&notes

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

「パラドール」をご存じでしょうか。古城や修道院を改装したスペインのリッチな国営ホテルです。歴史的建築物に泊まって過去にタイムスリップしたような感覚が味わえるのが売り。食事にも定評があります。文化財を保存活用して後世に伝え、観光へのてこ入れや地域振興の役割も担う、スペイン人の知恵と工夫の産物なのです。今年2施設が新たにオープンするのを機に東京で開かれたプレス発表会に、5月22日、行ってきました。
(&TRAVEL編集部)

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

プレス発表会が開かれたスペイン料理店「小笠原伯爵邸」

発表会は、スペイン政府観光局と、スペイン国営ホテルチェーンパラドールが共催し、歴史的建築物を生かしたスペイン料理店「小笠原伯爵邸」(東京都新宿区)でありました。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

スペイン政府観光局のマジ・カステルトルツ局長

観光局のマジ・カステルトルツ局長の「パラドールはスペイン人にとても愛されてきました」という紹介に続き、パラドールのホセ・カルロス・カンポス営業本部長が事業を説明。「パラドールを語るとき、ホテルという言葉はあまり使いたくない。スペインの文化であり、社会的責任の体現なのです」と話しました。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

パラドールのホセ・カルロス・カンポス営業本部長(左)

歴史をひもとけば、パラドールのはじまりは1928年、当時の国王アルフォンソ13世が、スペイン中央部のグレドスに30部屋の施設を開いたことでした。年とともに施設の数は増え、2019年5月現在、97施設、約1万室を数えます。気になる値段は宿、季節、部屋によりさまざまですが、おおむね1泊1室のルームチャージのみで75ユーロ(約9200円)~410ユーロ(約5万400円)です。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

最初にできたパラドール「グレドス」(写真提供・Paradores)

昔の宮殿や修道院といった歴史的建築物を用いた宿は、三つあるパラドールのブランドのうち「Esentia(エセンティア)」と呼ばれる45施設です。なんと世界遺産アルハンブラ宮殿の修道院を用いた「グラナダ」や、カルロス5世が住んでいた15世紀の城「ハランディージャ・デ・ラ・ベラ」も。「王や王女の気分を味わうことは、なかなかできない経験です」とカンポス本部長。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

パラドール「グラナダ」はアルハンブラ宮殿の中に(写真提供・Paradores)

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

パラドール「アラルコン」の客室。まさに王侯の寝室といった風格(写真提供・Paradores)

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

カタルーニャ地方のパラドール「カルドナ」は9世紀の古城(写真提供・Paradores)

残り二つのブランドは、海沿いなど自然に恵まれた場所やゴルフ場にある「Naturia(ナトゥリア)」28施設、街中にある「Civia(シビア)」24施設。これらは新しい建物もあります。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

「Naturia」ブランドのパラドール「エル・サレール」(写真提供・Paradores)

ちなみに、今年開業を予定しているのは、12世紀のシトー会修道院の建物を利用した「ヴェルエラ」と、ポルトガルに近い海沿いの街ムシアに新築する「コスタ・ダ・モルテ(死の海岸)」です。

パラドールの食事は、宿泊客に人気があります。発表会場では、パラドールのメニューそのままではありませんが、スペイン料理のランチコースをいただくことができました。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

「緑のガスパチョ 平貝 加賀太きゅうりを添えて」

小笠原伯爵邸のシェフが腕をふるった料理は、見た目よし、味もよし。たとえば、新緑の季節にふさわしい「緑のガスパチョ 平貝 加賀太きゅうりを添えて」は、緑色ですが冷製トマトスープ。平貝(タイラガイ)のうまみとマスカットやトマトの酸味が絶妙に調和しています。特筆すべきはデザートの充実ぶり。「チェリーのバリエ ルバーブ チーズのスフレ」は、生で、シャーベットで、アイスクリームでとサクランボ尽くしでした。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

「チェリーのバリエ ルバーブ チーズのスフレ」

ちなみに、小笠原伯爵邸の建物は1927年の完成で、「旧小笠原邸」として東京都選定歴史的建造物となっています。スペイン瓦やパティオ(中庭)を備えたスパニッシュ様式の洋館で、月に1回の公開日(要予約)は、レストランやカフェの利用がなくても建物見学ができます。

アルハンブラ宮殿にも泊まれます スペイン国営ホテル「パラドール」

歴史を感じさせる小笠原伯爵邸のグランドサロン。住宅だった時は食堂として使われていた

スペイン政府観光局
https://www.spain.info/ja/

パラドール公式サイト(外国語)
https://www.parador.es/es

イベロ・ジャパン(パラドール日本総代理店)
https://ibero-japan.co.jp/

小笠原伯爵邸
https://www.ogasawaratei.com/

PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

逗子海岸で海風に吹かれて見る映画 第10回逗子海岸映画祭、4月26日開幕

一覧へ戻る

旅のヒントに ポーランドのカルチャーがわかる催し5選

RECOMMENDおすすめの記事