心に残る旅

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

いつもと違う場所で風に吹かれた経験は、折に触れて思い出すもの。そんな旅の思い出を各界で活躍するみなさんにうかがう連続インタビュー「心に残る旅」。第9回は漫画家、しりあがり寿さんです。

(聞き手・溝上康基、写真・鈴木厚志)

タモリさんの曲『ソバヤ』が大ウケ?!
仕事仲間たちと行ったアフリカ旅行

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――36歳のときに会社員から漫画家へ転身。アニメ制作などアーティストとしても活躍し、創作活動に多忙な中、心に残っている旅の思い出はありますか。

「今から5年前の2014年、仕事の仲間たち7人で行ったアフリカ旅行です。ウガンダからケニア、タンザニアと、東アフリカ3カ国を車で移動した約2週間の旅。設備の整ったホテルではなく、電気も水道も通っていないような現地の民家などに泊まりながらの旅でした」

――なぜ、そんな過酷な旅をしようと思ったのですか。

「2011年に東日本大震災が発生し、それから数年がたって被害が少し落ち着いた頃、日常に電気も水道もない国の人たちの生活とは、どんなものなのだろうか、と知りたくなったんです。自分の目で見てみたいと思うようになりました」

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――なぜ、アフリカ大陸を選んだのですか。

「実は、“ウガンダのビクトリア湖で飲むビールの味は格別だ”という話を日本で知人から聞かされていたので、気になっていたんです。アフリカへは、ずっといつか1度は行ってみたいと思っていましたし」

――どんな旅のルートでしたか?

「ウガンダのエンテベ国際空港から、車と運転手をチャーターし、ひたすら陸路での移動でした。最初に行ったところ? もちろん、まずはビクトリア湖へ行って、ビールを飲みましたよ」

――それからの行程は?

「ビールを飲んだ後、次に電気のない村へ行って、日本一行のチーム、現地の人たちのウガンダチームに分かれて、それぞれの国の料理を作って、お互いにふるまいました。現地の人たちは貴重なニワトリをさばいて、現地の料理を作って大歓迎してくれました。きっと、向こうではめったに食べることのできないごちそうだったのだと思います」

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――電気が通っていない村で、夜はどうやって過ごしたのですか。

「最初は外で、かがり火をたいて、みんなで火を囲んで夕食を食べていたのですが、途中、雨が降ってきたので、村で一番大きな家に全員で飛び込みました。20~30人はいましたよ。明かりは懐中電灯しかありませんでした。そこで日本チームはよさこい節を披露したのですが、これが受けませんでした。これはだめだと思い、タモリさんの『ソバヤ』(アフリカ民族音楽風の曲)を歌ったら、これが大受けしました。すると、今度は、お返しに、ウガンダの人たちが現地の踊りを披露してくれたんです」

――ウガンダの次は、どちらへ。

「車でケニアへ移動しました。車で国境を越えるときは、とても感動しました。ここでも民家に泊まったのですが、私たちは倉庫で寝たんですよ。倉庫の中はとてもきれいに掃除されていたのですが、地面は土がむき出しのままでした。ここでも貴重なヤギをさばいて現地の料理で、私たちをもてなしてくれました。現地の小学校へ行き、また、よさこい節を披露したのですが、また盛り上がらなくて。タンザニアではサファリを楽しみ、ライオンやゾウなどを間近に見ることができました」

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――海外へは、よく出かけるのですか。

「アフリカへ一緒に行った仲間を中心に、毎年、海外へ出かけています。一昨年はボルネオ島へ行き、標高4000メートル級のキナバル山に登ってきました。想像以上に大変な登山でした。昨年は、トルコへ行ってきました」

――かなりのハイペースで世界各国を回っていますね。

「今年61歳になりましたが、5~6年前でしょうか。もし、あの世があるとしたら、まだ体力がある今のうちに世界を見ておかないと、きっと後悔するのではないかと思い始めたんです。今年9月には台湾へ行く予定です。来年はインドへ、いつか、ブラジルにも行ってみたいと考えています」

――漫画家としての人生の中で、旅とはどんなものなのでしょうか。

「人生とは旅のようなものではないか、自分はこの世に観光旅行のために来ているのではないか(生まれてきたのではないか)、そう考えるようになりました。私は人生という旅の中で、漫画家となり『漫画家体験コース』という観光旅行をし、そして結婚して子供が生まれ、『子育てツアー』という観光旅行も経験できたのだと思っています。結構、いい旅(人生)だったのではないかと思っていますよ。せっかくこの世に生まれてきたのだから、これからも、まだ見たことのない国や土地を訪ねたいと思っています。漫画を描くことも同じ。だからできる限り依頼された仕事は断らないようにしています」

思い返す旅の思い出は、恥ずかしいことずくめ

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――国内での旅行の思い出は何かありますか。

「大学受験に失敗して浪人したのですが、やはり浪人した高校の同級生と2人で、京都へ観光旅行へ出かけたんです。すると、京都の街で、ばったりと当時高校3年の後輩に声をかけられたんです。『先輩、何をしているんですか?』と。実は私たちが1年前に修学旅行で訪れたのが京都で、その1年後、同じ静岡の高校の後輩たちが京都で修学旅行中だったんですよ。何で浪人生2人で、旅の場所に京都を選んでしまったのか……。今思い出しても不思議ですね」

――京都旅行は、その後、どうなったのですか。

「旅の途中で2人ともお金がなくなり、けんかばかりしていましたね。親戚のおばさんが京都にいたので、お金を借りて静岡へ帰りました。一緒に旅をした同級生は、その後、私の妹と結婚し、今は弟なんですよ」

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――東京の多摩美大へ進学されます。大学時代の旅の思い出はありますか。

「漫画研究会に入っていたので、毎年、白樺湖や伊豆大島などのペンションへ合宿旅行へ行っていました。水鉄砲に日本酒を入れて撃ち合って騒いでいたら、翌朝、ほかの宿泊客の前でペンションのオーナーに怒られました。私は部長だったので、とても恥ずかしかったですね」

――大学卒業後はキリンビールに就職。社会人時代の旅の思い出についてはいかがですか。

「毎年、社員旅行が楽しみでした。軽井沢へ旅行したときは、私は格好をつけてバイクで行きました。ミリタリールックのブーツに迷彩ズボン。ところが、直前に洗濯したズボンが縮んでしまっていて、ブーツの間からすねが出ていることに気付かないまま宿に着いて。恥ずかしい思い出ですよ」

漫画家としてのドラえもんへの思い

タモリさんのあの曲が受けた しりあがり寿さんのアフリカ

――現在、大阪で開催中の『THEドラえもん展 OSAKA 2019』では、新作のアニメ作品を出展されています。漫画家としてのドラえもんへの思いとは?

「誰もが描けるキャラクター。それがドラえもんの最大の魅力だと思います。みんなのアイドルであるドラえもんを堂々とパロディーでいじることができるのですから、今回の展示に参加できてとても楽しかったです。旅も漫画を描くことも同じ。悔いのないよう続けていきたいと思っています」

THEドラえもん展 OSAKA 2019』開催中

日本を代表するアーティスト28組が、ドラえもんへの思いを込めて製作した絵画や立体造形、アニメ作品などを一堂に集めた特別展示会。

【展覧会概要】
会期:9月23日まで 10:00-17:00 ※会期中無休
会場:大阪文化館・天保山(大阪市港区海岸通1-5-10)
入館料:一般1500円 中・高校生1200円 4歳~小学生以下800円
主催:THEドラえもん展 OSAKA 2019 実行委員会
特別協力:藤子プロ
URL:dora-world.com/contents/806
©Fujiko-Pro

■「心に残る旅」バックナンバー
・清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間
・吉田戦車さんの西表島 親子3人、遊びに遊んだ10日間
・池内博之さんのイスラ・ムヘーレス「ものすごくロマンチックな場所です」
・加古隆さんのセネガルとマリ 車が大きな穴に突っ込んだ
・福士蒼汰さんのワシントンDC  できないから感じられた人の温かさ

・著名人に聞く「心に残る旅」 記事一覧

PROFILE

旅する著名人

家入レオ、ふかわりょう、HARUNA(SCANDAL)、福士蒼汰、加古隆、池内博之、吉田戦車、清水尋也、しりあがり寿、高畑充希、松本穂香、江國香織

しりあがり寿

1958年静岡県生まれ。多摩美術大学卒業後、キリンビールに入社。94年、漫画家として独立。2001年、『弥次喜多 in DEEP』で手塚治虫文化賞「マンガ優秀賞」受賞。2002年から現在まで、朝日新聞夕刊で「地球防衛家のヒトビト」を連載中。14年、紫綬褒章受章。

清水尋也さんの大阪 東京育ちには新鮮な自由を満喫する時間

一覧へ戻る

高畑充希さんのニューヨーク 日本ってちっちゃいなと思えた場所

RECOMMENDおすすめの記事