1日1旅

カンボジア・シェムリアップの伝統工芸品店

ホテルの近くにあった伝統工芸品店。カンボジアシルクや銀製品、そして陶器などが並んでいる。若い女性がロクロを回し、きれいに陶器をつくりあげていた。長く続いた内戦のせいで、職人や伝統技術を著しく失ったと話してくれた。日本も含めた海外からの支援も受けて、若者がいまそれを、必死に受け継ぎ復活させているのだ。

(カンボジア・シェムリアップ)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

「残さずきれいに食べてね!」キューバで食べた豚の丸焼き

一覧へ戻る

キプロス、見慣れぬ落とし物にヒヤッ

RECOMMENDおすすめの記事