京都ゆるり休日さんぽ

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。

今回は、今年3月にオープンするやいなや、たちまち甘いもの好きの心をつかんだ小さなカフェ「Kew(キュー)」へ。中心部から少し外れた商店街まで多くの人がわざわざ足を運ぶ理由は、ひと目見たら忘れられないスイーツにありました。

食べる前からワクワクする見た目のスイーツ

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

コックピットのように整然とした小さなキッチンとカウンター席。できあがりを待つのも楽しい

たぷん、とカスタードクリームを含ませ、スタンドの上にぎっしりと鎮座するドーナツたち。てっぺんにあふれ出たクリームがなおのこと愛らしく、食べる前から心が躍ります。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

「カスタードドーナツ」(イートインのみ。ドリンクとセットで850円~)。生地はふわりとレモンが香り、軽やか

かぶりついたらクリームが飛び出るかも。口のまわりが砂糖で真っ白になるんだろうな、と想像するも、浮かぶのは「困った」ではなくおいしいイメージばかり。「子どものように口元をクリームと砂糖でいっぱいにしてほおばりたい!」と大人も夢見ずにはいられません。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

ドーナツと並ぶ看板商品の「ベイクド チーズケーキ」(イートインのみ。ドリンクとセットで1500円~)。季節のフルーツを添えて

この魅惑のドーナツをはじめ、ひと目で、ひと口で食べる人をとりこにするスイーツを作るのは、店主の大木健太さん。20歳でロンドンに渡り写真家として活動していましたが、モダン・ブリティッシュ料理の先駆けとなったレストラン「St. JOHN(セント・ジョン)」に魅せられ、ペストリー部門に採用されたことからお菓子作りの道を歩み始めました。Kewのスイーツはどれも、学んだレシピに健太さんが独自のアレンジを加え磨き上げた、この店だけの味です。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

店主の大木健太さんと妻の真奈美さん。ロンドンで出会い、真奈美さんの地元でもあるこの場所に店を開いた

「セント・ジョンは、仕事が一流、働いている人々もみんな楽しそうで、フェアでユーモアの精神にあふれていました。名物のドーナツやチーズケーキは、素材そのものを生かし、余計なものを加えない。オーナーシェフのファーガスは、飾りつけや見た目に凝ったものを試作すると『too fancy(派手すぎる)』と首を振るんです。約3年間働きましたが、そこで学んだものは本当に大きかったです」

一番おいしい瞬間を届けるために

その精神を受け継ぎ、Kewのスイーツはすべてスタンダードでシンプル。飾り気のないルックスにもかかわらず、「おいしそう」なオーラをキリリと放っています。その秘密は、“焼きたて”、“切りたて”、“クリーム詰めたて”と言わんばかりの、お菓子たちの生き生きとした表情。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

とろけるように柔らかいチーズケーキは、サーブする直前に切り分ける

「どちらにしよう……」と訪れた人誰もが頭を悩ませるほど、ドーナツと並ぶ人気メニューがチーズケーキ。健太さんが何より大切にしたのは食感です。口に入れた瞬間にとろけてゆくなめらかさ、余韻の軽やかさは、ずっしり濃厚なベイクドチーズケーキの概念をくつがえすもの。この柔らかさゆえ、注文が入ってから切り分けないと自立しないのだそうです。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

マドレーヌは焼きあがるまで15分ほど。待つ間の香りに期待がふくらむ

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

焼きたてを型から外す瞬間に、キッチンをのぞきこむ人も

マドレーヌも注文が入ってから焼き上げます。型に生地を流し入れ、オーブンに入れると甘く香ばしい匂いが店中に。焼きたてのマドレーヌは、外はカリッと、中はもっちり。作り置きのイメージが強い焼き菓子なので、意外なおいしさに感動するお客様も多いとか。

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

「マドレーヌ2個とアイスクリーム」(ドリンクとセットで1000円~)。自家製のアイスクリームは独特のねっとりした口溶けがやみつきに

「効率は良くないですよね。お客様をお待たせしてしまうし……。でも、注文が入ってから仕上げるレストランのように、一番おいしい瞬間を知ってほしくて」と健太さん。

その隣で、一緒に店に立つ真奈美さんはこう言います。

「店を開く前にギャラリーで出張イベントを開催していただいたとき、『こんなの食べたことない』と感激してくださるお客様の顔を見て、私も感動したんです。『これが彼のやりたいこと。こんなに喜んでくださるんだ』って」

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

窓際のカウンター席。商店街の風景を眺めながら

7席だけの小さな店の前には、開店前から行列ができます。朝クリームを詰めたばかりのドーナツやホールのチーズケーキが、おいしそうな笑顔に出合うのを待ち受けています。敬愛するレストランのスタイルを自分流に磨きあげ、一つひとつ丁寧に届ける「Kew」のスイーツ。運ばれてきた瞬間、思わず顔がほころんでしまうのは必然かもしれません。(撮影:津久井珠美)

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

龍安寺参道商店街の一角。売り切れ次第終了なので早めの来店を

Kew
https://www.kewkyoto.com
※7月28日(日)から8月6日(火)まで夏季休業中

BOOK

夢中でほおばる甘い幸せ。京都「Kew」のドーナツとチーズケーキ

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が6月7日に出版されました。&TRAVELの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。

 

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

  • 大橋知沙

    編集者・ライター。東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。本WEBの連載「京都ゆるり休日さんぽ」をまとめた著書に『京都のいいとこ。』(朝日新聞出版)。編集・執筆に参加した本に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)、『活版印刷の本』(グラフィック社)、『LETTERS』(手紙社)など。自身も築約80年の古い家で、職人や作家のつくるモノとの暮らしを実践中。

  • 津久井珠美

    1976年京都府生まれ。立命館大学(西洋史学科)卒業後、1年間映写技師として働き、写真を本格的に始める。2000〜2002年、写真家・平間至氏に師事。京都に戻り、雑誌、書籍、広告、家族写真など、多岐にわたり撮影に携わる。

水に遊び、水を味わう。京都、夏の憩いの場「上賀茂神社」へ

一覧へ戻る

滋味深い韓国料理で夏バテの体をリフレッシュする「ピニョ食堂」

RECOMMENDおすすめの記事