ちょっと冒険ひとり旅

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

何回目かのひとり旅、ちょっとだけ冒険してみたい。そんな旅人のヒントになりそうな旅先や旅のスタイルを紹介している。スコットランドの果てを訪れた旅、今回は旅のデータ。

ルート

■行程

1日目:日本→エディンバラ(泊)
2日目:エディンバラ→サーソー(泊)
3日目:サーソー→ストロムネス(泊)
4日目:ストロムネス→サーソー→インバネス(泊)
5日目:インバネス滞在(泊)
6日目:インバネス→エディンバラ(泊)
7日目:エディンバラ→(機内泊)
8日目:日本

オークニー諸島からエディンバラに戻るとき、インバネスで2泊。

ネス湖カローデンの古戦場などを1日見て回った。

日本から一気にイギリスのはじっこまで行って、タッチして帰ってきたという急ぎ足の旅だった。

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

インバネスに到着したのは夕暮れどき。サーソーから戻ると、ネオンがまぶしい大都会に感じられる

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

インバネスを流れるネス川。街並みが美しい

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

ジャコバイト軍がイングランド政府軍に敗れたカローデンの古戦場。何もない野原だが、ビジターセンターの映像展示はかなりの迫力でおすすめ

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

列車の車窓から見える街並みにひかれてピトロッホリーで途中下車。夏目漱石も滞在した古都だ

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

かわいらしいピトロッホリーの駅

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

エディンバラではクリスマスマーケットがはじまっていた。クリスマスマーケット巡りは、冬のヨーロッパ旅での楽しみだ

ホテル

11月下旬のシーズンオフだったので、イギリスにしては全体的にホテル代が安かった。エディンバラもサーソーも駅前のビジネスホテル風の簡素な宿でそれぞれ1泊43ポンド(約5590円)と28ポンド(約3640円)。ストロムネス45ポンド(約5850円)。思ったより安かったので、インバネスでは1泊55ポンド(約7150円)の部屋を選んだ。合計を日本円に換算するとおよそ約3万5000円ほど。全部シャワー・エアコン付きの個室だ。

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

インバネスの宿。ジャグジー機能のあるバスタブがついたジュニアスイート

食事

イギリスでのひとり旅に便利なのは、パブのランチ。「本日のおすすめ」を選べばほぼ外れなし。夜はひとりでも大丈夫そうなレストランでスープとサラダ程度の簡単な食事をとるか、テイクアウトで済ませるようにしている。レストランで食べるときはだいたい1食13ポンド(約1690円)以内におさめるようにして、テイクアウトで予算調整するのがパターンだ。

おいしくない、などと悪口を言われがちなイギリス料理だが、個人的な経験でいうと、イギリス料理は地方色が豊かで楽しいしおいしい。サーソーやオークニー諸島では、新鮮なシーフードが安くてたっぷり食べられて、大満足だった。

写真でご紹介していこう。

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

イギリスのパブランチの代表格、フィッシュ&チップス。スープつきで8ポンド(約1040円)

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

ディナーは、カジュアルな店ならおひとり様でも平気。サラダ、パン、スープで12.7ポンド(約1651円)

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

オークニー諸島のカークウォールにて。シーフードたっぷりのクリームパスタ、11ポンド(約1430円)

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

オークニー諸島のホテルにて、コテージパイ。マッシュポテトの下にはひき肉の具材がたっぷり

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

やっぱり一度は楽しみたい、アフタヌーンティー。おなかに入りそうもないときは、紅茶とスコーンがセットになったクリームティーがおすすめだ。インバネス駅前のホテルにて、5ポンド(約650円)

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

スコットランド名物ハギス・タワー。羊の肉や臓物を使った料理で、スコッチウイスキーのソースがアクセントになっている。臓物の匂いが強く、ちょっと手ごわい味だった

そのほかの現地経費

スコットランド内の移動は主にブリット・レイルパスを使い列車を利用した。スクラブスターとストロムネスのフェリーは往復で28ポンド(約3640円)。ストロムネスからカークウォールのバス代は往復で5.3ポンド(約689円)。

ほかには、インバネスでネス湖クルーズツアー26ポンド(約3380円)、エディンバラ城入場料16.5ポンド(約2145円)などがかかった。

オフシーズンに行ったためでもあるが、全体的に、ロンドンおよびその周辺を旅するよりは、ぐっと安くつくなあという印象だった。オークニー諸島、さらにその先のはじっこ、シェトランド諸島には是非行ってみたい。

ホテル代が安いシーズンオフ スコットランドはじっこ紀行4

素朴で明るいスコットランドの人々も印象的な旅だった。秋のスコットランド、おすすめです

※価格等はすべて1ポンド=130円で換算しています。

バックナンバー

>>連載一覧へ

BOOK


旅の賢人たちがつくった
女子ひとり海外旅行最強ナビ(辰巳出版)

連載「ちょっと冒険ひとり旅」著者の山田静さんが、海外ひとり旅に行きたいすべての人にお届けする、旅のノウハウをぎゅっと詰め込んだ1冊。行き先の選びかた、航空券やホテルをお得に効率よく予約する方法、荷物選びと荷造りのコツ、現地での歩きかたのツボ、モデルルート、遭遇しがちなトラブルとその回避法など、準備から帰国までまるっとカバーしました。旅の達人によるコラム記事やアンケートも満載で、ひとり旅の準備はまずこの1冊から。1620円(税込)

PROFILE

山田静

女子旅を元気にしたいと1999年に結成した「ひとり旅活性化委員会」主宰。旅の編集者・ライターとして、『旅の賢人たちがつくったヨーロッパ旅行最強ナビ』(辰巳出版)、『決定版女ひとり旅読本』『女子バンコク』(双葉社)など企画編集多数。最新刊『旅の賢人たちがつくった 女子ひとり海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)。2016年6月中旬、京都に開業した小さな旅館「京町家 楽遊」の運営も担当。

英国最北端の大聖堂、メーンランド島を散策 スコットランドはじっこ紀行3

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事