城旅へようこそ

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

古代山城、鬼ノ城。山頂付近に累々と石塁が残る

かつて吉備と呼ばれた岡山には、吉備津彦命(きびつひこのみこと)が温羅(うら)という鬼を退治した桃太郎伝説が語り継がれている。温羅の居城とされるのが、岡山県総社市にある鬼ノ城(きのじょう)だ。古くから伝わる吉備津神社の縁起にもその名が登場し、大軍を率いて吉備に降り立った吉備津彦命は吉備の中山に陣を構えたのだという。断崖絶壁に石垣がそそり立ち、眼下に総社平野を一望できる鬼ノ城を訪れれば、鬼の城とみなされたのも納得だ。鬼ノ城は調査や復元整備が進んだことで、伝説にふさわしい広大かつ雄大な姿が明らかになっている。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

復元された、鬼ノ城の西門

鬼ノ城は、古代山城のひとつだ。古代山城とは、7世紀後半に九州北部から西日本にかけて築かれた城のこと。663年に朝鮮半島で起きた白村江(はくそんこう)の戦いで、百済(くだら)と同盟を結んだ日本は唐・新羅(しらぎ)連合軍に大敗。すると、大和朝廷は唐・新羅の日本への侵攻を恐れ、亡命した百済貴族を登用して国防のための城づくりを指導させた。太宰府を囲むように築かれた大野城(福岡県太宰府市・大野城市・宇美町)、基肄城(きいじょう=福岡県筑紫野市・佐賀県基山町)をはじめ、金田城(長崎県対馬市)や屋嶋城(高松市)などだ。

「日本書紀」などの文献に記載されているこれらの古代山城は「朝鮮式山城」、鬼ノ城をはじめ文献に記載のない城は「神籠石(こうごいし)系山城」と区分される。神籠石系山城はいつ誰がどのような目的で築いたのか不明で、かつては城郭説と霊域説との論争もあったが、現在では朝鮮式山城と同じ目的で築かれたとされている。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

鬼ノ城からの眺望。城は、総社平野を見下ろす標高約400メートルの鬼城山にある

とにかく、城からの眺望がすばらしい。登城口となる鬼城山ビジターセンターから5分も歩けば、角楼跡や復元された西門に着く。ここから望むパノラマ風景を見るだけでも、訪れた甲斐があるというものだ。鬼ノ城は、吉備高原南端の標高約400メートルの鬼城山に位置し、かつて官衙(かんが)や寺院などが造営されていた総社平野が一望できる。「吉備の穴海」と呼ばれていた頃は陸続きでなかった児島も見渡せ、東西に往来する船を見張ることもできただろう。総社平野の南端には古代山陽道が通り、吉備の津から瀬戸内海への海上交通も便利。古代山陽道の背後を守るように位置するこの城は、政治・経済・文化・交通の要地を一望できる場所だったと察しがつく。はるか遠くには、同じく古代山城の屋嶋城や城山城(きやまじょう=香川県坂出市、丸亀市)、小豆島や四国山地も見える。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

角楼跡から見渡す、西門と総社平野。角楼跡から第0水門までの約150メートルでも、復元された西門やそこから望む絶景のほか、石垣や敷石も見られ訪れる価値がある

古代山城の特徴は、山頂を取り囲むように城壁が築かれていることだ。鬼ノ城でも、石塁と土塁が一体化した城壁が、数メートルから10数メートルの直線を折り曲げながら、四つの谷を包摂して鉢巻き状に延々と続く。鬼ノ城のある鬼城山はすり鉢を伏せたような形状で、城壁はなだらかな斜面から急斜面へと変わる山の8〜9合目あたりの傾斜変換点付近に築かれている。城壁の全長は約2.8キロで、9割が「版築土塁」や自然地形を利用したもの、残りの1割は石垣になっている。城内の面積は、なんと約30ヘクタールに及ぶ。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

西門から、第0水門の方向に向かって続く石垣と敷石。壮大な古代山城の姿が調査をもとによみがえっている

神籠石系山城の城壁は、「版築土塁」と呼ばれる土塁の基礎に、列石を据えるのが特徴だ。版築土塁とは、壁になる位置に柱を使って「せき板」を固定し、内部に土を入れて一層ごとにつき固める工法でつくった土塁のこと。斜面を切って石を並べ、せき板をあてがって土を足で踏み固めた後、つき棒や木づちのような道具を使ってつき固める。せき板をずり上げて、一層ずつ同じ作業を繰り返して完成させる。古代の版築工法は都城や寺院の建物の基壇、築地塀にも用いられているのだという。崩れることなく残る版築土塁は石のように硬く、古代の土木技術に驚いてしまう。鬼ノ城の城壁は高さ約6メートルもあり、幅は平均で7メートル。試算で、延べ数十万人の動員が想定されるという。

城壁の上には板塀が設置され、城壁の城内・城外側にはそれぞれ石畳のように敷石が並べられた。敷石は鬼ノ城だけに見られる珍しいもので、国内の古代山城はもちろん百済の山城でも類例がないのだという。幅は1.5メートルほどで通路のようだが、雨水によって城壁が崩れないようにするためのものと考えられている。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

西門付近の版築土塁と敷石

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

敷石。板状の石を敷き詰めたもので、幅は1.5メートルほど。城壁に沿って内側と外側の両方にある

4カ所の城門、6カ所の水門、7棟の礎石建物、鍛冶(かじ)工房、飲用水確保のための貯水池、自然のわき水を利用した溜井(ためい=水くみ場)などが確認され、古代山城の姿に思いをはせられる。見どころを絞るなら、版築土塁と敷石、そして迫力ある石垣だろう。

防御上の正面に当たる総社平野に面する城壁には、まるで見せつけるかのように、ところどころで高い石垣が積まれている。6カ所で確認されているが、必見なのは「屏風折れの石垣」と呼ばれる城の東側に突き出す高い石垣だ。地形に沿って大きく張り出し、平野部ににらみを利かせるかのようでもある。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

地形に沿って積まれた、屏風折れの石垣

水門は、足守川流域の平野や総社平野を見下ろす、防御正面に構築される傾向があるようだ。九州北部の古代山城とは異なり、通水溝の開口部が石組みの上部にあるが、これも鬼ノ城にしか見られない特徴だという。気になったのは、水門と城門の位置関係だ。基肄城や金田城などでは城門のそばに水門があるのだが、鬼ノ城では隣接して築かれないらしい。古代山城といえどもさまざまに異なる技法があるようで、ロマンをかき立てられる。

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

第2水門。通水溝が石垣の最上部に設けられているのが鬼ノ城の特徴

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

北門。東門、西門、南門と同様の掘っ立て柱の城門で、通路の床面に排水溝が設けられていたことが明らかになっている

(この項終わり。次回は5月27日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト
■鬼ノ城
JR伯備線・吉備線「総社」駅から車で約20分(鬼城山ビジターセンター)
http://www.city.soja.okayama.jp/kanko_project/kanko/kannkou_bunnka/kankouti/kinojyo/kinojo.html(総社市)

PROFILE

萩原さちこ

小学2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、『図説・戦う城の科学』(サイエンス・アイ新書)など。webや雑誌の連載多数。

城下町のような風情あふれる「天領」の町並みと倉敷代官所

一覧へ戻る

必見は石垣と畝状竪堀! 若狭守護・武田氏の居城 後瀬山城と小浜城(1)

RECOMMENDおすすめの記事