1日1旅

オーストラリアで“砂漠の珍獣”モロクトカゲに触る

まるで小さな恐竜だ。“砂漠の珍獣”とも呼ばれるモロクトカゲは、体長15センチほどで全身をトゲに覆われている。突然現れたときはびっくりしたが、見た目と違って、性格は穏やかでおとなしい。ゆっくりと砂の上を歩いている。毒がないからと言われ、恐る恐る触ってみたら、プニプニして気持ちよかった。

(オーストラリア・ウルル・カタジュタ国立公園)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

台湾の山肌にある小さな家、実は……

一覧へ戻る

インドで初めて“列”を見た

RECOMMENDおすすめの記事