京都ゆるり休日さんぽ

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

ふんわりほかほか、“焼きたて”のどらやきを頬張ったことがありますか? 今回訪ねたのは、北野天満宮近くで2018年にオープンした「どらやき亥ノメ(いのめ)」。注文を受けてから焼き上げ、その場であんを挟むできたてほやほやのどらやきには、かぶりついた瞬間、誰しもを笑顔にする魔法があります。

■暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。
(文:大橋知沙/写真:津久井珠美)

目の前で焼きあがる、すべすべのどらやきに歓声

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

コックピットのような小さな厨房で、店主の大塚さんが1枚1枚手焼きする

鉄板の上に、たまご色の液がまあるく落とされ、ふんわりとふくらんでいく。店主の大塚英晃さんが頃合いを見てぽん、とひっくり返すと、現れたるはきつね色、すべすべのどらやき生地の肌。カウンターからその様子を眺める人々は思わず「わぁ」と歓声をあげます。

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

注文が入ってから焼きはじめ、店内は甘く香ばしい匂いでいっぱいに


“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

こんがりと焼けたきつね色がおいしさの印

たっぷりのあんをおなかに詰められ、ほかほかのままお皿にのったどらやきの福々しいこと! まずはひと口、大口を開けてかぶりつけば、小麦と卵の風味がしみじみ伝わる素朴な生地とみずみずしい小豆の優しい甘みに、うっとりと酔いしれてしまいます。食べ進めるにつれお好みで、別添えのバターやクリームチーズ、ラムレーズン、焼き塩と合わせ、味の変化を楽しんで。温かいほうじ茶やコーヒーと一緒にいただけば、心も体も温まります。

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

「どらやきセット」(880円・税込み)。ドリンクは写真の有機ほうじ煎茶のほか、どらやきに合う風味を厳選したコーヒー、和紅茶、煎茶、抹茶から選べる

「シンプルな材料で、甘さを控えて、噛むほどに生地の風味がじんわりと伝わる、そんなどらやきを作りたかったんです」。そう話す大塚さんは、料亭や和菓子店などで経験を積み、“作りたて”のおいしさを届けることを大切にしてきた料理人であり和菓子職人。独立する前に京都・桂の和菓子の名店「中村軒」に携わった経験が基礎となり、小さな店舗でも作りたてを提供できるどらやきを看板商品に選びました。

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

ほわほわと湯気を立てる焼きたての生地に、北海道産の小豆をコトコト煮込んだ自慢のあんを挟む

「今は洋菓子の方が日常のおやつで、和菓子の方が非日常的じゃないですか。でもどらやきなら、お茶席や行事に関係なく、子どもからお年寄りまで親しみやすいおやつにしてもらえるかなと思って」と大塚さんは話します。

手みやげには、味わい多彩な個性派どらやき

通りに面した小窓からは、持ち帰り用のどらやきを購入することもできます。店内でいただく焼きたてのどらやきよりもひと回り小ぶりで、片手でパクパクと食べやすいサイズ。定番のあずきをはじめ、黒糖ラムレーズン、くるみ、抹茶、季節替わりで栗やサツマイモなど、個性豊かなあんがそろいます。手みやげとして翌日まで日持ちするようイートイン用とは生地の配合を変えつつも、甘みを最小限に、シンプルな原材料で、無添加で作るという姿勢は変わりません。

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

カウンターは5席のみの小さな店ながら、北野天満宮を訪れた観光客から地元の人々にまで愛される

「京都は和菓子の文化が根付いているので、『餅や団子は日持ちしないもの』と思ってくれてる感じがします。ご旅行のお客さんのニーズを考えると悩ましいところですが、日持ちしにくいからこそのおいしさや、ササッと和菓子を買って帰る京都の食文化の一部を味わってもらえたら」

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

持ち帰りは小窓から声をかけて。季節限定の味を楽しみに「あの味まだある?」と店をのぞくリピーターも多い

カウンターでどらやきを待つ間、店いっぱいに漂う甘い香りとほかほかの湯気に、誰もが幸せそうな笑みを浮かべます。その間にも、小窓からは次々と手みやげのどらやきを求める人が声をかけていきます。「厨房(ちゅうぼう)で働いていたころと違って、目の前でおいしそうな笑顔を見られたり、お話する機会があるのが何よりの楽しみです」と大塚さんは言います。

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

ラムレーズンやクリームチーズなど、新鮮な組み合わせながらあんことの相性の良さをうかがわせる味がそろう(税込み210円〜)

作ってくれた人と、手みやげを届けてくれた人と、なるべく早くその幸せを分け合いたいと思う。“お早めにお召し上がりください”の和菓子をいただくことは、幸せな時間をシェアする合言葉に違いありません。

どらやき亥ノメ
https://www.instagram.com/dorayaki.inome/?hl=ja

BOOK

“焼きたて”を頬張る幸せ。「どらやき亥ノメ」のほかほかどらやき

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が6月7日に出版されました。&TRAVELの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。

バックナンバー

■「京都ゆるり休日さんぽ」のバックナンバーはこちら

PROFILE

  • 大橋知沙

    編集者・ライター。東京でインテリア・ライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住。京都のガイドブックやWEB、ライフスタイル誌などを中心に取材・執筆を手がける。本WEBの連載「京都ゆるり休日さんぽ」をまとめた著書に『京都のいいとこ。』(朝日新聞出版)。編集・執筆に参加した本に『京都手みやげと贈り物カタログ』(朝日新聞出版)、『活版印刷の本』(グラフィック社)、『LETTERS』(手紙社)など。自身も築約80年の古い家で、職人や作家のつくるモノとの暮らしを実践中。

  • 津久井珠美

    1976年京都府生まれ。立命館大学(西洋史学科)卒業後、1年間映写技師として働き、写真を本格的に始める。2000〜2002年、写真家・平間至氏に師事。京都に戻り、雑誌、書籍、広告、家族写真など、多岐にわたり撮影に携わる。

大地の記憶を宿すワインと料理の物語。京都のレストラン「DUPREE」

一覧へ戻る

RECOMMENDおすすめの記事