タイ 上から撮るか、下から撮るか

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

日本人の父とタイ人の母を持つ写真家、野見山大地さんの連載「タイ 上から撮るか、下から撮るか」。ドローンによる空中撮影から水中での撮影まで、ひとひねりした視座の写真を得意とする野見山さんが写真と文章でお届けします。第5回は、南部のリゾート地でダイビングスポットでもあるプーケット。美しい海中の動画も紹介します。(トップ写真は、南国気分を盛り上げてくれる華やかな魚)

【動画】神秘的なプーケットの海の中

固有種多く魚影も濃いダイビングスポット

「アンダマン海の真珠」とうたわれるタイ南部の島プーケットは、世界屈指のリゾート地として知られています。ダイビングスポットとしても人気の場所です。美しい海やビーチは多くの人を魅了しています。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

ダイビングを満喫

ダイビングのためだけにプーケットを訪れる人も多いのではないでしょうか。年間を通して温暖なプーケットは、一年中ダイビングを楽しむことができます。熱帯地方特有の固有種が多く生息し、魚影も濃く、多くの海洋生物を見ることができます。

【動画】プーケットの海中で遭遇した魚の群れ

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

海底の魚に「あんた誰?」とにらまれた気分

僕自身、世界中で100回以上ダイビングをしてきましたが、プーケットでダイビングをすると、いつも新しい発見があります。1度プーケットで潜るとほかの海では満足しなくなるかもしれません。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

無数の魚が泳ぐ

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

派手な模様のエビもいた

ダイビングのライセンスを取りに来る人も多くいます。日本と比べて格安かつ短期間で取ることができる場所もあります。リゾート地なので英語はもちろん、日本語ができるインストラクターがいるところもあります。

高速船でピーピー諸島へ

プーケットからフェリーで約2時間、高速船を利用すると1時間弱でピーピー諸島(ピピ島)に行くことができます。北部にあるピピ・ドン島が中心地で、南部のピピ・レイ島には、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台としても有名なマヤ湾があります。

【動画】ピピ・ドン島の空撮

マヤ湾は観光客の増加に伴い環境破壊の懸念があり、2019年12月現在、観光客の立ち入りが禁じられています。まさに映画のような「伝説のビーチ」となってしまいましたが、早く元の美しい景色を見たいと、切に思います。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

立ち入り禁止になる前のマヤ湾

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

立ち入り禁止になる前に撮ったマヤ湾の砂浜

マヤ湾こそ上陸禁止ですが、アイランドホッピングでほかの島にも訪れることができます。中でもバンブー島はおすすめで白い砂浜のビーチはもちろん海も抜群の透明度です。無人島なのですが売店もありシュノーケリングも楽しむことができます。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

バンブー島

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

バンブー島でのシュノーケリング

高さ45メートル「ビッグブッダ」

プーケットの南部にあるカタビーチ。その東側にある山の上に、ひときわ目立つ石仏「ビッグブッダ」があります。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

山上に鎮座するビッグブッダ

【動画】プーケットの街を見守るビッグブッダ

プーケットの街を見守るように座っているのがビッグブッダです。高さは45メートルあり、日本の奈良の大仏の約3倍、鎌倉の大仏の約4倍といえば、いかに大きいか想像できると思います。このブッダは、スマトラ沖地震による津波からの復興のシンボルとして建てられたことでも知られています。住民の寄付で建てられているため地元の方も多く訪れ、プーケットの象徴と言える場所のひとつでしょう。

ディカプリオ映画のロケ地 高さ45メートルの大仏 プーケットとピーピー諸島

ビッグブッダを背後から空撮

■バックナンバーはこちら

PROFILE

野見山大地

写真家
1993年、日本人の父とタイ人の母の間に生まれる。幼少期をタイで過ごす。自分の目で世界を見るために写真家を志し、カメラを片手に世界一周、アフリカ縦断を行う。これまで70カ国以上を訪れた。資格マニアでもあり、車やバイクの大型免許、ゾウ使い、小型船舶、ドローン操縦者、ダイブマスター、調理師などの資格を持つ。写真家として国内外で活動し個展開催や写真集も出版する。都内を中心に展開するタイ料理屋「チャオタイ」の副社長でもある。

真っ白なお寺、真っ青なお寺 チェンラーイ

一覧へ戻る

湖一面の赤い睡蓮、あの世と見まごう ウドーンターニー

RECOMMENDおすすめの記事