太公望のわくわく 釣ってきました

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、全国的に知られる底物師・木村俊一さんが、和歌山県の紀伊大島でイシガキダイとカワハギ釣りに挑みました。

台風一過でようやく釣行

磯のイシガキダイが盛夏から初秋にかけての高水温時は活発な食いをみせてくれる。和歌山県・紀伊大島は周囲が絶好の磯釣り場だ。本州最南端・潮岬の東側に位置していて広大な磯釣り場を有する。そこで紀伊大島・須江地区へ出かけようと考えた。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

くしもと大橋島内側から出雲崎方面を望む

ところが7月、梅雨明けと同時に台風が発生。しかも、日本列島へ向かって進んできた。台風の通過後、もう8月が目前という時になってやっと釣行の機会に恵まれた。串本町・浅海から、くしもと大橋を渡って紀伊大島へ。島内の道路には渡船店の標識が立てられているので、それに従って走れば渡船基地の白野港へ着く。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

白野港。ここから磯を目指した

紀伊大島・須江地区の渡船は、3か所を3つの渡船が日替わりで磯割り(担当)している。今回、私が利用した「しょらさん渡船」は通夜島・タライの磯回りだった。船長と話をしていると「タライが回りですが、タライよりもビシャゴの奥がいいですよ。昨日もイシガキダイが4匹上がっています。エサを打ち込んだので確実だと思います」とのこと。

渡船船長の読みが的中

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

夜明けの美しい景色を見ながら白野港を出港。わくわくする

ビシャゴの奥へ渡ることにして、夜明けに出港。美しい景色を見ながら目的の磯へ。幸いお天気も回復していて波もない。岩場が平らになった足場のいい場所にサオ掛けを打ち込む。当日用意したエサはガンガゼウニ。ハサミでトゲを切り取って使う。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

トゲを切り取ったガンガゼウニ

14~15メートルのタナからストンと落ち込んで23~25メートルの深場になっている。潮は前方の離れ岩礁ウジマとの間を南方向へ流れている。深場へ仕掛けを入れてみると、オモリが着底してほどなくアタリが。本命だ。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

渡船から見た当日のポイント(真ん中)。左に離れの岩礁ウジマが見える


紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

ビシャゴでイシガキダイのアタリを待つ

最初はコツンコツンとサオ先を揺らす程度だったが、次第に激しくなる。ググーッと大きくサオ全体を引き込むようなダイナミックなアタリに変わった。合わせ時だ。サオを握って大きくあおる。バッチリ掛かって強い引きが伝わってくる。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

イシガキダイを豪快に抜き上げる

海面に浮かせたのはイシガキダイだった。40センチの良型だ。ここからイシガキダイが7~8匹連発する。噴き出す汗も苦にならない釣りを楽しませてもらった。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

このクラスのイシガキダイが連発で当たってくる

ついでにカワハギも狙ってみる

ここでもう一つの楽しみを試してみることにした。紀伊大島はカワハギの多いところだ。食べておいしいカワハギは釣友たちの間でも人気がある。イシダイ仕掛けの天秤のところに市販のカワハギ7号、ハリス4号の仕掛けをスナップ付きサルカン(糸と糸をつなぎ、よりも戻す器具)で掛けるだけ。エサは冷凍のボイルアサリだ。

さっそく仕掛けを入れると、ハコフグ、イソベラ、ニザダイと外道ばかり。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

カワハギ仕掛けにかかった外道のハコフグ

根気よくエサ打ちを続けるとようやくカワハギが姿を見せてくれた。いつもなら1投目から掛かってくるぐらい多く、5~10匹はアッという間に釣れる。だが、この日は珍しくアタリが遠い。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

ようやく釣れたカワハギ

そこで、再びイシガキダイを狙うことにした。魚が警戒して釣り上げるペースは落ちたものの、ずっと当たり続ける。お昼の納竿までに30~42センチのイシガキダイが12匹もの好釣果になった。イシガキダイがこれほど釣れることも珍しい。海のシケ状態が続いていたため、釣りのポイントを休めていたからかもしれない。

紀伊大島でイシガキダイ爆釣 カワハギも試した 和歌山県

当日釣れた一番大きなイシガキダイ

帰路、くしもと大橋際の公園でひと休み。ここから串本町本土の街並みを眺めていると、のんびり落ち着いた気分になる。紀伊大島はトルコと深い絆を持つ島、時間が許せばトルコ記念館に立ち寄ってみるのもいいかも。

帰宅後、イシガキダイはお造りに、カワハギは煮つけに。釣り人ならではのぜいたくな食膳となった。

■しょらさん渡船
http://www.syorasan.jp/

バックナンバー

>>連載一覧へ

PROFILE

  • 釣り大好きライター陣

    安田明彦、猪俣博史、西田健作、石田知之、木村俊一

  • 木村 俊一

    1952年生まれ。兵庫県尼崎市で底物釣り専門店「木村商」を経営する。イシダイやイシガキダイなどの底物釣りでは全国的に知られる専門家。

船からキス釣り、うっかり居眠り、釣果は?! 神戸市須磨区

一覧へ戻る

グロテスクな私……「照りゴチ」です マダコ爆湧きの東京湾で

RECOMMENDおすすめの記事