城旅へようこそ

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載です。今回は東北の城柵について。陸奥国府だった多賀城や、征夷大将軍・坂上田村麻呂が築いた志波城など、古代ロマンをかきたてる場所がてんこ盛りです。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

秋田県大仙市と美郷町にまたがる、払田柵(ほったのさく)

<奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城>で述べたように、「城柵(柵)」とは、東日本に地方支配の拠点として設けられた軍事・行政施設のことだ。7世紀から9世紀にかけて、段階的に北進して設置された。

『日本書記』に初見される城柵は、647(大化3)年に越後に設置された渟足柵(ぬたりのき=新潟市)だ。「渟足柵を造りて柵戸(きのへ)を置く」と記されている。太平洋側(陸奥側)では奈良時代以降に多賀城(宮城県多賀城市)、胆沢城(いさわじょう=岩手県奥州市)、志波城(しわじょう=盛岡市)、日本海側(出羽側)では出羽柵(山形県庄内地方)、秋田城(秋田市)、雄勝城(おかちじょう=秋田県雄物川流域)などが築かれた。7世紀後半以降の遺跡が14、出羽側では8世紀以降の遺跡が三つ確認されており、改修や統合を経て、律令国家体制が衰退する10世紀中頃から11世紀にかけて、終末を迎えたとみられている。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

志波城の復元された外郭南門。高さ11メートルにも及ぶ

出羽を代表する城柵の一つが秋田城であるのに対し、陸奥を代表する城柵が多賀城だ。多賀城市という市名になっていることからも、歴史的に重要な地であったことは想像できるだろう。多賀城は8世紀前半に造営された城柵で、奈良・平安時代を通して陸奥の国府が置かれた城柵の中心地であり、陸奥と出羽の両国の行政を監督する役割も担っていた。奈良時代には蝦夷を支配下に組み込むべく、兵士を管轄する鎮守府も置かれていたようだ。仙台平野を一望でき、塩釜の港にも近い交通の要所だ。

多賀城は高さ4〜5メートルの築地塀で囲まれ、一辺約900メートルのゆがんだ方形をしていた。東・西・南には門が置かれ、ほぼ中央に政庁が置かれていたことが判明している。政庁は四方を100メートルほどの築地塀で囲まれ、国司が政務を行う建物や儀式や宴会を行う建物が並んでいたという。政庁の周囲には役人が事務を行う建物、職人の工房、警備兵士の竪穴住居があった。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

多賀城の政庁正殿跡

8世紀後半、当時の律令国家は城柵を設置して蝦夷(えみし)支配の強化と拡大を図った。抵抗した蝦夷との間で繰り広げられた戦いを収束させたのが、坂上田村麻呂だ。この坂上田村麻呂が支配域を拡大すべく9世紀初めに築いたのが、胆沢城と志波城である。

志波城は、外郭南門や全長252メートルの外郭築地塀、櫓(やぐら)、政庁、兵舎だった竪穴建物などが復元されていて、平安時代の城柵の姿がよくわかる。姿を想像することが難しい城柵が、このように視覚化されるのはうれしい限りだ。陸奥最北端の城柵として803(延暦22)年に築かれたものの、雫石川の水害を受けて約10年後には徳丹城(岩手県矢巾町)に役割を移したとされる短命の城柵だが、調査により全容が明らかになっている。規模は多賀城に匹敵し、外側は1辺928メートルの大溝、1辺840メートルの築地塀で囲まれていた。政庁の四方には門があり、門の外から中が見えないような目隠し塀も建っていたようだ。政庁の周辺には、役人が実務を行う官衙(かんが)があった。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

志波城の復元された外郭南門。築地塀と大溝で囲まれていた

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

徳丹城。志波城から移設した理由は、雫石川の度重なる水害ともいわれる

払田柵(秋田県大仙市・美郷町)も、よく整備されている。9世紀初頭に創建され、10世紀後半まで存続したと考えられている城柵だ。規模や威容は多賀城や秋田城に匹敵するのだが、当時の名称も明らかではない謎めいた城柵だ。しかし発掘調査により全体像が徐々に明らかになりつつあり、軍事的、政治的な要素を兼ね備えた国の役所であるとともに、鉄の生産や鍛冶(かじ)、祭祀(さいし)も行われていたとみられている。

ガイダンス施設ではわかりやすい映像の上映もしている。外柵南門や角材列、南大路、橋が復元され、往事の姿を追体験できるようになった。南大路東・西建物の復元・表示や、張芝・植栽、河川敷なども整備されている。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

復元された、表門にあたる外柵南門。高さは9.7メートルを誇る

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

外郭南門跡。両脇には石塁が積まれていた

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

外柵の線を示す表示

平安時代後期の「後三年の役」の舞台として知られるのが、金沢柵(かねざわのさく、秋田県横手市)だ。出羽の豪族・清原氏を源義家が攻め滅ぼして奥州藤原氏が登場する契機となった戦いで、源義家と清原清衡の連合軍が清原家衡・武衡が籠城する金沢柵を陥落させたといわれている。正確な位置は特定されておらず別の丘陵である可能性もあるが、金沢公園内の金沢八幡宮がその場所と推定されている。

このように、城柵は建物も残らず所在地が不明なところも多いが、その分ロマンがある遺跡だ。東日本の歴史探訪には欠かせない。

多賀城、志波城、払田柵…、古代ロマンあふれる東日本の城柵

金沢柵の推定地とされる、金沢八幡宮

(この項おわり。次回は8月19日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト

■多賀城
http://www.thm.pref.miyagi.jp/kenkyusyo/guidance.html

■志波城
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/moriokagaido/rekishi/1009476/1009500/index.html
(盛岡市)

■徳丹城
https://www.town.yahaba.iwate.jp/siryoukann/09-00-00%20tokutan.html(矢巾町)

■払田柵
http://www.pref.akita.jp/hotta/what/what.html(秋田県教育庁払田柵跡調査事務所)

■金沢柵
https://www.city.yokote.lg.jp/kanko/page300091.html(横手市)

 

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

萩原さちこ

小学2年生のとき城に魅了される。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座などをこなす。著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『戦国大名の城を読む』(SB新書)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波ジュニア新書)、『図説・戦う城の科学』(サイエンス・アイ新書)など。webや雑誌の連載多数。

奈良時代の水洗トイレが! 最北の「古代城柵」秋田城

一覧へ戻る

世界遺産・二条城の非公開施設で絶品ゆば粥 この夏限定のお楽しみ!

RECOMMENDおすすめの記事