天草ホテル亀屋グランドオープン 九州エリア三つ目の大江戸温泉物語PR

全国に37カ所もの温泉宿・温泉テーマパークを展開する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ(本社:東京都中央区)から38カ所目となる「天草ホテル亀屋」(熊本県上天草市)が8月1日にグランドオープンした。九州エリアでは「長崎ホテル清風」(長崎県長崎市)、「別府清風」(大分県別府市)に次ぐ三施設目のオープンとなる。

天草ホテル亀屋グランドオープン 九州エリア三つ目の大江戸温泉物語

大浴場露天風呂から見える天草の海

天草ホテル亀屋グランドオープン 九州エリア三つ目の大江戸温泉物語

大江戸温泉物語の魅力のライブキッチン

天草ホテル亀屋は旧亀屋ホテル華椿(はなつばき)をリニューアルした宿泊施設で、天草の海を一望できる絶景の大浴場や自家源泉の天然温泉を使用するなど、もともとの良さを残しつつ、大江戸温泉物語ならではの地元食材や郷土料理をメニューに取り入れた朝夕のバイキング、目の前でステーキや天ぷらを調理してくれるライブキッチンといった特徴を融合させた宿泊施設になっている。
大人数で宿泊し、おいしい食事を囲んでわいわいとにぎやかに楽しむことができる点も大江戸温泉物語の魅力の一つだ。

天草ホテル亀屋グランドオープン 九州エリア三つ目の大江戸温泉物語

客室からも天草の海を見渡すことができる(西館客室 特別室)

9月1日からはホテルまでのアクセスはJR熊本駅からの往復直行バスが毎日出ており、九州新幹線を使用すれば博多や鹿児島からのアクセスも良好。電車でお越しの方はJR熊本駅から三角線に乗り換え、終点のJR三角駅が最寄り駅となる(三角駅からは車で20分。三角駅から予約制で無料の送迎バスあり)。

熊本県の天草地方は2018年6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産へ登録された。歴史に触れ、温泉につかっておいしい食事も堪能できる、観光地としてもホスピタリティの高い天草地方へぜひ足を運んでみて欲しい。

【概要】
住所:熊本県上天草市大矢野町中4463-2
総客室数:76室
宿泊料金:平日利用4名1室 7,980円/名~
お問合せ:0570-034268
HP:https://amakusa-kameya.ooedoonsen.jp/

 

高雄から知本温泉へ、旅行作家・下川裕治が行く、台湾の超秘湯旅7

一覧へ戻る

百歳の人たちに囲まれる「ふるさと」 北鎌倉

RECOMMENDおすすめの記事