永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶

(37)光と水が生み出す不思議 永瀬正敏が撮ったニューヨーク

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。ニューヨークのマンハッタンで撮った、この不思議な空間はいったい?

(37)光と水が生み出す不思議 永瀬正敏が撮ったニューヨーク

©Masatoshi Nagase

この写真は、自分で撮った作品の中でも、好きな1枚だ。映画「パターソン」の撮影で渡米した2015年、ニューヨークのマンハッタンにあるジム・ジャームッシュ監督の事務所で撮った。衣装合わせの前だったと思う。「ちょっと待ってて」と通された会議室で、ふと窓の外を見たら、ガラス越しのベランダに、不思議な光景が見えた。

グラウンド・ゼロからそう遠くない、事務所が入居している高層オフィスビルは、ちょうど外装工事中だった。ロープがつるされているのはそのためだ。そういう事情だからだろう、ベランダはものすごくほこりっぽかった。そして、少しくぼんだ場所にたまっていた水が鏡の役割を果たして、すてきな場面を作り出していたのだ。

白いロープは黒っぽく映り、落ちているごみがまるで飾りのように見える。その右には近くのビルの影も映っている。ロープ自体の影は左下へ伸びているから、太陽があるのは影と反対側だ。左側には、窓のブラインドも映っている。そして、枠の向こうには、マンハッタンのビル街がある。

説明してしまえば、なるほど、と思えるかもしれない。でも、この風景をふと目にしたときの感覚は、言葉では説明しがたい。どこまでが実像で、どこまでが虚像なのかわからぬまま、混然一体となって空間が飛びこんできた。ご覧いただいた方には、ぱっと見た時の感覚そのままに、自由に受け止めていただけたら、と思う。

バックナンバー

>> 連載一覧へ

PROFILE

永瀬正敏

1966年宮崎県生まれ。1983年、映画「ションベン・ライダー」(相米慎二監督)でデビュー。ジム・ジャームッシュ監督「ミステリー・トレイン」(89年)、山田洋次監督「息子」(91年)など国内外の約100本の作品に出演し、数々の賞を受賞。カンヌ映画祭では、河瀬直美監督「あん」(2015年)、ジム・ジャームッシュ監督「パターソン」(16年)、河瀬直美監督「光」(17年)と、出演作が3年連続で出品された。近年の出演作に常盤司郎監督「最初の晩餐」、オダギリジョー監督「ある船頭の話」、周防正行監督「カツベン!」、甲斐さやか監督「赤い雪」など。写真家としても多くの個展を開き、20年以上のキャリアを持つ。2018年、芸術選奨・文部科学大臣賞を受賞。

(36)犠牲者の名に、そっと手を置く子 永瀬正敏が撮ったグラウンド・ゼロ

一覧へ戻る

(38)軒先にぽつりと置かれた新聞 永瀬正敏が撮ったマンハッタン

RECOMMENDおすすめの記事