1日1旅

ピンクに染まるタイ北部の寺、その正体は?

寺院はショッキングピンクのシャツを着た子供たちで埋め尽くされていた。タイ北部にあるプラ・タート・ランパーン・ルアン。現存するタイ最古の木造建築といわれるお堂がある寺院だ。多くの参拝客で日々にぎわい、この日は修学旅行中の学生と一緒になった。古い建築と目が覚めるようなピンクのコントラスト、良くも悪くも見慣れぬ光景に戸惑ってしまった。

(タイ・ランパーン)

前回はこちら

■旅に行った気になれる!? 写真家・葛西亜理沙さんが旅先で撮りためた素敵な瞬間をほぼ毎日(平日)お届けする連載「1日1旅」。1日1回、旅情を感じていただければ幸いです。バックナンバーはこちら

PROFILE

葛西亜理沙

フォトグラファー。

横浜生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部写真学科卒業後、写真家・坂田栄一郎氏に師事。その後、独立。東京を拠点に活動。広告や雑誌などで撮影する他、個人の作品を国内外で発表している。第63回朝日広告賞入賞。第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

ロンドン、地下鉄の駅で出合ったカラフルなモザイク壁

一覧へ戻る

「お花は私の人生そのものよ」台北のリン先生

RECOMMENDおすすめの記事