あの街の素顔

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

大阪がワインの生産地だと、ご存じでしたか? 実は100年以上の歴史を誇るのです。意外な街の隠れた名物、どんなワインなのでしょう。(文・写真:江藤詩文)

発売後10年近いロングセラー

「世界中の飲み物のなかで、シャンパンが一番好き」。東京のワインビストロで、酔っぱらった勢いで恐れ知らずの雑談をしていたときのこと。お店の主人がこう言いました。「大阪には、たこ焼きに合わせるためだけに醸造されたスパークリングワインがありますよ」

最初は炭酸飲料にアルコールを入れただけのジョーク商品と思いました。大阪土産として「面白い恋人」なるお菓子をもらって以来、大阪の商品は「アイディアがすべて!」というイメージが……。

ところが、このスパークリングワインは、発売からもう10年近いロングセラー商品で、本格的な味わいの泡として大阪ではすっかり定着。大阪の家庭ではよく見かけるたこ焼き機でたこ焼きを焼き、この泡を飲んでいる、というのです。全然知らなかった。というわけで、たこ焼き用スパークリングワイン、商品名「たこシャン」を探しに大阪へ旅立ちました。

たこ焼き店で飲んでみた

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

「くくる 宗右衛門町店」で目的のたこシャンをお試し。スタンダードなたこ焼き以外に、トマトとバジル、チーズソースとパルメザン、わさびと刻みのりといった変わりたこ焼きのバリエーションもありました

やって来たのは、大阪みなみのたこ焼き店「くくる 宗右衛門町店」。しゃれた見かけのたこ焼きをシャンパン(あるいはスパークリングワイン)と合わせるスマートなバー……ではなく、繁華街の道頓堀川沿いにあり、イートインもテイクアウトもできるバリバリ観光客向けのお店です。

カウンターには「たこシャン」のボトルがずらり。さっそく味わってみると、プラカップで飲むのがもったいなく感じる泡立ちに、昼飲みにぴったりのさわやかな軽やかさです。ぶどうの品種は、食用としてスーパーなどでもおなじみのデラウェアで、本場シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵をさせているとのこと。いったいどんなワイナリーなのでしょうか。

百余年の歴史をほこるワイナリー

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

近鉄安堂駅から徒歩10分弱の住宅街にあるカタシモワイナリー


このユニークなワインを造る「カタシモワイナリー」は、大阪府柏原市にある、1914年に創業した由緒正しいワイナリーです。明治初期、高井利三郎さん(現在代表を務める高井利洋さんの曽祖父)らが、ぶどう栽培に適した堅下村(当時)の南斜面を開拓し、大阪におけるぶどう栽培の黄金期を築き上げました。1914年には、祖父の作次郎さんが、現在のワイナリーの前身となる「カタシモ洋酒醸造所」を設立。現代表の高井利洋さんは、ぶどう栽培4代目、ワイナリー3代目の後継者です。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

ワイナリーのある柏原市の民家では、およそ300年前から「日よけ棚」として庭にぶどうの木を植えてきたそう。古寺の瓦にもぶどうの文様が刻まれているなど、ぶどうが身近にあったことがうかがえます

現在では、ぶどうの産地といえば山梨や長野、岡山などが頭に浮かびます。ところが高井さんによると、今から約100年前の大正から昭和にかけて、ぶどう栽培は大阪の一大産業で、生食用のデラウェアを中心に栽培面積全国1位を誇ったこともあったそうです。最盛期には大阪府に119、柏原市に50以上のワイン醸造所がありましたが、輸入ワインや甲州ワインに押されて数が減っていきました。

高井さんが後を継いだ当時はカタシモワイナリーの収益も低迷し、先代だった父が苦肉の策としてつくった冷やしあめやぶどうジュースの売り上げに頼っていたそうです。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

新しい品種を実験的に栽培したり、地元産ぶどうの生産量を増やしたりするために、農家の高齢化などにより手入れのできなくなった畑を引き継ぎ、ぶどうを栽培

増え続ける耕作放棄されたぶどう畑を見て、「大阪のぶどう畑を守り、柏原をワインで盛り上げたい」と考えた高井さんが着目したぶどうが、柏原の主力ぶどう、デラウェアでした。

ワイン向きとされぬブドウを使ったわけ

一般にデラウェアは、「フォクシーフレーバー」と表現される独特の匂いがあるため、ワイン造りには向かないと考えられています。それでも高井さんは、ワインはその地域に根ざした土地の味「テロワール」を味わうものという信念から、デラウェアを使ったワイン造りに着手。「まずは大阪のみなさんに大阪のテロワールを味わっていただき、地元の伝統文化に目を向けてもらうきっかけになってほしい」と、大阪のソウルフードであるたこ焼きに合わせる気軽なワインとして、「たこシャン」を開発しました。

「たこシャン」には、そんな高井さんの熱い思いが込められていたのです。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

高井利洋さん(左)と、娘で後継者の麻記子さん。ファンとのつながりを大切に、ワインツーリズムを発展させたいと、国指定文化財の貯蔵庫に歴史的器具を展示したテイスティングルームを設けたり、予約制のワイナリー見学を毎月開催したりしています

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

カタシモワイナリーの代表的銘柄。右が小売用のたこシャン。デラウェアを使った「ジャパニーズグラッパ」や、自社最上の畑で減農薬栽培したぶどうだけを使った「芹田上畑」など(写真は取材時のワイン。現在は完売品、他の商品あり)

2012年には大阪ワイナリー協会を設立して、初代会長に就任するなど、現在も大阪のワイン文化の保護・発展と街づくりに尽力する高井さん。2018年4月には、高井さんたちの働きかけで、大阪府羽曳野市にある「大阪府立環境農林水産総合研究所」に、西日本初となるぶどうとワインの専門研究施設「ぶどう・ワインラボ」がオープンしました。これからぶどうの生産者やワイナリー関係者らが一丸となって、大阪の風土に合ったぶどうや大阪の食文化とマッチするワイン造りを進めていくそうです。

アーバンワイナリーの先駆けも大阪に

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

大阪市中央区島之内の「島之内フジマル醸造所」は地下鉄松屋町駅から徒歩1分と好立地。地下1階と1階がワイナリーとワインセラー、2階がワイン食堂で、醸造所を眺めながら食事を楽しめます

高井さんは現在、次の世代を育成しようと、ぶどう栽培やワイン醸造の技術を惜しみなく伝授しています。高井さんの元で学び、日本のアーバンワイナリーの先駆けとして2013年、大阪市にオープンしたのが「島之内フジマル醸造所」でした。

私が存在を知ったのは、カタシモワイナリーよりこちらが先。2013年に旅をしたアメリカのブルックリンやオレゴン州ポートランドで、はやり始めた「アーバンワイナリー」を訪れ、その新しいコンセプトにワクワクしました。その名の通り、都会の真ん中にあるアーバンワイナリーは、若い世代が仲間たちで集まって起業することが多く、自由にワインを造ったり、レストランやバーを併設して、そこがカルチャーの発信地になっていたりしたのです。東京にもそんなスポットがあったらいいなと思っていたら、なんと大阪にオープンしたというわけ。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

フジマル醸造所などを営むパピーユ代表取締役の藤丸智史さん

ワイナリーといえば、ぶどう畑と醸造所が同じ場所にあるのが一般的ですが、アーバンワイナリーの場合は、醸造所のみ都市にあり、ぶどう畑は郊外にあります。アメリカの場合、都市成長限界線が設定され長期計画で都市デザインされたポートランドは、ぶどう畑と醸造所との距離が近いのですが、ブルックリンの場合は、全米からぶどうを買い付けていました。

大阪でどうやってぶどうを入手しているのだろう。ブルックリンのように日本中のぶどうを集めるのだろうかと疑問に思っていましたが、前述したように大阪はぶどうの産地。島之内フジマル醸造所でも、大阪のデラウェアを使ったワインを醸造しています。

代表の藤丸智史さんがぶどう栽培を始めたのは、カタシモワイナリーのある柏原市。ワイナリーを造るにあたり、柏原から1時間ほどでアクセスできる都市型のスタイルを選びました。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

フジマル醸造所の自社ワインの一部。ぶどう品種はデラウェアのほかナイアガラやメルローなど。ジョージアの伝統的製法で、デラウェアのワインを熟成した「オレンジワイン」など、世界のトレンドを押さえたユニークなワインも(写真は取材時のワイン。現在は完売品、他の商品あり)

藤丸さんが街に食堂を併設したワイナリーをオープンしたのは、自社製品を売るためではなく、人々にもっとワインに親しんでもらい、ワイン文化を発展させることが目的でした。

仕事帰りなど立ち寄りやすい場所で、ビールを1杯飲むような気軽な値段で、人々がワインを味わい、集まり語らう場をつくる。そのためにコストのかかるボトリングをやめ、生ビールのようにサーバーからできたてのフレッシュなワインを直接グラスに注ぐ「工場直送生樽ワイン」を、白(デラウェア)グラス500円、赤(メルロー)グラス600円というリーズナブルな価格で提供しています。

また、ワインの卸売やワインショップも展開している強みを生かして、北海道や山梨、長野などの国産ワインを中心に、海外のものまで、目利きが選んだワインを幅広くそろえて、ワインの楽しみ方を提案しています。

たこ焼き向けスパークリングワイン! 大阪のワイナリーがおもしろい

「彩り野菜のテリーヌ パイナップルのソース」は、ワイン食堂の看板メニュー。「工場直送生樽ワイン」のほか、さまざまな造り手のワインをグラスで注文できる

食堂で味わえる料理は、ワインによく合い、ワインを引き立てるように考えられたメニュー。小皿のおつまみ、冷菜と温菜の前菜、メイン料理、パスタ、チーズまでバリエーションが豊富なラインナップは、プレゼンテーションも美しい。仲間とシェアできるように、ひと皿のボリュームもしっかりあります。

“食い倒れ”の街大阪で醸造される大阪生まれのワインたち。大阪に行ったら食べるだけでなく、大阪ワインを“飲み倒れ”してみませんか。

■取材協力
カタシモワイナリー
http://www.kashiwara-wine.com/

パピーユ(島之内フジマル醸造所)
https://www.papilles.net/

PROFILE

  • 「あの街の素顔」ライター陣

    こだまゆき、江藤詩文、太田瑞穂、小川フミオ、塩谷陽子、鈴木博美、干川美奈子、山田静、カスプシュイック綾香、カルーシオン真梨亜、シュピッツナーゲル典子、コヤナギユウ、池田陽子、熊山准、藤原かすみ、矢口あやは、五月女菜穂、遠藤成、宮本さやか、小野アムスデン道子、石原有起、高松平蔵、松田朝子、宮﨑健二、井川洋一、草深早希

  • 江藤詩文

    トラベルジャーナリスト、フードジャーナリスト、コラムニスト。その土地の風土や人に育まれたガストロノミーや歴史に裏打ちされたカルチャーなど、知的好奇心を刺激する旅を提案。趣味は、旅や食にまつわる本を集めることと民族衣装によるコスプレ。著書に電子書籍「ほろ酔い鉄子の世界鉄道~乗っ旅、食べ旅~」シリーズ3巻。

アーティスト・蓮沼執太さんのブルックリン最新ガイド

一覧へ戻る

創業500年の麴店も 知られざる「発酵食品のまち」福井市 

RECOMMENDおすすめの記事