京都ゆるり休日さんぽ

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

ふるふると揺れる楕円(だえん)形のオムレツは、形を保っているのが不思議なほど。焦げ目一つないすべすべの表面にナイフを入れると、半熟卵とチーズがなだれのようにあふれ出します。このエモーショナルなビジュアルのオムライスは、京都駅にほど近い洋食店「西洋酒樓 六堀(せいようしゅろう ろくぼり)」の名物。スタンダードな洋食メニューが老若男女に愛される、旅行客にも地元の人々にも人気のレストランです。

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

カジュアルな雰囲気で心地よい店内。コース料理からアラカルトまで価格帯もさまざま

「うちにあるのは洋食の定番中の定番ばかり。当たり前のことを当たり前にやっているだけで、レシピも食材も変わったところは一つもないんです」

そう笑うのはシェフの清水正さん。この店の前身となるフレンチの「レストランむとう」のころからシェフを務め、「よりカジュアルに洋食を楽しめるレストランを」という思いで「六堀」へとリニューアルオープンしました。

そのため、メニューに並ぶのはハンバーグ、とんかつ、エビフライといったなじみ深い洋食の数々。けれど、清水さんが「当たり前」と称する味は、シンプルな料理を一番おいしい状態で食べていただきたいというこまやかな心づかいに支えられています。

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

「クラシックオムライス」(ランチ・サラダ付1,566円、ディナー1,782円・いずれも税込み)

オムライスやハンバーグにかけられている自家製デミグラスソースは、「むとう」時代から長く愛されるこの店の味の要。牛肉と玉ねぎのみという究極にシンプルな食材で作りますが、じんわりとあとを引くコクと風味は、それらを惜しみなくたっぷりと使うことで引き出されています。ステーキやハンバーグにも使う上質な牛肉のスネやスジは、すべてデミグラスソースに投入。オムライスをいただくと、時折くずれるほどじっくりと煮込まれた牛肉が口の中でとろけ、奥深い味わいが余韻を残します。

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

卵約3個分を使って、ふっくらトロトロに焼き上げる

芸術的なラグビーボール型に焼き上げるオムレツは料理人の腕の見せどころ。フライパンに卵を流し込むと絶えずかき混ぜ、卵が少し固まり始めたその一瞬を逃さず、チーズを加え形を整えて、くるり! チキンライスの上に盛り付け、テーブルにサーブするその間にも余熱で火が通るので、半熟の1歩、2歩手前でオムレツ型に成形しなければなりません。フライパンからテーブルへ、絶妙のタイミングで運ばれてきたオムライスに、ナイフを入れた瞬間思わず歓声があがります。

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

ガラス張りの2階席。この季節は堀川通の新緑が心地よい

広々とした2階席からは、堀川通の街路樹や西本願寺が見えます。京都駅周辺では珍しい大箱のレストランは、大人数や家族連れにもありがたい存在。可動式のパーテーションで半個室状態にもできるので、お祝いごとのディナーにも利用できます。

「室内に居ながら、屋外で食事しているような雰囲気を味わってもらえたらと、開放的な空間にしています。コース料理でカトラリーを選ぶような特別感をお子様でも体験できたらと、スプーンや食器をいくつか用意して選んでもらったり……。洋食って、子どもにとってもご年配の方にとってもごちそうでしょう?」と清水さんは話します。

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

階段のビビッドな壁の色は、メキシコの建築家、ルイス・バラガンの色彩感覚に影響を受けて

子どものころ、家族で外食に出かけて、大好物がたくさんのったプレートにワクワクしたような気持ち。ふるふるのオムライスの卵を開く瞬間は、そんな期待にも似た、心弾むエンターテインメントです。老若男女に愛される“当たり前”の洋食は、いくつになってもワクワクするとっておきのごちそうに違いありません。(撮影:津久井珠美)

半熟卵があふれ出す、洋食店の正統派オムライス「西洋酒樓 六堀」

京都駅からタクシーでワンメーターほどの距離。席数が多く駐車場もあるため、使い勝手が良い

西洋酒樓 六堀
https://www.roku-bori.jp

バックナンバー

>> 記事一覧へ

PROFILE

  • 大橋知沙

    編集者・ライター。東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。本WEBの連載「京都ゆるり休日さんぽ」をまとめた著書に『京都のいいとこ。』(朝日新聞出版)。編集・執筆に参加した本に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)、『活版印刷の本』(グラフィック社)、『LETTERS』(手紙社)など。自身も築約80年の古い家で、職人や作家のつくるモノとの暮らしを実践中。

  • 津久井珠美

    1976年京都府生まれ。立命館大学(西洋史学科)卒業後、1年間映写技師として働き、写真を本格的に始める。2000〜2002年、写真家・平間至氏に師事。京都に戻り、雑誌、書籍、広告、家族写真など、多岐にわたり撮影に携わる。

キュンと酸っぱい思い出を刺激する。大人の女性の大衆酒場「酒場檸檬」

一覧へ戻る

空間が丸ごとアート。エネルギッシュな抽象画の世界に飛び込む「京都府立 堂本印象美術館」

RECOMMENDおすすめの記事