太公望のわくわく 釣ってきました

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、朝日新聞の西田健作記者が、遊漁船に乗って東京湾でマダコ釣りに挑戦。いまや高級食材となった国産タコを、刺し身で食べようと意気込みます。

今年のマダコは「湧いている」

春はメバル、初夏はシロギス、梅雨はイサキ――魚釣りにも「旬」があり、毎年その時期がめぐってくるのを釣り人は心待ちにしています。梅雨が明ければやってくる夏の釣りものといえば、東京湾ではマダコ釣り。今年の「湧き」はいいらしい。そんなうわさを確かめようと、6月上旬、一足先に船でのマダコ釣りに行ってきました。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

千葉港方面に向けて進む船

お世話になったのは千葉県浦安市の「吉久」さん。黄色の船がトレードマークの大きな船宿です。東京湾のマダコ釣りといえば、カニを縛ったテンヤを使った手釣りが定番ですが、近ごろは竿(さお)とリールで魚のように釣る方法が徐々に人気を集めています。吉久さんで、それも試してみることにしました。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

東京湾で主流のタコテンヤの仕掛け。渋糸を手で小刻みに動かしてタコを誘う

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

手釣りのタコテンヤで使うカニ

この日陣取ったのは、右舷(うげん)の先頭付近。船は午前7時過ぎにもやいを解いて、ゆっくりとタコが潜んでいる場所を探します。タコが隠れているのは、堤防に敷設された消波ブロックの隙間など。長い竿なら陸側からでも仕掛けが届きそうな場所を、陸沿いに船で探っていくのです。

竿とリールで魚のように釣る

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

竿とリールでタコを狙う釣り人たち

なんでマダコが魚のように釣れるのか。秘密は、「タコエギ」と呼ばれるエビのような形をした餌木(えぎ)にあります。餌木は古くから使われている和製のルアー。これを海底に落として小刻みに動かすと、タコが、エビや小魚と勘違いして抱きついてきて、8本足のどこかにタコエギの針が刺さるという仕組みです。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

竿でマダコを誘うタコエギの仕掛け。しっぽの針をタコに刺す

船が旧江戸川から東京湾に出ると、間もなく釣りが始まりました。どうやらこの日は、マダコのご機嫌をうかがいながら、まずは湾奥から千葉港へ、さらに東京湾を横断して対岸の羽田空港と、広くポイントを探っていく作戦のよう。

水深は5メートルほど。タコにアピールできるように、仕掛けには2個のタコエギを装着しました。一番下に錘(おもり)をつけて、海底に沈めます。錘を底につけた状態から、竿先を1秒に2回ぐらいのテンポで小さく動かせば、海底から2匹のエビがピョンピョンとはねているように見えるはず。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

タコエギが生きていると思わせるように小刻みに竿先を動かし続けるのがコツ

小ぶりながら獲物をゲット

シュ、シュ。竿先を動かしながら、心の中で「寄ってこい、寄ってこい」。5分ほど経ったころでしょうか。小さく上下させていた竿先が、下に曲がったまま動きにくくなりました。竿先を動かしながら、タコがしっかりとタコエギに抱きつくまで数秒待って、「今だ!」。竿を持ち上げて合わせを入れると、グググググっと竿が曲がって重みが伝わってきました。どうやら、エギのしっぽの部分についている大きな針が、タコにうまく突き刺さったようです。

水深が浅いので、仕掛けはすぐに水面に。抜きあげると、ちびダコが足をくねらせながら船内に取り込まれました。まずは1匹。やった! 周りを見回すと、タコエギを抱いたちびダコが、次々と水面から抜きあげられていました。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

小さいながらも初マダコをつり上げた筆者

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

だれも竿を持っていない手釣りの船。糸をかけた指先でタコの乗りを感じる

タコが卵からかえって育つことを「湧く」といいますが、今年の海中はまさにその言葉通りなのかもしれません。海底から気泡がふつふつと湧くように、無数のタコが育っているのかも。

タコはひと潮(2週間)ほどで倍になるともいわれています。船長さんの提案もあって、ピンポン球ぐらいのちびダコは、海にリリースすることに。私も5匹釣って、2匹のちびダコをリリース。大きくなったら、また釣ってやる。「偽の餌に二度とだまされるか」とタコの方は思っているかもしれませんが……。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

リリースされたちびダコ。夏までに1キロを超えるはず

半生の刺し身を仕込む

いまや、国産のタコは高級食材。スーパーの鮮魚コーナーに並ぶのは、モーリタニア産やモロッコ産といったアフリカから輸入したものばかり。持ち帰ったマダコは、半生の刺し身で食べることにしました。まず塩もみしてぬめりをとり、きれいに洗います。鍋で湯を沸かし、薄口しょうゆを大さじ1杯。その鍋にタコを入れると、8本足がきれいに丸まった、見事なゆでダコになりました。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

煮るとタコは真っ赤になり、足はきれいに丸まっていく

煮る時間を30秒ほどにしたので、身は半分レアのまま。刺し身で食べると、その身のやわらかさと歯ごたえが絶妙。タコは冷凍しても味が落ちないといいますが、やっぱり生のタコはひと味違う。満足の夕食となりました。

東京湾にタコが湧く、餌木で誘ってひっかけろ! 千葉県浦安市

東京湾のタコの刺し身。今では高級品だ

タコ釣りの最盛期は真夏。いまは小さなタコも、それまでにぐっと大きくなっているはずです。キロ超えの大ダコが釣れれば、刺し身、天ぷら、おでん、酢の物のタコ尽くしが待っています。「当たり年」になりそうな今年、タコ釣りをぜひお試しあれ。

浦安・吉久
http://www.yoshikyu.com/

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

  • 釣り大好きライター陣

    安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

  • 西田健作

    朝日新聞記者
    1971年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。15年ほど前に千葉県浦安市に引っ越し、ディズニーランドのすぐ近くで魚が釣れることを知り、釣りにはまる。朝日新聞社では文化くらし報道部で美術担当、映画担当などを務め、現在は同部次長(デスク)。外に出られない平日のモヤモヤから、ますます週末の釣りにのめり込んでいる。

カツオのケンケン漁をめぐる二つの謎 漁師の船で確かめた 和歌山沖

一覧へ戻る

ギューン!と次々に釣れるアユ 友釣りを満喫 奈良県上北山村

RECOMMENDおすすめの記事