カメラと静岡さとがえり

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

スリランカと日本を拠点に活躍する写真家の石野明子さんが故郷を撮り歩く連載、「カメラと静岡さとがえり」が始まりました。その初回は、だしが黒い静岡市のおでん。駄菓子代わりに愛される「昼の店」と、お酒のつまみになる「夜の店」に潜ってきました。
フォトギャラリーはこちら

駄菓子屋感覚の老舗「大やきいも」

学生時代、授業が終わった解放感にワクワクした土曜日の午後、あるいは、友達と一緒に夏休みのプールから帰る途中、さらには、日増しに暗くなる時間が早くなる冬の帰り道。誰にでもそんな子供時代の思い出が心の中にあると思う。静岡市民の場合、その思い出に、必ずと行っていいほどおでんがついてくる。駄菓子のような、お小遣いでも買える子供の味方――。

そんな話をしてくれた静岡市出身の夫とつきあい始めた頃、彼が連れて行ってくれた、葵区の「大やきいも」。創業は明治時代になる。最初は焼き芋(いも)のお店だったが、焼き芋の時期以外におでんを始め、今はどちらも名物になっている。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

木造平屋建ての「大やきいも」。左の煙突は焼き芋のためのもの

のれんをくぐると、使い込まれた梁(はり)は色濃く、柱時計が振り子を揺らし、懐かしい雰囲気が心をくすぐる。入り口そばに、おでんのお鍋。だしは牛すじと昆布をベースにした、創業以来の店の宝だ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

牛すじと昆布がベースのだし

おでんの値段は100円と150円の2種類だ。とても手間をかけている。例えば人気のジャガイモは、洗って1日乾かし、釜で蒸し1日冷ます。3日目にやっと鍋に入れる。そうすることで型崩れせず味が染み込むそうだ。手間と思いも、きっとおでんに染みている。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

好きな串を店員さんに取ってもらう

店員さんに好きな具をとってもらい、カツオのダシ粉をかけ、お好みでからしをちょっと。そういえば、おでんの定番・大根が見当たらない。聞くと大根はだしが薄まってしまうので入れないそうだ。「リクエストはありますが、これもうちの個性ですから」と四代目店主の中村修身さん。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

牛すじ150円、じゃがいも100円、すじ(魚の練り物)100円


駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

おでんとかき氷の食べ合わせは静岡では当たり前

ここのおでんには、ほかにはない優しさとか包容力を感じる。お店の真ん中には小上がりの畳の席があり、いつも子供連れのお客さんでにぎわっている。2歳の女の子を連れた女性は「安心してあげられるし、この子ここのジャガイモがすきなんです」とのこと。作っている人の顔がわかり、かつ手間がかかったものを子供にあげられるって、とてもうれしい。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

お座敷席は子供連れに人気

私はここのおにぎりも大好きだ。紙に名前と具と個数を書き込んで注文箱へ。しばらくすると厚みがあって白いふくふくしたおにぎりをおばちゃんが運んできてくれる。店員さんは女性ばかり。それは先代だった中村さんの母の代からの方針だそうだ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

注文が入ってから握るほかほかおにぎり

涼しくなったら、大きな釜でじっくり焼かれる焼き芋を。中村さんは木材のチップで火力を調節しながら、三つの釜を交互に使って芋を焼いていく。作業部屋を見せてもらったが、蒸気機関車の乗組員が石炭を休みなくくべる作業に似ている。想像するだに過酷だ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

焼き芋のための釜の形は江戸時代に考案されたそうだ

「自分の子供を連れて来たかったとおっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。そんなお客さまの思い出を壊さないように、そして小さなお客さまにもまた新しい思い出を持って帰ってもらえるように努力するのみです」と中村さんは言う。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

四代目の中村さん、若くしてお店を継いだ三代目の母の背中をいつも見ていた

大やきいも
静岡市葵区東草深町5-12
054-245-8862
定休日 月曜・第二火曜日
10:00〜18:00(17:30以降は持ち帰りのみ)
※2019年8月現在の情報です。

夜はお酒とともに ふたつのおでん屋街

静岡おでんは夜も楽しめる、代表的なのは「青葉おでん街」と「青葉横丁」。静岡駅から歩いて10分ほどの所にある。かつては近辺に200以上のおでん屋台があったが、開発で昭和30年代はじめにほとんどが姿を消した。一部は二つのおでん街に移転し、今も屋号を守っている。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

青葉おでん街の入り口

日が沈むころ、「青葉おでん街」入り口のちょうちんに明かりがともる。ここにはおでん居酒屋が20軒ほどひしめきあっている。少し開いた引き戸からお店の中をのぞき、どの店にしようかと行ったり来たり。すると、「いらっしゃーい」「寄ってって!」と、中から人なつこい声がかかる。

カウンターのみ7、8席、という店がほとんど。2、3軒はしごして食べ比べるのがおすすめだ。焼酎の静岡茶割りや、イワシで作った黒はんぺんのフライなど、このかいわいならではのものも味わえる。

ママのおもてなしがうれしい「みすず」

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

青葉おでん街の「みすず」。話題豊富なママ

迷ったあげく、この日最初に入ったお店は、入り口近くの「みすず」。短く髪を刈り上げた料理自慢のママがいる。「青葉おでん街で一番数が多い」をうたうおでん鍋に、豊富な種類のおでんが入っている。お通しはママ手作りのつまみが5種類も! 静岡の旬が楽しめる。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

静岡市に本社があるプラモデルメーカー、タミヤのロゴ入りグラスで乾杯


駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

100円のおでんには串が1本、200円のものには串が2本刺さっている

話題豊富なママのおかげで1人でもさびしくない。やがて地元の人や東京からのお客さんもやってきた。「どこから来たんですか?」をきっかけにお客さん同士の会話が始まり、食べたおでんの感想を言い合い、次のおでん種を試す。たまごは殻つきのまま煮込んである。ひびを入れた殻付きゆで卵を入れると、柔らかいまま味が染み込むそうだ。瓶ビール、お通し、おでん2種で1100円なり。「はしごもいいけど気をつけて帰りなよー」と、ママとお客さんが笑顔で送り出してくれる。

みすず
静岡市葵区常磐町2-3-6
054-255-9378
16:30〜

常連さんと乾杯 「みよしの」

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

「みよしの」の真っ黒なダシは牛すじベース

次に入ったのは「みよしの」。おでん鍋の真っ黒なだしに度肝を抜かれる。静岡おでんはだしの黒っぽいことが特徴だが、ここのはかなり黒い。同じ静岡県内でも私の出身地浜松市のおでんだしは透明でさらっとしていてだしも楽しむ。だが、静岡おでんは、だしと一緒には食べないスタイルなのである。ほとんどのお店がだしは継ぎ足し。だからおだしをください、とは言ってはいけない。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

抹茶入り「静岡割り」で乾杯!

カウンターに座ると常連さんが「ここを選んだのは大正解!」と出迎えてくれた。皆で抹茶入りの「静岡割り」で乾杯。「おすすめをください」と言うと、マスターが「はいよ〜」と黒光りした牛すじと高さ10センチはありそうな大根をよそってくれた。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

九州出身のマスター、静岡のものはもちろん自慢の九州の味も楽しめる

牛すじベースのだしが染み込んだ大根は、箸ですっと切れるほどの柔らかさ。牛すじも大きいのにほろほろ。真っ黒なのに、こってりしてくどいわけではないのが不思議だ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

大根と食べごたえのある大きな牛すじ

隣の常連さんがお刺し身をおすそわけしてくれた。新鮮でかなりの厚切り! お腹をすかせてきても問題なしのお店だ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

刺し身も「みよしの」の自慢だ

会計を済ませ店を出ると、引き戸の中から「取材頑張ってね〜」と声がかかる。近所だったら常連になりたい。金曜日の夜だったせいかどのお店もいつの間にかにぎやかになっている。1人で訪れるのは少し緊張したけれど、おでんのように温かいおもてなしで、懐の深い青葉おでん街なのだった。

みよしの
静岡市葵区常磐町2-3-11
054-255-6776
16:30〜

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

次はどのお店に入ろうか

さて、もう一軒。目と鼻の先にある「青葉横丁」にもお邪魔してみよう。こちらも静岡おでんが楽しめる昭和な横丁、ぜひお試しあれ。

駄菓子の代わりに、お酒のお供に だしの黒い静岡おでん

青葉横丁。どのお店からもにぎやかな声が聞こえた

フォトギャラリーはこちら

PROFILE

石野明子

2003年、大学卒業後、新聞社の契約フォトグラファーを経て06年からフリーに。13年~文化服装学院にて非常勤講師。17年2月、スリランカ、コロンボに移住して、写真館STUDIO FORTをオープン。大好きなスリランカの発展に貢献したいと、その魅力を伝える活動を続けている。2019年4月にイカロス出版よりガイドブック「五感でたのしむ! 輝きの島スリランカへ」(税込み1760円)が出版された。
http://akikoishino.com/
http://studio-fort.com/

一覧へ戻る

築90年の古民家リノベ SL走る里の農家民宿「いにしえの風」

RECOMMENDおすすめの記事