あの街の素顔

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

今年は日本・ポーランド国交樹立100周年の年。幾重にも重なる歴史を乗り越えてきたポーランドは親日国としても知られるが、この国の料理って一体どんなの? 日本でお目にかかることはそうないし、イメージが湧かないという人がほとんどだろう。

実はポーランドの「ポー」は平原を意味する。日本より少し小さい国土のほとんどは平らで農地面積が広い。農業や畜産がとても盛んなので食料自給率が高く、野菜は新鮮、ソーセージやチーズも絶品だ。しかし、それだけにはとどまらないポーランドグルメを食べ歩いてきた。(文・写真/鈴木博美)

【関連記事】
ショパンの心臓に岩塩の礼拝堂! ポーランドで必見の教会5選

1.「脂の木曜日」に食べまくる! ポーランド人が愛する揚げドーナツ

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ポーランド国民が愛してやまないのが丸形のドーナツ「ポンチキ」。その証しに、ポーランドでは「脂の木曜日」という日にポンチキを食べまくる。「脂の木曜日」はキリスト教における四旬節と関係した行事。四旬節の期間中(40日間)はぜいたくをすることが控えられていたため、ポーランドでは、その前に大好きなポンチキを食べ納めようということのようだ。この日に一つもポンチキを食べないと不幸が訪れるとまで言われている。

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

そんなポンチキは一見あんドーナツのようだが、カリッとした表面の食感、中はふかふかで香り高いバラのジャムが入っているのが特徴。揚げたてがもっともおいしいので開店時間を狙おう。1個100円ほどで最近はクリームやチョコレートなどフレーバーが豊富だが、ここはあえて定番のバラジャムにこだわりたい。

人気のポンチキ専門店

Cukiernia Pawłowicz
住所:Chmielna 13 Warszawa
営業時間:月-金9:00-20:00、土日10:00-20:00

2.水ギョーザそっくりの伝統料理

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ポンチキ同様に国民食といえるのが、水ギョーザそっくりの見た目のピエロギだ。日本のギョーザより厚めの皮にひき肉やチーズ、きのこなどの具材が包まれ、店によってソースも様々。スープに浮かんでいるものやさくらんぼを包んだデザート風などもあり、バラエティーに富んだ楽しい食べ物。

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ピエロギは郷土料理のレストランなら必ずあるし、街なかにはピエロギ専門店も多く見かける。ワルシャワの人気スポットでもある市場「ハラ・ミロフスカ」にも手作りピエロギ屋がいくつかあり、その場で温めてくれる店もある。

ワルシャワの台所「ハラ・ミロフスカ」

Hala Mirowska
住所:plac Mirowski 1 Warszawa
営業時間:7:00-20:00 日休

3.ベーグルの元祖!? 古都クラクフ名物のパン

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ポーランドには、ニューヨーク名物・ベーグルの元祖という説もあるパン、オブヴァジャネックがある。パン生地を最初にひねってからリング状の形に整え、発酵後に一度ゆでてから焼きあげるベーグルプレッツェルを足して割ったようなパンだ。目の詰まったもっちりとした食感は、ほのかに甘みを感じるシンプルな味わいが特徴。1個で十分おなかが膨れる。

このパンの発祥の地とされるクラクフの旧市街では移動式の青いワゴンでオブヴァジャネックを販売しているが、朝のパン屋で買うできたてのオブヴァジャネックも絶品。ここでしか食べられない名物のパンをぜひお試しいただきたい。

4.ポーランドのみそ汁? 酸味がクセになるスープ

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ライ麦を発酵させた液体から作るやや酸味のあるスープ、ジュレック。酸味がある分、好き嫌いは分かれるが、日本通のポーランド人が「ポーランドのみそ汁」と言うほど、現地では一般的な料理だ。家庭料理なので具材や作り方は家庭により多少異なる。通常は、ソーセージかゆで卵、もしくはその両方が入っている。さらにパンをくりぬいた器に入れて出すレストランもある。食べる直前に西洋わさびを入れると味が締まってさらにおいしい。

5.最もポピュラーなポーランドの家庭料理

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ヨーロッパで広く食べられている「シュニッツェル」のポーランド版、コトレット・スハボーヴィ。いわゆるカツレツだ。ジュレック同様、ポーランドを代表する家庭料理のひとつである。塩コショウで味付けした肉を薄くたたいて衣で包み、両面がキツネ色になるまで揚げ焼きにする。付け合わせはゆでたジャガイモ(またはフライドポテト)とカプスタ・キショナというキャベツの漬物が定番だ。

「シュニッツェル」のポーランド版はここ!

Dawne Smaki
住所:Nowy Świat 49 Warszawa
営業時間:月–木12:00~24:00、金・土12:00~翌1:00、日12:00~23:00
http://dawnesmaki.pl

6.ベイクドチーズケーキはポーランドが発祥!?

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

乳製品がおいしいポーランドで見過ごすわけにはいかないのがチーズケーキ。甘すぎず濃厚な味わいで、巨大サイズでもペロリと食べられる。世の中のベイクドチーズケーキの原形は、ポーランド南部の山岳民族の郷土菓子「セルニック」と言われている。セルニックとはポーランド語で「チーズケーキ」という意味。オブヴァジャネック同様、ポーランド移民によってアメリカに持ち込まれ、世界に広がったという説がある。

チーズケーキがおいしい店

E. Wedel Chocolate Lounge
住所:Szpitalna 8 Warszawa
営業時間:月-金8:00~22:00、土9:00~22:00、日9:00~21:00
他、国内に多数店舗あり
https://www.wedelpijalnie.pl

7.民芸品みたいなユニークな見た目のチーズ

「脂の木曜日」に食べるもの…、日本人の知らないポーランドグルメ7選

ポーランド南部の山岳地帯で作られる伝統的な燻製(くんせい)チーズ、オスツィペック。羊のミルクで作られており、円錐(えんすい)形に模様が入っている。ユニークな見た目は一瞬、木彫りの民芸品と見間違うほど。しっかりとした食感と塩気が特徴で、スライスしてフライパンで軽く焼いて食べると、チーズがトロッとしてとてもクリーミー。地元では焼いたチーズをクランベリージャムと一緒に食べるそうで、塩気と甘酸っぱいジャムがよく合う。チーズ好きならぜひ試していただきたい。クラクフ以南で購入できる。

取材協力

ポーランド政府観光局
https://www.poland.travel/ja
LOTポーランド航空
https://www.lot.com/jp/ja/

LOTポーランド航空は日本–ワルシャワ間をボーイング787ドリームライナーで運航中。プレミアムエコノミークラスは、お手頃な価格でシートはエコノミーの1.5倍の広さ。高水準の機内サービスを約束する新感覚のクラスを体験したい。

【関連記事】
ショパンの心臓に岩塩の礼拝堂! ポーランドで必見の教会5選

PROFILE

  • 「あの街の素顔」ライター陣

    こだまゆき、江藤詩文、太田瑞穂、小川フミオ、塩谷陽子、鈴木博美、干川美奈子、山田静、カスプシュイック綾香、カルーシオン真梨亜、シュピッツナーゲル典子、コヤナギユウ、池田陽子、熊山准、藤原かすみ、矢口あやは、五月女菜穂、遠藤成、宮本さやか、小野アムスデン道子、石原有起、高松平蔵、松田朝子、宮﨑健二、井川洋一、草深早希

  • 鈴木博美

    旅行業界で15年間の勤務を経てフリーの旅行家に。旅を通じて食や文化、風土を執筆。日本航空機内誌のほか、新聞雑誌等に海外各地の旅の記事を寄稿。著書に一人旅に役立つ電子書籍「OL一人旅レシピ」インド編、カンボジア・ベトナム編、エジプト編、世界中のおいしい料理をおうちで作る「いつもの食材で作る世界の料理レシピ」。ブログ「空想地球旅行」で旅のあれこれを発信中。

日本にはない水上交通のメリットを堪能「ザ・ペニンシュラ・バンコク」

一覧へ戻る

ビンテージ×モダンクリエーティブ エストニアのタリン バルト駅周辺

RECOMMENDおすすめの記事