あの街の素顔

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

台湾で2019年10月19日から12月15日までの58日間、大規模なアートイベント「ロマンチック台三線芸術祭(浪漫台三線藝術季)」が開かれています。10月19日の開幕式から数日間、各地でこの芸術祭を巡ってきました。実は台湾はアートイベントが盛んな土地。「見る」「食べる」とはひと味違う、新しい台湾へお連れしたいと思います。
(文・写真:池田美樹)

「干し柿作り」をイメージした2500個のクッションが圧巻

10月19日、私は台北の凱達格蘭大道(ケタガランたいどう)にいました。全長400メートル、計10車線のこの広い道路は台湾総統府前に伸びる道。普段は多くの車が行き交う道に、この日は藁塚(わらづか)の上に稲穂を飾ったステージと、2500個の柿を模したクッションが置かれていました。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

凱達格蘭大道。ここで開幕式が行われた(写真提供:ロマンチック台三線芸術祭)

これは台湾の「客家」(はっか)とよばれる、昔、中国の黄河流域からきた漢民族の伝統である、干し柿作りをイメージしたインスタレーション。作品名は「稲穂がたくさん実る中央山脈の下で、愛をアピールしよう」。作者は「ロマンチック台三線芸術祭」の共同キュレーターでもある林舜龍(リン・シュンロン)氏です。開幕式には蔡英文総統も登場し、大勢の市民が訪れていました。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

開幕式に訪れた市民らは記念写真を撮るなど楽しそうに過ごしていた

客家文化復興を狙うアートフェスティバル

「台三線ロマンチック街道」とは、省道(日本でいう国道)の台三線のうち、桃園市と台中市をつなぐ全長150キロのこと。この道に沿った山間には客家の16集落が散在し、台湾の客家文化を語るうえで最も重要な道と言われています。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

台三線。深い山あいを走る(写真提供:ロマンチック台三線芸術祭)

今年初めて開催された「ロマンチック台三線芸術祭」は、客家文化の復興を目的としたアートフェスティバルで、桃園市の龍潭(ロンタン)、新竹県の北埔(ベイプー)など計5県市、10のエリアに日本人作家も含む50名以上の芸術家たちが参加。50点以上の作品が設置され、100以上の文化体験イベントが開かれます。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

案内してくれた共同キュレーター、林舜龍(リン・シュンロン)氏は日本の「大地の芸術祭  越後妻有アートトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」への出品でも知られる

桃園市・龍潭の自然をいかした作品群

まずは桃園市の龍潭へ移動しました。ここには自然をいかした作品が6点展示され、そのうち4点は会期後も常設展示されることが決まっています。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

龍潭の「三坑老街」を抜けた田園に現れる作品「自然と共生共有」(景山健)。6本の割り箸で作った三角すいを竹のドームに覆いかぶせていくことで作品が成長していく

展示されるものだけではなく、イベントとしてのアート作品もありました。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

土日のみ行われる「人力車プロジェクト」の増田拓史氏。座席にペダルをつけたのは「共同作業」をイメージして。増田氏は会期中この地域に滞在している

少し歩いて移動すると、市民の憩いの場である三坑自然生態公園があり、芸術祭を機に常設展示される予定の作品が数点、設置されているところでした。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「稲の蛹(さなぎ)」(林舜龍×王昱翔)。中に入り揺りかごのように揺られることもできる。果物の台湾文旦からイメージした形という

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「家の記憶風景」(林舜龍×潘羽祐)。取り壊された古い家から窓枠やドアを取り外して新しい家を造る(制作途中)

客家の歴史を表現する苗栗県・大湖の展示

次に、桃園から、台中市の隣に位置する苗栗県の大湖(ダーフー)へ向かいました。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

苗栗県・大湖。イチゴの産地として有名

ここには、客家人が台湾にやってきた時から今に至るまでの歴史を思い起こさせる作品が山野に点在しています。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「編織記憶」(安聖惠)。客家人がこの地にやってきて先住民と関係を築き、土地に根付いていった様子を「編む」ことで表現した

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「茶窩」(范承宗)。客家人にとって大切なお茶のポットを温めるティーウォーマーは、昔は藁でできていた


初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

作品の中に入るとふわりと藁の匂いがする

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「生命の刻み跡」(伊祐嘎照)。遠くからやってきた客家人を「種」に見立て、土地に根を下ろして家族をもち生活してきたことを表現

ここでは作品を目の前に、現地の客家の方々がつくってくれたお弁当をいただきました。食べたことがない味なのに、なぜか懐かしい気持ちになるのが不思議でした。

台湾の「今」を記憶に刻む体験

最後に新竹県の北埔(ベイプー)に来ました。ここでは「未来的昔日」と題した展示が行われています。

レンガ造りの小道が迷路のように入り組む、いかにも老街(古い街並みを保った通り)らしい一角を巡っていると、突然小さな人形に遭遇したり、家々の窓が写真になっていたりと、街に溶け込む作品が散在しています。暮れゆく街をゆっくり歩きながら、アート探しを楽しみました。

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「街道叙事」(Isaac Cordal)。9体の小さな人形が屋根の上や路地など至る所に置かれている。探し回るのが楽しい(写真提供:ロマンチック台三線芸術祭)

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「北埔」(阮義忠)。1980年代の北埔を写したモノクロ写真を家々の窓にはめ込んだ(写真提供:ロマンチック台三線芸術祭)

初体験なのに懐かしい 台湾の「ロマンチック台三線芸術祭」を訪ねて

「時線」(劉致宏)。川に沿って赤いネオンで昼と夜、今と昔、時と分の対比と共存を表現(写真提供:ロマンチック台三線芸術祭)

私が今回見ることができたのはここまで。ほんの一部しか巡ることのできなかった「ロマンチック台三線芸術祭」でしたが、どの土地に行っても人々の口に上るのが「記憶」という言葉でした。

客家が台湾にやってきたのは17世紀頃のこと。台三線沿いには、昔ながらの里山の風景、伝統建築、食などがまだ残っているけれど、もしかしたら時代とともに消えつつあるのかもしれません。

アートイベントを体験するために「台三線ロマンチック街道」を巡ることは、「今」を記憶に刻むことになるのかもしれない。そんなことを考えさせられる旅でした。

ロマンチック台三線芸術祭(浪漫台三線藝術季)
https://www.romantic3.tw/

台三線ロマンチック街道についての記事
台湾一短い老街、路地裏でタイムスリップ 台三線ロマンチック街道・下

PROFILE

  • 「あの街の素顔」ライター陣

    こだまゆき、江藤詩文、太田瑞穂、小川フミオ、塩谷陽子、鈴木博美、干川美奈子、山田静、カスプシュイック綾香、カルーシオン真梨亜、シュピッツナーゲル典子、コヤナギユウ、池田陽子、熊山准、藤原かすみ、矢口あやは、五月女菜穂、遠藤成、宮本さやか、小野アムスデン道子、石原有起、高松平蔵、松田朝子、宮﨑健二、井川洋一、草深早希

  • 池田美樹

    旅と写真とワインと猫を愛する編集者。(株)マガジンハウスにて『Olive』『anan』『Hanako』『クロワッサン』等の女性誌の編集者を経験したのち、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程を経て独立。これまで約40か国をひとり旅。2019年4月〜8月にはピースボートで地球を一周した。日本旅のペンクラブ会員。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエとしてシャンパーニュの普及活動にも精を出す。2匹の猫と同居中。

暗闇の「ラピュタ」の島へ スマホ封印、五感研ぎ澄ましアート鑑賞 横須賀・猿島

一覧へ戻る

台湾一短い老街、路地裏でタイムスリップ 台三線ロマンチック街道

RECOMMENDおすすめの記事