「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルにPR

渋谷駅に直結する超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」の東棟が11月1日に開業した(西棟と中央棟は2028年開業予定)。高さ約230メートルの大規模複合施設。最上階の地上47階にはを一望できる屋外展望施設「SHIBUYA  SKY(渋谷スカイ)」が誕生し、地下2階~地上14階の商業施設には日本初上陸の7店を含め、飲食店や雑貨店など213店が入る。施設の見どころを写真とともにお伝えする。

「SHIBUYA  SKY(渋谷スカイ)」から東京の街を360度見渡す

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

SHIBUYA SKYからは東京の街を360度見渡せる

渋谷で一番高い約230mのパノラマビューを誇り、約2500㎡という日本最大級の屋上展望空間等を擁する「SHIBUYA  SKY(渋谷スカイ)」は同施設の最大の見どころといってもいいだろう。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

46階へ続くエスカレーター

まずは、14階にあるチケットカウンターを過ぎ、45階へと続くエレベーターに乗る。エレベーターの速度や重力に合わせた天面映像と立体音響により、日常から非日常の空間となり、屋上への期待感が増していく。

そこからエスカレーターに乗り、46階にある屋内展望回廊「SKY  GALLERY(スカイ ギャラリー)」へ。雨天でも眺望をゆっくり楽しめるほか、10台の4K・70インチディスプレーに映し出される映像が来場者の行動によって変化する「TIME  RIVER」や、さまざまな渋谷のデータをビジュアライズした映像が見られる「DATA  SCAPE」などのコンテンツがある。また、軽食やスイーツなどが提供されるカフェ&バー、土産物店も併設されている。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

ゆったりとしたソファ席がいくつか用意されていた

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

大地とそこから広がる青空を表現しているデザインのロゴ

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

CLOUD  HAMMOCKという名前のハンモック 安らぎの空間

そして、最上階の47階。その名も「SKY  STAGE(スカイステージ)」。天井がない屋外眺望空間で、囲いは全面ガラス張りなので街を360度見渡すことができる。渋谷のスクランブル交差点を直下に見下ろせるポイントや、寝そべりながら空を見上げることのできるハンモックスペース、東京タワーとスカイツリーの両方を眺められるソファ席などがあり、思い思いに絶景を楽しむことができそうだ。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

夜の東京はまた違った一面を見せてくれる

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

この絶景はぜひ見てほしい 新たな渋谷の観光名所になるだろう

また、日没後は18台のサーチライトが天空を彩る「CROSSING  LIGHT」のショーも。季節によって演出内容が異なるという。昼間とはまた違った雰囲気なので、夜景もぜひ見てみてほしい。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

CROSSING LIGHT

営業時間は9時〜23時(最終入場は22時)。なお、今月11月の入場チケットはオフィシャルWEBサイト(http://www.shibuya-scramble-square.com/sky/)からの申し込み限定で完全予約制となる。12月1日(日)以降は窓口でも当日券を販売する。

日本初上陸7店を含む、充実したショップ&レストラン

次にご紹介するのは、地下2階〜14階のショップとレストランエリアだ。日本初上陸7店、渋谷エリア初出店49店、新業態39店を含む全213店が集結。「ASOVIVA(アソビバ)」をコンセプトに、多様な文化が混じり合う渋谷の中心から、その時々の「旬」なモノ・コト・トキが発信される。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

1階にある「Carat(カラット)東急フードショーエッジ」

地下2階〜1階は、デリやベーカリー、スイーツなど幅広い種類のフードが展開されている。台湾料理の「参和院」、ベーカリーの「ティエリー・マルクス・ラ・ブーランジェリー」、ハワイデリの「Peace Cafe Hawaii」、洋菓子の「MORI  YOSHIDA PARIS」が日本初上陸だ。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

6階にある「+Q BEAUTY(プラスク・ビューティー)」

2階〜11階、14階はシューズやバッグ、ファッション雑貨など。特に6階の「+Q BEAUTY」は約600坪の中にコスメ40ブランドとカフェ、期間限定ショップなどが集結し、渋谷エリア最大級の規模を誇る新しいビューティーフロアとして注目されている。なお、鞄(かばん)/ファッション雑貨の「VeeCollective/NEUVILLE」、靴の「ZYX」が日本初上陸店である。

「渋谷スクランブルスクエア」が開業 新たな渋谷のシンボルに

13階のFOODIES SCRAMBLE

そして12階、13階は「FOODIES  SCRAMBLE」。2層のレストランフロアには、日本初上陸のスパニッシュ料理店「José Luis(ホセ・ルイス)」をはじめ、地中海・アラビア料理、中華、すし、イタリアン、お好み焼き、もつ鍋など充実のラインナップとなっている。

営業時間は、地下2階〜11階、14階は10時〜21時。レストランフロアのFOODIES SCRAMBLEは12階は11時〜23時、13階は11時〜24時。※一部店舗については営業時間が異なる

15階には産業交流施設「SHIBUYA  QWS(渋谷キューズ)」があり、さまざまなイベントやプログラムが企画されている。また、17〜45階はオフィスとして、ソフトバンク株式会社や株式会社サイバーエージェントなどがすでに入居をしている。

再開発が進み、変わり続ける渋谷の街にできた「渋谷スクランブルスクエア」は、新たな渋谷のシンボルとなるであろう。

(文・撮影:五月女菜穂)

温泉+絶景の紅葉 源泉ぷくぷく、蔦温泉「千年の秘湯 蔦温泉旅館」

一覧へ戻る

大韓航空が創立50周年セレモニー、羽田に歴代CA制服が集合

RECOMMENDおすすめの記事