心に残る旅

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

いつもと違う場所で風に吹かれた経験は、折に触れて思い出すもの。そんな旅の思い出を各界で活躍するみなさんにうかがう連続インタビュー「心に残る旅」。第8回は俳優の清水尋也さんです。

(聞き手:溝上康基、写真:竹田武史)

人生初の友との大阪旅行

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

――俳優として13歳でテレビドラマでデビューを飾り、今月20歳になったばかり。ドラマや映画などで多忙だと思いますが、心に残っている旅の思い出をお聞かせください。

「今年の春、大阪旅行へ行ってきました。20歳になる前に、初めて友人同士3人で計画した記念の旅行です。ついこの前まで高校に通いながら俳優の仕事を続けていたので、なかなか旅をする時間が作れなかったのですが、久しぶりにまとまった期間休みが取れ、3泊ほどですが、大阪市内の心斎橋や道頓堀、梅田などで、のんびりした時間を楽しんできました」

――〝食いだおれの街〟巡りですね。でも、久々の旅行の場所に、なぜ、大阪を選んだのですか?

「僕の友人で大阪在住のミュージシャン(変態紳士クラブ)がいて、せっかくだから、この旅行に合わせ、彼らのライブも聞きたかったからです。ちょうど大阪でライブがあり、誘われていたんです」

――緊張する撮影現場から離れての久々の旅はいかがでしたか。

「大阪には音楽仲間の友達が多く、久々に彼らの生演奏を聞くこともできました。ずっと東京で生活していますので、大阪で過ごす時間は新鮮で、次の撮影に臨むためのリフレッシュになりました。高校生のときまでと違い、自分の稼いだお金での旅行。自由さを満喫する貴重な思い出ができました」

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

――東京出身で東京育ち。大阪のほか、訪れた地域で印象に残っている土地はありますか。

「ドラマや映画のロケ撮影で訪れた京都や神戸、福岡は印象に残っています。東京の実家を離れて、数日から1、2週間という長い期間を知らない土地で過ごすことは、自分にとって旅行しているような気持ちになる。親元を離れ過ごす旅の気分は、とても新鮮ですね」

――たとえばロケ中、撮影以外の時間を、どう過ごしていますか。

「撮影期間中はあまりのんびりすることはできないですが、京都や神戸ロケのときは、趣のある歴史を感じさせる街を散策するのが楽しいですね。歴史建造物などを眺めながら、昔から残っている石畳の道を歩いていると、東京の大都会で過ごす、あわただしい日常生活とは違う、ゆっくりと時が流れているような雰囲気に浸ることができます」

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

――歴史ある街が好きですか?

「もちろん時代に沿って、めまぐるしく変化し、常に最先端の街へ移ろう東京の大都会も好きですが、それとは逆に、いくら時が経とうとも、歴史をとどめ、街並みが変わらない場所で過ごす時間は、とても好きですね」

――海外旅行や海外でのロケの思い出などはありますか。

「実は海外へ行った経験は、これまでに1回しかないんです。初めての海外滞在は、映画『ソ満国境 15歳の夏』(2015年)の撮影のために訪れた中国・黒竜江省で、ロシアと接した酷寒の地域でした。兄(清水尚弥)との初共演作なんです。でも、食べ物が合わずにおなかをこわしたり……。まだ、デビューしたばかりの頃でしたので、苦労した思い出ばかりが残っていますね」

20歳にして遺作?! カメレオン俳優の新作にかける思い

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

『ホットギミック ガールミーツボーイ』公開中 ©相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

――6月28日に封切られた出演映画の最新作『ホットギミック ガールミーツボーイ』の舞台は、東京・豊洲の公園や東雲のマンションなど湾岸エリア。京都の古い町並みとは正反対の近代的な都市ですね。

「そうなんです。京都の歴史ある街とは正反対の、近未来都市のような場所を中心に約1カ月間、ロケ撮影が行われました。2020年の東京五輪に向けて、開発が進む最先端の地域。ここで過ごした時間も、僕にとってはとても刺激的でした」

――映画『渇き。』(2014年)では、いじめられっ子の役。一方、その翌年公開された『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』ではいじめっ子の役を演じました。両極端の役柄を演じ分ける演技力が話題を集めましたね。カメレオン俳優と呼ばれていますが。

「同じ役は演じたくない。できる限り、いろいろな役に挑戦したい。常に、そう思って俳優を続けているので、カメレオン俳優と呼ばれることはとてもうれしいし、光栄です。これからも、今まで演じたことのない役柄にチャレンジしていきたいと思っています。俳優として、人から言われて一番うれしい言葉は、僕の出演作をすべて見ている人に、『同じ俳優が出ていたとは思わなかった!』と言われることなんです」

――新作では「乃木坂46」の堀未央奈さん演じる女子高生ヒロイン、初の同級生役。幼なじみで、初をいじめる一方、恋心を抱く複雑な役を演じていますね。いじめられっ子やいじめっ子を演じてきた経験から、両面を演じる今作を演じていかがでしたか。

「新作を撮るときは、いつも自分にとっての代表作にしたい、これが遺作になるかもしれない、と思いながら常に演じています。これまでいろいろな役を演じてきましたが、恋愛映画は初めての経験だったんです。エンタメ作品が多い、今の映画界に一石を投じる山戸結希監督の作品に出演でき、俳優として新たな経験もできました。妥協せず演じていますので、見る人の心に残る作品ができたと思っています」

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

INFORMATION

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

清水尋也さんが出演した恋愛映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』が公開中です。

堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 間宮祥太朗
桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也
反町隆史 吉岡里帆

公式ホームページ:http://www.hotgimmick-movie.com/

©相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

■「心に残る旅」バックナンバー
・吉田戦車さんの西表島 親子3人、遊びに遊んだ10日間
・池内博之さんのイスラ・ムヘーレス「ものすごくロマンチックな場所です」
・加古隆さんのセネガルとマリ 車が大きな穴に突っ込んだ
・福士蒼汰さんのワシントンDC  できないから感じられた人の温かさ
・「SCANDAL」HARUNAさんのニューヨーク 知らない自分に会えた1人旅

・著名人に聞く「心に残る旅」 記事一覧

PROFILE

旅する著名人

家入レオ、ふかわりょう、HARUNA(SCANDAL)、福士蒼汰、加古隆、池内博之、吉田戦車、清水尋也、しりあがり寿、高畑充希、松本穂香、江國香織

清水尋也

東京都生まれ。俳優。初めて受けたオーディションに合格し、2012年、連続ドラマ「高校入試」でデビュー。16年から3作公開されたヒット映画「ちはやふる」シリーズ、「ハルチカ」(17)など話題の映画に出演。昨年、連続テレビドラマ「インベスターZ」でドラマ初主演を果たした。

吉田戦車さんの西表島 親子3人、遊びに遊んだ10日間

一覧へ戻る

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

RECOMMENDおすすめの記事