カメラは旅する

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

「アナハイムに行ってくる」、そう友人に告げると、「ああ、ロサンゼルスの端っこね」とか「ディズニーランドに行くの?」と口をそろえて言われた。

確かに、目にしたガイドブックのアナハイム情報だと、ロサンゼルスからバスツアーで行く「ディズニーランド・リゾート」くらいしか載っていない……。しかしそもそも、アナハイムはロサンゼルスではなくオレンジカウンティだし、ディズニーランド以外にも見どころは色々あるはず。期待を胸に飛行機に乗り込んだ。

(文・写真/葛西亜理沙)

やっぱりここはディズニーランドの街……!?

早朝、窓から入ってくる日差しで目が覚めた。ダウンタウンで朝ごはんを食べようと、早々に身支度を整えホテルを出ると、朝日の中、女の子たちのグループが通り過ぎていく。ミッキーマウスの耳の形をしたカチューシャをつけ、楽しげに話す彼女たちの後ろ姿がまぶしい。やっぱりここはディズニーランドの街……!?

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

歴史的建築をリノベーションした商業施設

そんなことを考えながら歩いていると、“Packing House”と書かれた可愛らしい建物の前を通りかかったので立ち寄ってみることに。中に入ると2階建ての建物は中心部が吹き抜けになっていて、天窓から自然光が降り注ぎ、とてもいい雰囲気。

オレンジカウンティはその名のごとく、オレンジなどの柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んな土地だった。1919年にオープンしたこの建物は、かつてアナハイム内で収穫されたオレンジやレモンを洗浄、品質チェック、パッキング(荷造り)、出荷の拠点となった場所。今はその名残から「Anaheim Packing District」と名付けられ、建物を改装してフードコートなどが入る商業施設へと生まれ変わっている。

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

農場から市場への出荷拠点だったこの建物は、現在、商業施設に

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

天窓からは自然光が入り、エアプランツが飾られてとても素敵な雰囲気

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

隣町のサンタ・アナからアナハイムにいる友達を訪ねに来た女性

地元の人も知らない? アナハイム最後のオレンジ畑に遭遇

カフェで注文したフレッシュジュースを片手に周辺を散策しているとオレンジ畑を見つけた。

「オレンジカウンティのオレンジだ!」

トラックで荷詰めをしている男性に声をかけると、「アナハイム最後のオレンジ畑だよ。地元の人もここにまだ畑があるのを知らないんだ。車社会だから、通り過ぎてしまうんだよね」と苦笑していた。

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

アナハイムのオレンジ畑。地元の人にもあまり知られていないらしい

毎朝生地から手作りする、フレッシュなタコス

街の中心部に着く頃にはもうお昼近くになっていた。スパイスの香りに誘われて入った「POUR VIDA」は、中南米料理のレストラン。毎朝生地から手作りしているというタコスを店長に勧めらるままにオーダー。朝ごはんを食べ損ねていたから、あっという間に平らげてしまった。

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

気さくな店長のジミー

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

毎朝、生地から手作りしているというタコス

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

店前の通りは南カリフォルニアらしく、ヤシの木が並んでいる

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

アナハイムの歴史を知る博物館

おなかを満たした後は「MUZEO MUSEUM」へ。ドイツ系移民50家族によって街が創設された19世紀当時の、写真や生活のための道具などが飾られていて街の歴史を知ることができた。アナハイムの名前の由来は、街を流れるサンタ・アナ川の “Ana”とドイツ語で家を意味する“Heim”を組み合わせたことからという。

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

19世紀、ドイツ系の家族が移住してきた頃の写真

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

当時使われていたタイプライター

エンゼルスの本拠地でホームゲームを観戦

夕方、エンゼルスのホーム開幕戦を見に「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」へ。エンゼルスの大谷翔平選手は、残念ながら私が行った時はけがで休場していたが、本場メジャーリーグの雰囲気を感じられた。熱気にあふれ、エンゼルスカラーの赤一色に染まっている。なぜ青色のセーターで来てしまったのだろう……。明らかに場違いな服装だったが、気を取り直して観戦に集中。

すると、MLB史上最高額の契約を結んだマイク・トラウトがホームラン! どっと歓声が上がり、花火が打ち上げられた。ちなみに、彼の年俸を計算すると……1年間で約40億円?! 興奮したままホテルに戻り、なかなか寝付けなかった。

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

地元エンゼルスの選手がホームランを打つと、スタジアム後方の岩場から花火が打ち上げられる

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

あっという間のアナハイム滞在だったが、果物の出荷工場を改装した商業施設や地元の人も知らないオレンジ畑、この土地の歴史を学んだ博物館に本場のメジャーリーグ観戦と、すっかり堪能。ディズニーランドだけじゃない、オレンジカウンティのアナハイムならではの楽しみ方を満喫した旅だった。

■取材協力
カリフォルニア観光局
Visit Anaheim
Hilton Anaheim
住所:777 West Convention Way, Anaheim, CA 92802 USA
電話:+1 714-750-4321

ディズニーランドだけじゃない!? 写真家が旅するアナハイム

宿泊したホテル「Hilton Anaheim」。夜は外観がライトアップされ、アミューズメントパークの中にいるよう。バーでは朝からビール片手にスポーツ観戦をしている人もいる

バックナンバー

ローカルな生活を垣間見る、写真家が旅するサンディエゴ
心躍るアートの街、写真家が旅するサンフランシスコ

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

ローカルな生活を垣間見る、写真家が旅するサンディエゴ

一覧へ戻る

イロトリドリな街、写真家が旅するサンフランシスコ

RECOMMENDおすすめの記事