ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売PR

東野圭吾さんの人気小説「マスカレード・ホテル」のモデルにもなった東京・日本橋の「ロイヤルパークホテル」は、今年のクリスマスケーキの予約受付を10月1日から開始する。パティシエ14人が腕を競い合った社内コンテストの入賞作など全13種。SNS映えするケーキも多く、人気を集めそうだ。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

ロイヤルパークホテルのパティシエが腕を振るった13種のケーキを販売

同ホテルは「食のロイヤルパークホテル」として知られ、直営のレストランやバーも評価が高い。パティシエは20人が在籍し、クオリティーの高いスイーツをアフタヌーンティーやブッフェで提供している。

毎年クリスマスに販売するスイーツを決めるコンテストは、今年で12回目。20代からベテランまで14人のパティシエが参加し、フードジャーナリストの里井真由美さんらによる審査を経て、入賞作品が決まった。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

「ノエル フレーズ」は見た目も味もいちごが引き立つ

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

表面の光沢が鮮やかな「ノエル ルージュ」

グランプリの「ノエル フレーズ」(4104円、60個限定)は、いちごのジュレとクリームをホワイトチョコのムースで包んだ一品。老若男女に好かれる王道の組み合わせを洗練させて、ミルキーで柔らかいホワイトチョコと、いちごの甘酸っぱさの絶妙なバランスにこだわった。

準グランプリの「ノエル ルージュ」(3780円、50個限定)は、赤と白のマーブル模様が美しい、華やかなデザインのケーキ。いちごのジュレにヨーグルトやピスタチオのムースをサンドし、優しい口当たりとさっぱりした味わいが特徴だ。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

オーナメントにもこだわった「クリスマスリース」

「クリスマスリース」(3780円:税別、60個限定)は、審査委員特別賞を受賞。赤と緑の2種類のムースでクリスマスを表現した。黒蜜のパンナコッタを包んだ抹茶チョコムースと、いちごのジュレ入りのキャラメルチョコムースで、和と洋の味わいを楽しめる。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

「ココロ」はホテルのロゴであるローズをあしらった

3位入賞の「ココロ」(756円、店頭販売)は、ローズが香るいちごのジュレをビターチョコレートムースで包んだ、立体的なハート形のケーキ。コンテストではファミリーサイズだったが、1人用に手のひらサイズで販売する。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

ボンボンの食べ比べが楽しい「チャペル ドゥ ブッシュ」

ほかにも、教会をイメージして屋根にボンボンを飾った「チャペル ドゥ ブッシュ」(6264円、20個限定)などを販売。大人数用にフルーツバスケットやお菓子の家をモチーフにしたケーキも要予約だが、当日に店頭販売されるケーキもある。

「ノエル フレーズ」を作ったパティシエの下島布由美さんは、入社12年目。「誰にでも愛される味を目指しました。いちごだとわかりやすいデザインがポイントですので、ぜひ食べる前に写真を撮っていただければ」とアピールしていた。

ホテルのパティシエがクリスマスケーキで腕比べ、入賞作を販売

グランプリを獲得した下島布由美さん

ロイヤルパークホテルは、今年6月に開業30周年を迎えた。東野圭吾さんの小説「マスカレード・ホテル」のモデルになっており、1月に公開された映画のロケでも使用されている。映画とのタイアップで販売された限定スイーツも話題になった。

ケーキの受け取りは12月21日から25日まで、同ホテル1階のスイーツ&ベーカリー「粋」にて。

 

ロイヤルパークホテル
[所在地]東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1
[電話]03-3667-1111(代表)
[URL]https://www.rph.co.jp

 

 

キャンティ・ワイン、テラコッタの里で、イタリア式「ブドウ収穫祭」

一覧へ戻る

映画「映画で旅する自然派ワイン」劇場鑑賞券プレゼント

RECOMMENDおすすめの記事