太公望のわくわく 釣ってきました

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、釣りライターの安田明彦さんが、神戸市須磨区から、夏の恒例、キス釣りに挑みました。前夜の寝不足がたたって、船上でついうとうとした、安田さんの釣果は――。

夏の恒例、キス釣りの大会

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

屋根つきの船だと日差しが遮られ、多少は楽に釣りが楽しめる

年に1度くらいしかしないものの、楽しみにしている釣りがあります。
神戸市須磨区から出発する、船からのキス釣りです。釣り仲間と船を貸し切り、大会と称して2尾の長寸と数を競うのです。和気あいあいとした中にも、緊張感が漂うものです。

今年はくしくも、7月7日、七夕の日に開催となりました。
集まったのは18人、抽選で釣り座を決め、私はキス釣り初心者の女性「ユキちゃん」と投げ釣りを中心に活動している福田智之さんの間に入り、2人に教えながら釣る形となりました。

夏の釣りにはうれしい曇天、べた凪

キスは、海底近くを泳ぐ魚なので、釣りは、きっちりと底が取れるかどうかが基本となります。
曇天無風、べた凪(なぎ)と、船酔いの心配はなさそうです。船酔いしながらの釣りはつらいですからねー。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

夏の釣りには、曇天が最高のお天気

幸い、潮の流れもゆるく、コトンッ!という竿(さお)を通しての感触が、見ている私にも伝わってきます。これなら、初心者でも、簡単に底が取れます。

オモリで底をトントンと小突くように、竿先を上げては下げるを小刻みにやって見せます。小突き釣りとも呼ばれるのは、そのためです。オモリを小突くことによって、海底では砂煙、泥煙ができ、キスがその煙に興味をひかれて近寄ってくると言われているのです。エサが動くためキスが食いつきやすくもなります。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

晴れ間には、明石海峡大橋がくっきりと

どんな釣りも、海中の状態を想像しながらいろいろなことを試した結果が、釣果に結びつくのです。とはいえ、自然相手のため、結果が思うに任せないことも多々ありますが……。

「釣りは待っているだけで退屈」と言われますが、きちんと釣り方を教えてもらっていないと、そうなります。実際にはやることがいっぱいあり過ぎて、帰宅してから、あの時こうしていたら、もっと釣れていたのかも、と反省することも、しょっちゅうあります。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

暑い時期には、エサのアオイソメは木製エサ箱へ。こうすると、エサの元気が長持ちする

さて、この日の当たりパターンを探るべく、小突きの回数、仕掛けを海底から上げる幅など、いろいろ試してみます。ポツリポツリとキスが釣れます。その都度、2人に、今こうしたら釣れたよと伝えるのですが、2人はまだ、暗闇のなかです。

エサの刺し方もキス釣りのポイント

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

エサはヌルヌルしていて刺しにくい。そんな時は石粉をまぶすと滑り止めになる

エサの刺し方も、キス釣りでは重要です。
船で配られたエサはアオイソメ。頭をはさみで切り落とし、つまようじくらいの長さにカットし、ハリの軸にまっすぐになるように刺します。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

ハリの軸に対して真っ直ぐ刺すと、エサの回転が防げる

ハリ先は出しておきます。エサがハリ先の所で折れ曲がっていると、その部分で変な回転が起き、仕掛けが絡みやすくなるのです。長すぎるエサもよくありません。キスにエサの端っこだけ食い逃げされることが多いからです。

睡魔には勝てず、ついうとうとと……

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

この日は小型が多く20センチを超えるキスは皆無。もう、目が眠たそうな筆者

私は前夜の睡眠時間が短かったこともあり、徐々に睡魔が襲ってきます。
2人ともキスの顔は拝めて、一安心。私は14尾釣ったところで、こんな感じで釣りしてたら釣れてくると思います、と2人に言って、しばし休憩タイムに。釣り大会中というのに、まぶたが開かなくなってしまいました。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

プレジャーボートが集まるところがキスのポイントだった

その間、キスの釣れるポイントをめざし、船長は転々と移動を繰り返していたようです。気がつけば、1時間ちょっとはいい気分になっていたようです。ユキちゃんは順調にキスを増やし、サイズも大きくなっています。福田さんも、片手はいったようです。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

福田さんは後半追い上げ、1回に2尾釣り上げるダブルも

べた凪で、プレジャーボートが集結しているところが、キスもよく釣れていました。そのポイントを重点的に流し、潮もよくなってきたのか、アタリが多くなってきました。

大会の審査は「2尾長寸」なので、釣り歴に関係なく上位を狙えます。ほかのメンバーの様子をうかがいに船中を回ると、特別大きなサイズは出ていません。20センチ以内が多く、熾烈(しれつ)な争いになりそうです。数では20尾を超える人が数人いましたが、例年に比べると、サイズも数も、低調な感は否めません。

私は競技終了までに3尾追加し、17尾で終了です。結果は7位。賞品は夏にぴったり、そうめんの詰め合わせでした。

キスは定番の天ぷらに。骨は骨せんべいにして、夕食のおかずに。大きいキスが釣れたら刺し身にするのですが、これは来年にお預けですね。

キスの刺身は、身が甘くて大変おいしいですよ。大きなキスが釣れたら、糸造りに挑戦してみてくださいね。

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

  • 釣り大好きライター陣

    安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

  • 安田明彦

    釣りライター
    1959年大阪市生まれ。父親の影響で子供のときから釣りが大好き。大学卒業後、釣り週刊誌の記者、テレビの釣り番組解説者などを務め、「やっさん」の愛称で親しまれる。あらゆる釣りを経験するが、近年は釣って楽しく、食べてもおいしい魚だけを求めて行くことが多い。釣り好き、魚好きが高じて、大阪市内で居酒屋「旬魚旬菜 つり宿」を営んでいる。

東京湾で船が大渋滞 銀色に輝くタチウオを追え! 神奈川県横須賀市

一覧へ戻る

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

RECOMMENDおすすめの記事