城旅へようこそ

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載です。今回は秋田城です。天守がそびえる一般的な城と趣が異なるだけでなく、奈良時代の水洗トイレまであります。しかもトイレの遺物からは、意外な事実が明らかになっているのです。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

秋田城の、復元された外郭東門と築地塀(ついじべい)

広大な敷地に、不思議な城門と城壁が突如として現れる。城と聞いてやって来たのに、なにやら違和感のある空間だ。そう、秋田城は7〜11世紀、東日本に築かれた「城柵」の一つなのだ。城といっても、天守がそびえる城とは築かれた時期も姿もまったく異なる。

城柵とは奈良時代から平安時代にかけて、律令国家が地方支配の拠点として設置した軍事・行政施設だ。

<桃太郎伝説の舞台、よみがえった古代山城 鬼ノ城>に登場した古代山城が北九州や瀬戸内海沿岸に限定して築かれたように、城柵は東日本に限定されて築かれた。大和朝廷による越後、陸奥、出羽への支配領域拡大と、蝦夷(えみし)と呼ばれる反朝廷勢力の服属が目的だった。

秋田城は城柵の中でも最北にある。よく整備され、建物の一部が復元されているためイメージがわきやすい。城柵がどんな城かを知るにはおすすめだ。JR秋田駅から車で約15分、車を降りれば古代にタイムスリップできる。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

整備された秋田城の鵜ノ木地区

秋田城は、出羽に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地だった。733(天平5)年にこの場所に移されてきた当初は出羽柵(いではのき)と呼ばれ、760(天平宝字4)年ごろに秋田城と呼ばれるようになったとみられている。奈良時代には国府が置かれ、津軽や渡嶋(わたりのしま、日本海沿岸部の北部)のほか、渤海(ぼっかい、中国北東部)などとの交易・交流の重要な拠点ともなっていたようだ。10世紀後半まで古代城柵として機能した。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

鵜ノ木地区にある「天平の井戸」。出土した「天平六年 月」と書かれた木簡が、この頃に城が移されてきた裏付けとなった

秋田城の役割は大きく三つある。一つめは、県庁や市役所のように、役人が戸籍を作成し税を徴収する行政機関だ。二つめは、兵士が常駐して治安維持に務め外敵に備える軍事施設。そして三つめは、律令国家の支配が及ばない東北北部や北海道の蝦夷に対する支配や交易や交流の窓口だ。最北の城柵のため、東アジア諸国との外交窓口にもなっていたようだ。

戸籍などの公的な行政文書のほか、物品管理などの文字が記された紙、木簡、土器、瓦などが多く出土している。秋田城の文字資料の出土は城柵の中でも多く、当時の様子をはかり知ることができる。私が感激したのは、秋田城跡歴史資料館内の特殊な赤外線カメラを使った装置で、漆紙文書の文字が見られたことだ。漆紙文書は漆が付着して染み込んだ古代の廃棄文書。漆入りの容器のふたとして使われた際にしみ込んだ漆の保存力によって、土の中でも腐らずに残っていた。秋田城内には多くの工房があり、漆職人も盛んに生産活動を行っていたようだ。漆に守られた古代からのメッセージが、鮮やかによみがえっている。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

復元された政庁。城内からは数多くの紙や木簡、土器や瓦などが出土している

現地を訪れたなら、とにかくその広さに驚くはずだ。実は、史跡公園として整備されているのは城域の一部で、外壁で囲まれた外郭の範囲は、東西、南北とも約550メートルに及ぶ。秋田平野の西側、雄物(おもの)川が日本海に注ぐ河口の右岸、日本海を間近に望む標高約30〜50メートルの丘陵に築かれている。海上交通と河川交通の便がある立地だ。

外郭は地形の都合から整っていない方形で、南西よりの中心部分に政庁が置かれていた。政庁は東西約94メートル、南北約77メートルで、政務や儀式を執り行う中心施設だ。方形に区画され、正殿と呼ばれる中心的な建物がある。秋田城の政庁は奈良時代から平安時代にかけて6時期の変遷があるが、建物の構造に変化はあるものの、位置や形状は大きくは変わっていないとみられる。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

政庁のミニチュア模型

外郭は1998年に復元された東門と築地塀が、最大の見どころといえるだろう。秋田城は内側(政庁域)と外側(外郭)の二つの区画から構成されている。外郭の東西南北にそれぞれ門があったと考えられており、東・西・南門跡が発見されている。2.2キロにも及ぶ外郭線は、すべて築地塀でぐるりと覆われていたようだ。さぞかし圧巻だったことだろう。築地塀にふかれた瓦は、当時は律令国家の権威を示す部材だったとか。雪国には不向きにもかかわらず築地塀が用いられていたのは、壮観な見映えを考慮してのことなのかもしれない。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

復元された外郭東門

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

復元された築地塀。外郭は築地塀で覆われていた

城外にも南東側の鵜ノ木地区をはじめ、秋田城に関係する寺院や建物があった。それらのすべてが城柵としての機能を果たしていたようだ。丘陵全体に広がる、城外を含めた約90万平方メートルが国の史跡に指定されている。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

鵜ノ木地区の寺院跡。平面表示されている

秋田城といえば、必見は鵜ノ木地区で発見された奈良時代後半の水洗トイレだ。沼地の岸に建てられ、便槽から木樋(もくひ)で滑り台のように、低い場所にある沼地へ汚物を流す。汚物はいったん沈殿槽にためられ、上澄みだけを沼へ流す仕組みだったようだ。沈殿槽内に積もった土から見つかった未消化の種や寄生虫の卵から、古代人の食生活が自然科学的に分析されているのもおもしろい。興味深いのは、見つかった寄生虫の卵から、当時の日本にはなかったブタの常食が推察できること。食べていたのは、豚の飼育が盛んだった中国大陸からの外来者である可能性が高く、秋田城の交易拠点としての役割が想像できる。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

復元された古代の水洗トイレ。三つの便槽が並べられている

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

木樋を伝って沈殿槽に流されるしくみ。

(この項おわり。次回は8月5日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト

■秋田城
https://www.city.akita.lg.jp/kanko/kanrenshisetsu/1003616/1002306.html(秋田市役所)

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

萩原さちこ

小学2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、『図説・戦う城の科学』(サイエンス・アイ新書)など。webや雑誌の連載多数。

暑い今こそ狙い時! 夏休みにオススメの城とは?

一覧へ戻る

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

RECOMMENDおすすめの記事