ちょっと冒険ひとり旅

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

何回目かのひとり旅、ちょっとだけ冒険してみたい。そんな旅人のヒントになりそうな旅先や旅のスタイルを紹介している。今回からは南スペインをご案内しよう。

<ちょっと冒険ひとり旅 インドの異世界「シッキム」の旅01>はこちら

はじっこのだいご味

マニア、というほどでもないのだが、筆者の旅のキーワードのひとつが「はじっこ」だ。大陸のはじっこや国のはじっこ=国境はどんな地形になっているのか、どんな景色が見えるのか、何があるのか、どんな人たちが暮らしているのか見たい、というやじ馬根性である。行った先にかっこいい断崖絶壁などがあると、ちょっとテンションが上がってしまう。

今年3月、2週間ほどスペインを旅したときも、まず目指そうと考えたのは「スペインのはじっこ」。北部の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラも面白そうだが、最初の降機地バルセロナが思いのほか寒かったので、南下を決定。アンダルシア地方を突っ切って、南のはじっこまで行くことにした。

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

アンダルシア地方の沿岸部では風力発電をよく見かけた

イベリア半島南部、アルヘシラスヘ

バスも鉄道も路線が発達したスペイン国内を移動するのはそれほど難しくない。すべてネット予約できるし、事前にルートを決めている人なら各種パスもある。バルセロナ、マドリード、トレド、コルドバ、グラナダと電車やバスを乗り継ぎながら南進し、たどりついたのはアルヘシラス。ジブラルタル海峡に面した、スペインの南のはじっこである。

実際のスペイン最南端の町は、さらにバスで30分ほど移動したタリファだが、町の規模や交通の便などトータルで考えて、今回の滞在先はアルヘシラスにした。ひとり旅にとって、食事や宿、交通機関の選択肢が多いのはそれだけで心強いのだ。

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

港に向かって傾斜するように広がるアルヘシラスの街並み。8世紀、イスラム勢力によって開かれた交易の町だ。モロッコへのフェリー便もひんぱんに出ている

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

街角の古書店兼カフェ。ディスプレーがすてき

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

スペインはどこに行っても夜の風景がよかった。アルヘシラスの中心、アルタ広場はかわいらしいタイルで埋め尽くされていた

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

「はじっこ」には独自の文化がある? スペイン南端に近い町アルヘシラス はじっこ紀行01

朝7時、市場は開店準備中

「はじっこ」を訪れる面白さは、土地独特の雰囲気もある。はじっこや国境の町の多くが国の中央とは違う文化や風習を残していたり、お隣の地域の影響を受けていたりする。開放的だったり時には緊張感が漂っていたり、そんな空気を味わうのもまたはじっこ探訪の楽しみだ。

ユーラシア大陸・イベリア半島のはじっこ、アルヘシラスもまたユニークな町。湾を挟んで東にイギリスの海外領・ジブラルタル、南に海峡を挟んでモロッコのタンジェがあり、どちらにも日帰りで行ける。次回はその旅の様子をご紹介しよう。

PROFILE

山田静

女子旅を元気にしたいと1999年に結成した「ひとり旅活性化委員会」主宰。旅の編集者・ライターとして、『旅の賢人たちがつくったヨーロッパ旅行最強ナビ』(辰巳出版)、『決定版女ひとり旅読本』『女子バンコク』(双葉社)など企画編集多数。最新刊『旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)。2016年6月中旬、京都に開業した小さな旅館「京町家 楽遊」の運営も担当。

ホテルや食事は? インドの異世界「シッキム」の旅03

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事