はなのたびたび旅日記

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

旅好き・仏像好きで知られる、モデル・はなさんの連載「はなのたびたび旅日記」、略して「はなたび」。前回は沖縄本島を車で走り抜けましたが、今回は、知念の安座真港から高速船に乗ってビュ~ン!と久高島へ向かいます。

(文・写真・イラスト:はな)

癒やしを求めて、沖縄の久高島へ

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

久高島の徳仁港まで約15分の短い船旅。日曜日の高速船は久高島行きの乗客でいっぱいでした。もれなく後方のテラスへと誘導された私たちは、離れゆく沖縄本島を眺めながら、つかの間の船旅を楽しみ……。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

ぎゃ~~~~!
久高島に近づくにつれ、だんだんと荒くなる波。まるで絶叫アトラクションに乗っているような気分にさせられました。あ~、楽しかった!と振り向くと、全員涙目(笑)。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

水しぶきにかかる小さな虹。こんなに美しい景色に出会えるなら、少々の荒波も怖くないですよね!

さて、久高島に無事、到着しました。
この島は、琉球を切り開いたアマミキヨの神が、天から舞い降りた島と語り継がれています。まさに、沖縄が誕生した場所。「呼ばれた人しか足を踏み入れることができない」と聞いたことはありましたが、いまでは観光客でも気軽に訪れることができます。
これもタイミング! 8人全員で神秘の島、久高島に足を踏み入れることができました!

まず訪れたのは「さばに」という食堂&自転車レンタルができるお店。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

早朝の高速船に乗船したので、全員はらぺこです。沖縄に来てから初めて沖縄そばをいただくことに。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

朝食にぴったり! お肉も加わり、とてもおいしい!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

久高島は周囲8キロの細長い島。自転車で島を巡るのがオススメです。みんなでママチャリをレンタルして、いざ出発!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

どこまでも続く青空と道。

途中、御嶽(うたき)や拝所(うがんじゅ)と呼ばれる神聖な場所を見かけました。「立ち入り禁止」の看板の奥をのぞくと、そこだけシーンと、静まり返っているのがうかがえます。フボー御嶽は立ち入り禁止区域になっているので、ご注意を。島の人々が心のよりどころとする場所なのだそうです。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

こちらは島バナナの木。アクセサリーのような実を付けていました。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

道をふさぐマイペースな猫にも出会いました。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

さ、自転車の旅を続けていると……海が見えてきました!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

真っ青な空と海! 本当に気持ちがいい!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

砂浜に下りられる場所もあります。この日は強風のため、予定していたスノーケリングができなかったので、波と追いかけっこを楽しみました。なんか、島全体に遊んでもらっているような気分。やさしいな、久高島。ありがとう!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

全身全霊で遊んだ、1泊2日の旅。いよいよフィナーレは那覇市に戻り、国際通りからも程近い「BACAR」というピザ屋さんへ。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

絶品ピザで旅のしめくくり

ピザは「マルゲリータ」と「マリナーラ」の2種類のみ。これが耳までむっちり、本当においしいのです!!!

こちらが「マルゲリータ」。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

そして「マリナーラ」。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

もう肉の山の皿が出てきた時は、涙が出そうになりました(笑)。旨(うま)みを壊さずに素材を薄~くスライスする技術が素晴らしいです。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

個人的に大好きなトリッパの料理も。

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

最終便に間に合うギリギリの時間まで、私たちは食べ続けました。もう思い残すことはありません。おいしすぎて、楽しすぎる旅。気の合う仲間で行くと、こんなにも欲張りになれるんだ!と思い知らされました。

西山さん、お誕生日おめでとうございました!

モデル・はな、沖縄の離島で癒やされる

 

■「はなのたびたび旅日記」のバックナンバーはこちら

PROFILE

はな

モデル。12月21日生まれ、神奈川県横浜市出身。2才から横浜のインターナショナルスクールに通い、17才からモデル活動を始める。上智大学に進学後も、学業と並行してモデル活動を続け、その後テレビやラジオ、ナレーター、エッセイの執筆など活動の範囲を広げる。現在もファッション誌で活躍するかたわら、FMヨコハマ「Lovely Day〜hana金〜」(毎週金曜)のナビゲーターや、日本テレビ「夢の通り道」(毎週日曜)のナレーションも務めている。英語・フランス語に堪能で、その語学力を活かした絵本も多数。趣味はお菓子作りや茶道、仏像鑑賞。2017年9月国宝応援大使、2019年4月奈良国立博物館評議員に就任。著書に、『はな、茶の湯に出会う』(淡交社)、『hana’s style book』(宝島社)、『ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう』(幻冬舎文庫)、『おくるおかし』(集英社)ほか多数。
Instagram:https://www.instagram.com/hanalovestaco/

女子8人、食欲と物欲を満たす沖縄の旅

一覧へ戻る

モデル・はな、瀧廉太郎ゆかりの地を着物で散策

RECOMMENDおすすめの記事