「阪急クルーズサロン」が新橋にオープン。客船内のVR体験もPR

「阪急クルーズサロン」が新橋にオープン。客船内のVR体験も

5月15日にオープンした東京・新橋の「阪急クルーズサロン」

クルーズ人気の拡大に伴い、利用者の選択肢も広がっている。阪急交通社は多様なクルーズ旅行や需要の拡大に対応するため、クルーズ旅行の専門カウンター「阪急クルーズサロン」を東京・新橋にオープンした。専門の資格を持つスタッフが相談にこたえ、説明会なども随時開催していく。

同社が2017年1月に開設した大阪・梅田の「クルーズセンター」に続き、2店目のクルーズ旅行専門カウンター。年間3万人以上が利用する同社の新橋旅行センターと同じビル内にあり、相談カウンターや旅行説明会用のスペースを設置。クルーズ・コンサルタントの資格を持つ社員が12人在籍し、親子3世代や女性など幅広い層のニーズにこたえる。

「阪急クルーズサロン」が新橋にオープン。客船内のVR体験も

客船の模型や写真などが飾られ、パンフレット類も用意されている

今後は、人気の豪華客船の船内や寄港地のVR(仮想現実)の映像を制作し、船内を歩く疑似体験などができるなどのサービスを拡充していく。店頭でのヒト型ロボットの活用や、AI(人工知能)会話システムを使った24時間問い合わせ対応など、最新のテクノロジーの導入をはかる予定。

5月15日に行われた開所式には、松田誠司社長や横浜港の関係者などが出席し、テープカットが行われた。酒井淳専務執行役員は「フェース・トゥ・フェースで丁寧なコンサルティングを続け、お客さまを増やしていきたい」とあいさつした。

「阪急クルーズサロン」が新橋にオープン。客船内のVR体験も

開所式でテープカットをする(左から)横浜市の中野裕也港湾局長、阪急交通社の松田誠司社長、酒井淳専務執行役員

他の旅行会社でもクルーズ専門の店舗やデスクの開設が続いているが、同社では北海道から沖縄まで25カ所ある営業拠点とのネットワークを生かし、全国でクルーズ販売を強化していく。新橋のクルーズサロンにはクルーズ専用のコールセンターを併設し、全国からの問い合わせに対応する。

松田社長は「クルーズに詳しいスタッフをそろえており、お客さまの質問におこたえしていきたい。まずはこちらに足を運んでいただければ」と話している。

「阪急クルーズサロン」が新橋にオープン。客船内のVR体験も

クルーズに関する資格を持つ社員らが対応する

阪急クルーズサロン
[所在地]東京都港区新橋3-3-9 KHD東京ビル3階
[営業時間]月~金 10:00~17:30
[定休日]土、日曜日・祝日
[URL]https://www.hankyu-travel.com/shiten/shinbashi_cruise.php

クルーズ専用ダイヤル
[電話番号]0570-08-9189(または03-6745-1828)
[営業時間]月~金 9:30~17:30、土 9:30~13:30、日・祝日 休業(6月1日までは9:30~13:30)

桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城

一覧へ戻る

天空へそそり立つ奇岩の頂 絶景の修道院メテオラ ギリシャ

RECOMMENDおすすめの記事