クリックディープ旅

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

今回は、タイの国境地帯を巡る、再び「12万円で世界を歩く」タイ編の2回目です。

【前回】「再び「12万円で世界を歩く」タイ編1」はこちら

(文:下川裕治、写真:阿部稔哉)

ラオスのタケクからタイのコンケーンへ

カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアと国境を接するタイ。そのなかでカンボジア、ラオス、ミャンマーとの国境地帯をぐるりとまわる旅。その2回目は、越境したラオスのタケクからタイに戻り、イサーンと呼ばれるタイ東北地方の中心都市、コンケーンに向かう。

このルートは約30年前、『12万円で世界を歩く』(1990年、朝日新聞社刊)で歩いたルート。いまそのルートをなぞってみる旅だ。

ラオス国境からミャンマー国境方面に向かうため、タイのイサーン地方をひたすら進む。思わぬほど便利になった交通網に戸惑いながら。

今回の旅のデータ

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

タイのバス網はバンコクが中心。かつて、地方都市の間を結ぶバスの本数は極端に少なかった。しかし地方都市の経済力が底あげされ、バスの本数も増えつつある。今回乗ったナコーンパノムとウドーンターニーの間は30分間隔。乗ってわかったが、完全な路線バスで、帰宅する学生たちの足にもなっていた。タイをぐるりとまわる旅にも助かる路線。タイは年を追って便利になってきている。

長編動画

ナコーンパノムの東にあるサコンナコーンのバスターミナルを発車してから1時間。バスの車窓風景を。曇天のなか、ときおり雨に見舞われながら。

短編動画1

ラオスのタケク。バスターミナルでタケノコもどきの皮をむく女性。ラオスだなぁ。

短編動画2

コンケーンのレストラン。客のおじいさんがステージにあがり、生バンドをバックに。歌はうまい? それぞれ評価を。

ラオス・タケクからタイ・コンケーンへ「旅のフォト物語」

Scene01

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

ラオスのタケク。バスターミナルでこの光景にしばし悩む。いちばん上のかばんはどうやってとるのだろうか。数メートルの棒を使うのかもしれないが、かなりの技。それ以前に、バスターミナルまでやってきて大きなかばんを買う人がどれほどいる? 普通、荷物は家で詰めるもの。売れないから上にあげた? それでいいの?

Scene02

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

タイからメコン川を渡っただけで、悩みは倍増する。バスターミナルには見たこともないものが並びはじめるのだ。これは動物の皮のようなのだが、なにに使うのだろう。いや、食べ物なのだろうか。表面にまぶしたものはなに? こんなものをお土産だといってもらっても……。

Scene03

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

自慢げに座るおばあさんの前でまた悩む。並ぶ品の半分もわからない。手前にある木の皮は漢方薬? 根のようなものはショウガ? 海のないラオスは山で採れたものをうまく使うが、こう並べられると……。ラオス語はタイ語に近い。タイ語で聞いてみたが、おばあさんの言葉、まったくわかりませんでした。

Scene04

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

ラオスのトゥクトゥクという三輪タクシーは、オートバイのようなスタイルが多くなる。カンボジアと同じだ。バスターミナルには、ベトナム方面行きのバスの表示やベトナムの麺であるフォーの料理店もある。ラオスは山の多い小国。周辺国のさまざまな物や文化が入り込む。順応性が高い人たちだ。

Scene05

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

ラオスに入国したからには、ラオス式麺。タイの麺に似ているが、大量の野菜を麺の上にのせ、しんなりしてきたところを、麺と一緒に食べる。僕はタイの麺よりラオスのスタイルが気に入っている。年をとり、その傾向はますます強くなった。タイの麺は肉類や練り物の具が多すぎる。1杯60バーツ、約222円。タイより高いが。

Scene06

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

とんぼ返りでタイに再入国。ぼーッとしているように見えるかもしれないが、僕はかなり緊張。というのも、カンボジア国境は同日再入国が禁止になったのだ。これは観光ビザで働く欧米人や日本人が、ビザ延長のために同日再入国をする行為を防ぐため。ラオスはどうなのか、情報がなかったのだ。……無事、再入国。体の力が抜けた。

Scene07

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

タイ・ナコーンパノムのバスターミナルに戻ると、ウドーンターニー行きのバスが待っていた。すぐ出るといわれて、あわてて飛び乗る。約30年前は、国境であるメコン川に沿って、ノンカーイまで北上するバスがあったのだが、その路線は廃止されていた。しかたない。バス代は160バーツ、約592円。

Scene08

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

乗ったのは帰宅する学生たちも利用する路線バスだったが、5時間も走る。朝から食べたものはタケクのラオス風麺だけ。しばらく停車したバス停で、乗り込んできた物売りから買ったマンゴーで空腹を紛らわす。20バーツ、約74円。タイでは熟す前のマンゴーを好む人が多い。酸っぱくて甘い。そこに唐辛子入り砂糖をつける。僕の好物。

Scene09

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

雨期の終わりの気候は不安定だ。激しい雨は降らないが、1日中、弱い雨が降り続くこともある。この日は曇天。典型的な雨期の終わりの天気だった。雨が降ったり、晴れ間がのぞいたりする。川が増水し、洪水が起きるのもこの時期。終点のウドーンターニーの手前は洪水一歩手前だった。その様子は次の写真で。

Scene10

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

小さな川が増水。橋ぎりぎりまで水位があがり、場所によっては、周囲に水があふれていた。この水がゆっくりと南下し、ときに下流のバンコク周辺が大洪水に見舞われる。「今年は大丈夫」とバンコクの人はのんきに構えていたが。バスはあふれそうな川の脇を、なにくわぬ顔で進む。

Scene11

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

ウドーンターニーに着いた。繁華街にあるノンカーイ行きの乗り合いバン乗り場に向かった。最終便しか席がなかった。ということはノンカーイに1泊。翌日のことを考えれば、なんとか今日中にコンケーンまで辿(たど)り着きたかった。どうしようか。コンケーン行き乗り合いバンはバスターミナルから発車するという。

Scene12

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

バスターミナルに行くと、コンケーン行き乗り合いバンのカウンターがあった。運賃は90バーツ、約333円。すぐ発車するという。約30年前のルートとは少し違ってしまうが、乗ってしまった。バンコクから夜行バス。その後もバスに乗り続けている。かなり疲れている……と自分にいいわけ。

Scene13

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

コンケーンで泊まったのは、タイの大手ホテルが展開する格安チェーン「Hop Inn」。室内を見てください。タイらしさがどこにもないシンプルさ。しかもWi-Fi、冷蔵庫などすべてそろっている。まるで日本のビジネスホテル。料金はツインで750バーツ、約2775円。安宿派の日本人もこんなホテルに流れていきそう。

Scene14

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

宿のベランダからの眺めに、ため息ひとつ。目の前にマクドナルド、通りを挟んでホームプロというホームセンター。いったいどの国にいるのかわからなくなる。コンケーン市街から少し離れた郊外とはいえ。タイに広がる車社会を地方にくると実感してしまう。猥雑(わいざつ)なタイの街並みがちょっと恋しい。

Scene15

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

ホテル近くにあった生バンドが演奏するレストランで遅い夕食。この店以外、近くにあったのはマクドナルドだけでした。しかし生バンドが入っても、料金はタイの地方価格。バンコクより3~4割は安い。最近のタイの地方のコストパフォーマンスはかなりいい。流れるイサーン音楽が心地よかった。

【次号予告】次回は、コンケーンからゴールデントライアングル方面へ。
【前回】「再び「12万円で世界を歩く」タイ編1」はこちら

※取材期間:2019年8月27日
※価格等はすべて取材時のものです。

■再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら

■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら

BOOK

再び「12万円で世界を歩く」タイ編2

12万円で世界を歩くリターンズ [赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編] (朝日文庫)

実質デビュー作の『12万円で世界を歩く』から30年。あの過酷な旅、再び!!
インドネシアで赤道越え、ヒマラヤのトレッキング、バスでアメリカ一周……80年代に1回12万円の予算でビンボー旅行に出かけ、『12万円で世界を歩く』で鮮烈デビューした著者が、同じルートに再び挑戦する。

PROFILE

  • 下川裕治

    1954年生まれ。「12万円で世界を歩く」(朝日新聞社)でデビュー。おもにアジア、沖縄をフィールドに著書多数。近著に「一両列車のゆるり旅」(双葉社)、「週末ちょっとディープなベトナム旅」(朝日新聞出版)、「ディープすぎるシルクロード中央アジアの旅」(中経の文庫)など。最新刊は、「12万円で世界を歩くリターンズ 【赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編】」 (朝日文庫)。

  • 阿部稔哉

    1965年岩手県生まれ。「週刊朝日」嘱託カメラマンを経てフリーランス。旅、人物、料理、など雑誌、新聞、広告等で幅広く活動中。最近は自らの頭皮で育毛剤を臨床試験中。

再び「12万円で世界を歩く」タイ編1

一覧へ戻る

再び「12万円で世界を歩く」タイ編3

RECOMMENDおすすめの記事