魅せられて 必見のヨーロッパ

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

ツアーの行き先としてはあまりメジャーではないけれど、足を運べばとりこになってしまう。そんなヨーロッパの街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる連載「魅せられて 必見のヨーロッパ」。日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(1867~1918)が修好通商航海条約に調印してから150周年を迎える2019年は、日本とハンガリーで多くの交流イベントが催されています。東京の新国立美術館で12月4日から「ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展が開催されるのに先立ち、ハンガリーの首都ブダペストと、出品作を所蔵するブダペスト国立西洋美術館を巡りました。

三つの町が統合したブダペストは世界遺産

ウィーン取材の後、列車で車窓の風景を眺めながらブダペストへ旅します。乗り換えなしで、所要時間は約2時間40分と手軽です。欧州31カ国で国鉄などに乗り放題の「ユーレイル グローバルパス」を日本で購入して行くと、ヨーロッパ周遊にはとても便利。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

ドナウ川を挟んで、写真左側がブダ、右側がペスト

ドナウ川と旧市街の街並みが美しく調和しています。ブダペストは、1873年にブダ、オーブダ、ペストの三つの町の統合により誕生しました。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

世界遺産を記念する碑

「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」は世界文化遺産に登録されています。

風格ある王宮、議事堂、広場

最近、ヨーロッパ内からの若いツーリストが増加し、若者向けのバーやレストランが増えています。ここからの眺望はインスタ映えするためか、スマホ撮影の若者たちでにぎわっています。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

堂々とそびえる王宮(ブダ城)

ブダ王宮は14世紀に完成し、約700年の間ハンガリー国王の居城でした。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

国会議事堂

ドナウ川の河畔でひときわ目立つ美しい建物は、国会議事堂です。ハンガリーの代表的建築家シュティンドル・イムレの設計で1885年に着工し、1902年に完成しました。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

英雄広場

アンドラーシ通りを市民公園方向へ歩くと、突き当たりが英雄広場。1896年に整備された壮大な広場です。

ルネサンス期の作品が充実した西洋美術館

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

西洋美術館の外観

英雄広場に向かって左側に、西洋美術館があります。1906年、エステルハージ家などハンガリー貴族のコレクションを元に開館しました。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

西洋美術館の内部

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

アーチ状の屋根と収蔵作品

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

装飾が美しい西洋美術館の内部

堂々とした建物自体も、見ごたえがあります。地元はもちろんですが、子供連れの家族、若い世代から熟年層まで各国の観光客が見学しています。

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

西洋美術館の展示室

ドナウ両岸に広がる絶景 ハンガリーを巡る旅(1) ブダペスト

展示室には多くの作品が並ぶ

特に、イタリアやドイツなどのゴシック、ルネサンス期絵画の多さに圧倒されます。

今回の「ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展では、ルネサンスから20世紀初頭までの絵画、素描、彫刻など130点が公開され、国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーの所蔵品が日本でまとめて公開されるのは25年ぶりとなるそうです。日本ではなかなか見ることができないハンガリーの19~20世紀の作品や、ティツィアーノ、エル・グレコ、モネなどが見どころです。

駐日ハンガリー大使館 https://tokio.mfa.gov.hu/jpn
オーストリア航空 https://www.austrian.com/
レイルヨーロッパ http://www.raileurope.jp

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

相原恭子(文・写真)

慶應大学卒業。ドイツ政府観光局勤務を経て、作家&写真家。「ドイツ地ビール夢の旅」(東京書籍)、「ドイツビールの愉しみ」(岩波書店)、「ベルギー美味しい旅」(小学館)、「京都 舞妓と芸妓の奥座敷」(文春新書)、「京都 花街ファッションの美と心」(淡交社)、英語の著書「Geisha – A living tradition」(フランス語、ハンガリー語、ポーランド語版も各国で刊行)など著書多数。国内はもちろん、国際交流基金・日本大使館の主催でスペイン、ハンガリー、エストニアで講演会や写真展多数。NHK「知る楽」「美の壺」、ラジオ深夜便「明日へのことば」「ないとエッセー」、ハンガリーTV2、エストニア国営放送など出演多数。
https://blog.goo.ne.jp/goethekyoko

ワイン都市ウィーンで居酒屋文化「ホイリゲ」を楽しむ

一覧へ戻る

ベルリンの壁崩壊の序章はピクニック  ハンガリーを巡る旅(2) ショプロン

RECOMMENDおすすめの記事