「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめPR

何も決めずに旅に出るのも楽しいですが、コンセプトのある旅では、他にはない充実感が味わえます。そんな「テーマのある旅」をみなさんにいくつかご紹介。

今、旅行のスタイルは「どこへ行く?」から「その旅で何をする?」が重視されつつあります。目的志向型の旅は、旅慣れた人が旅の良さを再確認するきっかけになりますし、旅は面倒だという人が勇気を持って出かける理由にもなります。

そんな「テーマのある旅」を疑似体験できるのが、テレビ東京で放送中の番組「旅スルおつかれ様 ~ハーフタイムツアーズ~」。

普通の旅番組と違うのは、旅行会社のクラブツーリズムが開催している実際のツアーを、有名タレントなどの出演者が一般参加者に同行して楽しんでいるという点です。

さらに、「旅スルおつかれ様 ~ハーフタイムツアーズ~」の番組公式カタログとホームページから視聴者は番組と同じツアーを申し込むことがでます。

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

「旅スルおつかれ様 ~ハーフタイムツアーズ~」カタログ

事件が起こる…!謎解き箱根ツアー

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

謎解きツアーに同行した刑事役の岡森諦さん (C) TV TOKYO Direct,Inc.

まずご紹介するのは箱根への日帰りツアー。温泉も楽しめますがこの旅の醍醐味(だいごみ)はツアー中に謎解きが楽しめるところです。旅中に様々な事件が発生し、それを参加者たちで解決します。どんな展開になるかは参加してのお楽しみです。臨場感を高めるために劇団員が同行するので、さながらサスペンスドラマの世界の中にいる気分に。そして12月には番組取材が入ったツアーが実施されます。お申込みはコチラ  。

インドで伝統的な踊りや食事を楽しむ

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

ミナクシ寺院(Getty Images)

10月に放映されたの「癒やしの楽園 南インド8日間」 は、約1年半の間に1300人以上が参加し、日本旅行業協会(JATA)主催の「ツアーグランプリ2018」で最優秀賞を受賞した人気のツアーです。

外観が奇抜で、見るものを圧倒する「ミナクシ寺院」や、今にも転がり落ちてくるのではないかとひやひやしてしまう、世界遺産「クリシュナのバターボール」など見どころがいっぱい。

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

ミナクシ寺院(Getty Images)

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

「クリシュナのバターボール」(Getty Images)

またベテラン日本語ガイドがしっかり案内してくれるので、今まで知らなかった独自の文化や神秘的な伝統芸能に触れることができます。

例えば伝統舞踊「カタカリ」のショーを見たり、バナナの葉にカレーをのせた南インドの料理「ミールス」を堪能したり。

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

「カタカリ」のショー(Getty Images)

また伝統的な木造船を活用したハウスボートでの優雅なクルージング泊も、他ではできない体験の一つです。

ひとりだからこその楽しみ方が出来る旅

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

最近増えているのが、一人でも参加可能のツアー。なかには「おひとり様限定」のプランもあり、一緒に行ってくれる誰かがいなくても、気ままに楽しむことができます。

豪華列車で九州を巡り嬉野温泉の名旅館に宿泊するツアーや、茨城県のパワースポットである「大洗磯前神社」を訪れてブドウ狩りもできる日帰りツアーなども人気です。

また団体での見学が難しい、世界最大級の地下放水路である「首都圏外郭放水路」や、ロケ地でも有名な採掘場跡「大谷資料館」の両方を見学できるツアーなど、おひとりでも味わえる体験も用意されています。

「その旅で何をする?」 コンセプトのある旅のすすめ

首都圏外郭放水路

ニッチなものまで取りそろえた14種類の旅のテーマ

WEBで旅のテーマを選んでプランを検索することができます。全14種類あり、中には「移住気分を味わいたい」「列車で旅をしたい」など他にはない旅のテーマも。(旅テーマの検索はこちら

「旅スルおつかれ様 ~ハーフタイムツアーズ~」番組公式カタログが隔月発行に

番組公式カタログでは、紹介した旅と連動したツアーを掲載しており、気になるツアーに申し込むことができます。10月に2年目を迎えて、年4回から年6回(隔月)の発行にパワーアップ。番組公式ホームページから無料で請求できます。

「旅スルおつかれ様 ~ハーフタイムツアーズ~」公式ホームページ
https://www.halftime-tours.jp/

 

世界初の水上牧場 欧州一の港町ロッテルダム ベルギー・オランダ紀行(5)

TOPへ戻る

煮てよし、焼いてよし プロも認める伊達鶏(だてどり) ここにも ふくしま。#7

RECOMMENDおすすめの記事