永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(19) 永瀬正敏、光の魔術師を切り取った 映画「パターソン」ロケ地で

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回から舞台はアメリカへ。映画撮影の合間に、永瀬さんがこの男性を撮った、そのわけは。

(19) 永瀬正敏、光の魔術師を切り取った 映画「パターソン」ロケ地で

© Masatoshi Nagase

ジム・ジャームッシュ監督の映画「パターソン」に出演するため渡米した2015年、映画撮影の合間に僕が撮った、スタッフのポートレートの1枚だ。この方は、撮影監督のフレデリック・エルムズさん。デヴィッド・リンチ監督の「イレイザーヘッド」や「ブルーベルベット」など、僕が大好きな映画をたくさん撮っておられる。

だから、出演が決まり、いただいたスタッフ資料にエルムズさんの名前を見つけたときは、「おおっ」と思わず声をもらした。彼と一緒に仕事ができることを楽しみに現地へ向かい、この機会に、どうしてもポートレートを撮らせてほしいとお願いして、快諾していただいた。

映画の撮影現場では、スタッフの方々のたたずまいがとてもすてきな瞬間がある。たとえば、次のシーンの段取りをしている時や真剣に準備を進めている時。映画は一瞬一瞬の積み重ねだ。それぞれの、ほんの何秒かに賭けている姿勢や表情にひかれ、僕ら俳優ではなく、あの人たちを撮ったほうがいいのではないか?と思う瞬間が多々ある。

なかでも、撮影監督は光の魔術師だ。瞳に宿る意思の強さが違う。そういう方の写真を撮るだけに、光のあたり具合がとても気になった。室内の自然光で、わずか5分ほどの間に撮った写真だったが、改めて見ると、やはり、最高にいい表情をなさっている。

PROFILE

永瀬正敏

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作に石井岳龍監督「パンク侍、斬られて候」、甲斐さやか監督「赤い雪」など。写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

(18) 自由が飛んできた! 永瀬正敏が撮った! 南仏アンティーブ

一覧へ戻る

(20) 光の中から現れた3人 永瀬正敏が撮ったセントラルパーク

RECOMMENDおすすめの記事