楽しいひとり温泉

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

忙しい日常から離れて、静かな温泉で食事をし、心身をリセットする温泉旅はいいものです。とはいえ、にぎやかな温泉街のワクワクする気分も楽しみたい。今回ご紹介する温泉宿は、湯畑のライトアップなど、夜もにぎわいを見せる草津温泉と、玄米や野菜中心のフレンチを楽しめる森の中のプチホテルです。

■連載「楽しいひとり温泉」は、全国各地の温泉をめぐり、温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する、温泉ビューティー研究家の石井宏子さんが、テーマごとにひとり温泉にぴったりなお宿を紹介します。

海外の温泉保養地のような雰囲気のプチホテル

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

暖炉がある吹き抜けのロビーで読書を

暖炉のある吹き抜けのロビーは、大きな窓から森と浅間山を望む風景が見えます。雑誌をめくったり、本を読んだり、ヨーロッパの保養地で過ごす気分です。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

プチホテルのような雰囲気の部屋は静かな環境

部屋の窓を開ければ、野鳥のさえずりが響き、やさしく葉っぱを揺らす山の風が心地いい。デスクもあるので、少しだけパソコンを開いて、残っていた仕事を片付けます。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

ホテルオリジナルのハーブティーで和みのひと時

ウェルカムは、ホテルオリジナルの「WELL-BEING」というハーブティー。ノンカフェインでエルダーフラワーやカモミールなど、心が落ち着くハーブが配合されています。そしてグルテンフリー&ノンシュガークッキー。ほんのり甘くて芳しい味わいです。

浅間山や森の景色を眺めて入る酸性の温泉

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

浅間山や森の景色を眺めて入る温泉

男女別の大浴場は、窓を開け放って半露天風呂になっていました。木々の間から浅間山の雄大な姿が見えます。深めの湯船はやや熱めの源泉が注がれています。お隣の湯船は浅めでぬるめになっていて、半身浴をしたり、木の枕に頭をのせて寝湯のようにしたりして楽しむこともできます。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

草津の万代鉱源泉が源泉かけ流しで注がれている

草津の万代鉱源泉は、酸性-塩化物・硫酸塩泉。pH1.6の強い酸性の刺激で肌と体を殺菌して活性化。体の芯までポカポカにあたたまってすっきりする温泉です。

玄米や野菜中心のフレンチに大満足

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

玄米や野菜中心のフレンチ

夕食は自然農法や有機農法の野菜などの食材と玄米でつくる「フレンチマクロビ」。この日の前菜はトマトのババロアと塩レモンのジュレ。デザートのような可愛い盛り付けでうれしくなります。見た目以上に濃厚なトマトの味わいにびっくり。塩レモンのジュレがトマトの甘みを引き出します。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

メインディッシュも野菜たっぷり

メインは肉を使わず植物性のソイミートや野菜で作った「カイエット」。フランス料理のハンバーグのような料理です。グリル野菜もたっぷり。白ワインにもぴったりの一品です。最後は玄米のリゾット、秋を思わせるポルチーニとトリュフのリゾットです。野菜ときのこだけでとったという出汁(だし)のうまみがきいていて大満足。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

ココナツミルクのブランマンジェとフルーツのデザート

デザートはココナツミルクのブランマンジェ。フルーツと一緒に味わいます。

ドラマチックな夜の湯畑へお散歩

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

ライトアップされた夜の湯畑を見に散歩に出かける

草津温泉は夜のにぎわいが楽しい。中心部にある湯畑のライトアップがとても素敵なのです。せっかくなので、ちょっとお散歩にでかけました。

照明デザインは、面出薫(めんで・かおる)氏。六本木ヒルズや東京駅丸の内の駅舎などのライトアップを手がけた方です。ふつふつと力強く湧き上がる湯畑の源泉が、刻々と色が変わる光に照らされて生き物のように湯面が動き、地球のエネルギーを感じます。ちなみに、湯畑をデザインしたのは岡本太郎氏。夜の湯畑は、ダイナミックな芸術のコラボレーションなのです。

朝は作り立てのフレッシュなニンジンジュース

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

朝は内臓を休めるニンジンジュース

朝の目覚めは温泉から。その後、朝食として、作り立てのフレッシュなニンジンジュース1杯と、梅干し、番茶をいただきます。内臓を休ませる時間をつくることで、腸が動き出すそうです。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

ランチは野菜サラダから。ビネガーとオリーブオイルでいただきます

チェックアウト11時の前に、サラダ、スープ、天然酵母パンのランチ。最初に小タマネギと赤い野菜のサラダ。クルミやナッツの食感が楽しい。

温泉+散歩 静かな森のプチホテルと温泉街のにぎわい 草津温泉「ホテルクアビオ」

チェックアウト前に野菜たっぷりのスープランチを

野菜たっぷりのスープと、もちもちとかみ応えのあるパンは、満足感があって、おなかいっぱいになります。

■「楽しいひとり温泉」ポイント
1.心と体を休める時間
2.森に囲まれた静かな環境
3.温泉街散歩も楽しい

群馬県・草津温泉 ホテルクアビオ
http://kurbio.com/

PROFILE

石井宏子

温泉ビューティー研究家・トラベルジャーナリスト。日本・世界の温泉や大自然を旅して写真撮影・執筆をする旅行作家。テレビにも出演。温泉・自然・食で美しくなる旅を研究する。海外ブランドのマーケティング・広報の経験から温泉地の企画や研修もサポート。日本温泉気候物理医学会会員、日本温泉科学会会員、日本旅のペンクラブ会員、気候療法士(ドイツ)、温泉入浴指導員。著書に「癒されてきれいになる おひとりさま温泉」(朝日新聞出版)、「地球のチカラをチャージ! 海温泉 山温泉 花温泉 76」(マガジンハウス)、「感動の温泉宿100」(文春新書)などのほか、「全国ごほうびひとり旅温泉手帖 いい湯、いい宿、旅ごはん!」(世界文化社)が11月に発売された。

温泉+ナイトウォーク アイヌ文化に触れる阿寒湖温泉「あかん鶴雅別荘 鄙の座」

一覧へ戻る

温泉+絶景の紅葉 源泉ぷくぷく、蔦温泉「千年の秘湯 蔦温泉旅館」

RECOMMENDおすすめの記事