露天風呂。ここで俳優・原田龍二さんへ&TRAVEL読者が日頃のお悩みを相談。第2編は「家族」についてのお悩みです。
(文・渡部麻衣子、写真・山田秀隆、文中敬称略)

回答者

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

悩める読者

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

原田)外村くんは何を悩んでいるの?

外村)50代の両親に親孝行をしたいと思っていて、どこか旅行に連れていってあげたいんですけど……。

原田)ここがいいじゃん(笑)、霧島市! やっぱり連れていってもらう側としたらさ、外村くんが行って「いいな」と思った場所の方がうれしいんじゃないかな。たとえばここ「旅行人山荘」だって、ネットで調べればどういう温泉かはだいたいわかる。だけど、お湯がどんな匂いかとか、ここに吹いている心地よい風の感じとかさ、そういうことは来た人にしか伝えられない良さなわけだから。

外村)そうですね。

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

原田)それにしても25歳で親孝行したいだなんて、素晴らしいことだよね。

外村)実は、昨年祖母が亡くなりまして……。僕は旅行が大好きなんですが、それは、祖母がよく旅行に連れていってくれていたからなんです。大切な祖母の死をきっかけに、親孝行について考えるようになりました。

原田)なるほど。

外村)小さいころは家族旅行にもよく行っていたんですけど、大人になると、住んでる場所も離れているから会う機会自体少なくなっちゃって。原田さんは若いころ、どんなスタンスで両親と付き合っていたんですか?

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

原田)オレが君たちくらいのときは、ドキュメンタリー番組で結構変わったところにばっかり行っていたから、お袋は「ケガするんじゃないか」とか、「病気になるんじゃないか」って心配してた。

外村)「世界ウルルン滞在記」ですよね。

原田)そう。23歳のときにウルルンのロケで行ったスリランカがオレにとって初めての海外だったんだけど、もう、死ぬかもしれないと思った。カツオの一本釣りに挑戦するっていう話でね。

外村)はい。

原田)丸太に三つ穴をくりぬいただけの簡素な舟に、地元の釣り名人、その息子、オレが乗ってその舟……というか丸太だよね、それを撮影のためにスタッフが引航してたんだけど、しけで波が大きくうねっていたせいでロープが切れちゃったの。

外村)えぇっ!

原田)そんな状態で大海に放り出されたから、名人のじいさんもさすがにギブアップ状態でなすすべがない。オレも、これはインド洋で木っ端みじんだなって覚悟した。

外村)どうなったんですか!?

原田)気づいたら浜辺に打ち上げられてました(笑)。……始まりがそんな感じだったからさ、親からしたらそりゃ行ってほしくないよね。オレとしては価値観ひっくり返されるような衝撃が待っているから、若いころはどうしても行きたかったんだけど。

外村)ものすごい体験ですね。

原田)若いころはいろんな国に行ってみるのもいいと思う。世の中にあるもので自分とは無関係なものって一つもないんだよ。食べたものが自分の体を作るように、自分が見聞きしたものや経験が自分の中身を作る。たくさん経験して、いろんな人と関わることで、自分の“ものさし”ができていくんじゃないかなぁ。

外村)原田さんほどの経験はできないですけど……(笑)。

原田)まぁでも、子どもが元気なのが一番の親孝行かなと思う。オレの場合は職業柄、一所懸命やっている姿をテレビで見てもらえるから。「この番組出るから見てね」とは一切言わないんだけど、まぁ、お袋は見てくれてるみたい。

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.2 「家族編」

外村)そうなんですね。

原田)両親との関係って家庭によっても違うから、誰にでも共通の親孝行の仕方っていうのはないよね。でも、こうして外村くんが親孝行を考えるようになったのは、おばあちゃんからのメッセージかもしれないね。「そろそろ、そういうこと考えてみなさい」っていう。

外村)そうかもしれません。

次回のお悩み相談はキャリアについて。原田さんの思うかっこいい大人とは?

関連記事

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.1 「結婚編」

連載『原田龍二の温泉番長』 バックナンバーはこちら

PROFILE

渡部麻衣子

&TRAVELでは2018年4月から「原田龍二の温泉番長」を連載。

鹿児島県・旅行人山荘 「赤松の湯」

単純泉と硫黄泉、二つの源泉が楽しめる湯量豊富な温泉宿。今回入浴したのは、木立を吹き抜ける心地よい風が感じられる露天風呂「赤松の湯」(硫黄泉)。小鳥のさえずりや源泉かけ流しの湯が流れ落ちる音を聞きながら、至福の時間を過ごせる。

住所:鹿児島県霧島市牧園町高千穂3865

電話:0995-78-2831

HP:https://ryokojin.com

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.1 「結婚編」

一覧へ戻る

温泉番長・原田龍二の温泉お悩み相談  Case.3「キャリア編」

RECOMMENDおすすめの記事