&notes

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

家族やパートナーとの旅行も楽しいですが、気が置けない友達との旅もまた、最高ですよね! 今回は、冬に女性同士で行ってみたい、星野リゾートの宿を五つご紹介します。(文:ライター・渡部麻衣子)

■星野リゾートの関連記事

冬に行きたい宿5選
冬の女子旅にオススメの宿5選
秋に行きたい温泉宿5選
秋の味覚を楽しむレストラン・ラウンジ6選
夏休みに行きたい宿5選
子どもの自由研究に役立つ、アクティビティー10選

星野リゾートとは?

星野リゾートは、高級感あるホテルや温泉旅館、都市型観光ホテルなどを運営するホテルグループで、国内外に五つのサブブランド「星のや」「リゾナーレ」「界」「OMO」「BEB」を中心に宿泊施設を展開。これらのブランド以外の宿泊施設や日帰り施設もあり、様々な旅のニーズに応えています。

「星のや」は「日本発のラグジュアリーホテル」、「リゾナーレ」は「豊富なアクティビティーをそなえる西洋型リゾート」、「界」は「心地よい和にこだわった上質な温泉旅館」、「OMO」は「街を楽しみ尽くす観光客のためのホテル」、「BEB」は「仲間とルーズに過ごすホテル」を標榜(ひょうぼう)。いずれの宿泊施設もその土地ならではの魅力を発信しながら、宿泊者をもてなしてくれます。

1.あいづ日本酒よっぱら滞在「磐梯山温泉ホテル」(福島県)

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

「あいづ日本酒よっぱら滞在」客室でのイメージ。磐梯山温泉ホテル

新酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」の都道府県別金賞受賞数で7年連続日本一をとるほど、おいしい日本酒が多いことで知られる福島県。なかでも、会津には30もの酒蔵が集中しています。

そんな日本酒ファン垂涎(すいぜん)の地にある「磐梯山温泉ホテル」で2020年1月から始まるのが、日本酒好きのための宿泊プラン『あいづ日本酒よっぱら滞在』。「よっぱら」とは、会津方言で「たくさん」の意味。チェックイン時に“利き酒師”が普段飲んでいるお酒や好きな料理などをもとに、30蔵30種の酒の中から好みに合いそうなものを提案してくれます。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

30蔵の日本酒イメージ。磐梯山温泉ホテル

好みを把握したら、夕食をとりに会津若松市内にある居酒屋へ。酒器や温度で香りや味わいが変化する日本酒の奥深さを堪能できます。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

会津若松市内にある居酒屋イメージ

部屋に戻ればチェックイン時に選んだ日本酒と、おつまみ「会津あがり酒セット」が用意されているので、お風呂上がりの晩酌も“すっぴん”で心ゆくまで楽しめますよ。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

「会津あがり酒セット」。磐梯山温泉ホテル

翌朝の朝食は、そば粥(がゆ)やしじみのみそ汁など胃腸に優しいラインナップ。さらにチェックアウト後は、ホテルの車で酒蔵見学にも連れて行ってもらえます。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

朝食イメージ。磐梯山温泉ホテル

■星野リゾート 磐梯山温泉ホテル(https://www.bandaisan.co.jp
眼前に磐梯山、眼下に猪苗代湖を望むリゾートホテル。
一日一組(最大4人まで)限定の宿泊プラン『あいづ日本酒よっぱら滞在』は、2020年1月7日~3月27日(火~金チェックイン限定)。一人3万8000円から(一泊朝食付き、二名一室利用時。税・サービス料別)。夕食前に、ホテルの目の前のスキー場「星野リゾート アルツ磐梯」で一滑りするのもオススメ。

▲トップへ戻る

2.童心に帰って雪ガール「リゾナーレトマム」(北海道)

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

『雪ガールステイ』イメージ。リゾナーレ トマム

雪山での遊びといえばスキーやスノーボードが王道ですが、そうではなく、純粋に雪遊びをしたい人は「リゾナーレトマム」の二泊三日の宿泊プラン『雪ガールステイ』(防寒具のレンタル付き)を利用してみては。

チェックインした翌朝は、まだ誰にも踏み荒らされていないふかふかの雪原までソリで移動。友達と一緒にバフッと雪の上に寝転んだり、雪合戦をしたり、雪上に残された小動物の足跡をたどったり。貸し切りなので、人目を気にすることなく童心に帰ることができます。

外だけでなく、屋内でも雪を感じられるのもこのプランの魅力。雪の結晶の柄がデザインされた客室も、雪景色から着想を得た朝食や夕食のビジュアルも、思わず写真を撮りたくなっちゃうほどの可愛らしさです。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

『雪スイートルーム』。リゾナーレトマム

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

『雪あさごはん』。リゾナーレトマム

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

『雪ディナー』。リゾナーレトマム

朝食はホテル最上階、32階にあるレストランで。雪が降りしきるトマムの冬の絶景を眺めながら、静かなひとときを過ごせます。滞在最後の夜にスパトリートメント(一時間)を受けられるのも、雪遊びで疲れた体にうれしいですね。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

『雪ガールスパトリートメント』イメージ。リゾナーレトマム

■星野リゾート リゾナーレトマム(https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/risonare/tomamu.html
北海道のほぼ中心に位置する滞在型リゾート。四季折々、様々なアクティビティーを体験できる。
一日一組(2人以上3人まで)限定、二泊三日の宿泊プラン『雪ガールステイ』は、12月1日~2020年3月30日。3名一室利用時一人7万7000円から、2名一室利用時一人8万300円から(税・サービス料別)。二泊で、朝食2食(雪あさごはん1回)、雪ディナー1食がつく。料金には雪ガールグッズ(アウター、手袋、帽子、ネックウォーマー、スノーブーツ、電子カイロ、雪の結晶が観察できる“雪めがね”)のレンタル代も含まれる。

▲トップへ戻る

3.冬の縁結び滞在、出雲大社へ「界 出雲」(島根県)

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

縁結びアイテム、イメージ。界 出雲

恋に仕事に、人間関係に。この世にはさまざまなご縁がありますが、良縁に恵まれたい人たちが日本各地からお参りにやってくるのが、出雲大社。美肌の湯、玉造温泉にある宿「界 出雲」には、身も心も清めてから参拝するための宿泊プラン『冬の縁結び滞在』があります。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

雪景色の「界 出雲」外観

客室の露天風呂では床の間に供えられた酒と塩を湯船に入れて身を清める“禊(みそぎ)体験”ができ、朝は神様に献上する飲食物「神饌(しんせん)」をモチーフにした朝食膳がいただけます。ちなみにこの朝食膳、「神様と同じものを食べることで、神様とご縁を結ぶ」ため、米、塩、水のほか、川魚・海魚、野菜・海藻、水鳥・野鳥を使って「神饌」に必要な要素を忠実に再現しているそうです。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

禊(みそぎ)風呂。界 出雲

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

神饌(しんせん)朝食。界 出雲

参拝には現地のガイドさんが付き添い、しっかりサポート。出雲大社の歴史や参拝の作法について学べるので、初めてのお参りでも何の心配もいりません。

■星野リゾート 界 出雲(https://kai-ryokan.jp/izumo/
美肌の湯として知られる玉造温泉を客室でも楽しめる、全室露天風呂付きの宿。
一日一組限定の宿泊プラン『冬の縁結び滞在』は、2020年1月1日~2月29日。一人3万8400円から(一泊2食付き、二名一室利用時。サービス料込・税別)。神棚に飾って新年の幸せを祈る「ご縁ダルマ」のお土産付き。

▲トップへ戻る

4.かまくらで雪ん子体験「界 アルプス」(長野県)

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

雪ん子の装い体験。界 アルプス

北アルプスの麓(ふもと)に位置し、信州の中でも積雪量が多い大町温泉郷。温泉旅館「界 アルプス」では、昔の雪国の暮らしを体験してもらおうと、2月中は宿泊者向けに『信州かまくら雪ん子体験』を実施します。

箕(みの)や半纏(はんてん)、もんぺ、かんじき、わら靴を借りて、「雪ん子」に変身。しんしんと降り積もる雪で作った大きなかまくらの前で、まるでひと昔前にタイムスリップしたかのような写真を撮ることができます。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

かまくら。界 アルプス

外遊びで体が冷えたら、かまくらの中にある囲炉裏やコタツで温まりましょう。お汁粉も振る舞われるので、ほっと一息つけますよ。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

雪鍋会席など料理例。界 アルプス

なお、大町温泉郷では2020年2月1日、8日、15日、22日、29日の午後8時から、打ち上げ花火や和太鼓の演奏が楽しめるイベント「夢花火と音の祭典」を行っています。宿から近いので、そちらもぜひ。

■星野リゾート 界 アルプス(https://kai-ryokan.jp/alps/
信州のぜいたくな田舎暮らしを体験できる宿。
『信州かまくら雪ん子体験』は、2020年2月1日~29日(無料。積雪状況によって変更の可能性あり)。かまくらライトアップは午後5時~午後9時、「雪ん子の装い体験」は午後3時~午後9時。
宿泊は、一人2万2000円から(一泊2食付き、二名一室利用時。サービス料込・税別)。

▲トップへ戻る

5.比叡山で厄除け&厄払い「ロテルド比叡」(京都府)

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

日吉大社での「やくばらい参拝」イメージ。ロテルド比叡

2019年が終わりかけている今、「今年はあんまり良いことがなかったな……」とうなだれているなら、年始に厄払いをして2020年は良い年にしましょう!

延暦寺と日吉大社が鎮座する比叡山は、平安京の鬼門にあたる北東にあり、災いを退ける地として1200年の歴史がある最強の厄除(よ)け・厄払いスポット。オーベルジュ「ロテルド比叡」では、延暦寺と日吉大社を巡るのにぴったりな宿泊プラン『比叡山やくばらい散歩・冬』を用意しています。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

客室(スタンダード)。ロテルド比叡

宿泊した翌朝は、延暦寺で朝のお勤めをしたらホテルに戻り、ゆっくり朝食を食べてチェックアウト。ホテルのバスで再び延暦寺に向かい、厄除け参拝を済ませ、宿坊でお守りを授かります。

お次は、日吉大社へ。厄払い参拝をしてから年初限定の“金の御朱印”を受け取り、さらに希望者は大祓(おおはらい)特別参拝もオプションでつけることができます。

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

金の御朱印

これで晴れて災厄とさようなら、というわけですが、参拝前日にホテルでお香を使ったスパトリートメント「浄心」を受けておくのもオススメです。「お香は厄を追い出す」と言われているそうなので、厄払いの効果も上がるかも。

このホテルの詳細記事はこちら

星野リゾート、冬の女子旅にオススメの宿5選

スパトリートメント「浄心」、イメージ。ロテルド比叡

■星野リゾート ロテルド比叡(https://hr.hotel-hiei.jp
比叡山にある、琵琶湖を一望できるオーベルジュ。
宿泊プラン『比叡山やくばらい散歩・冬』は、2020年1月10日~3月31日まで。一人2万7700円から(一泊2食付き、二名一室利用時。税・サービス料別)。オプションの大祓特別参拝は1万円、スパトリートメント「浄心」は1万6000円から。星野リゾートによるロテルド比叡の運営は、契約期間満了に伴い、2020年3月31日のチェックアウトをもって終了予定。4月1日以降の宿泊については、株式会社ホテル京阪 ロテルド比叡お問い合わせ窓口(info-loteldehiei@hotelkeihan.co.jp)まで。

▲トップへ戻る

(写真=すべて星野リゾート提供のイメージ。情報は2019年12月時点。詳細は上記の各ホームページをご確認ください)

■星野リゾートの関連記事

冬に行きたい宿5選
冬の女子旅にオススメの宿5選
秋に行きたい温泉宿5選
秋の味覚を楽しむレストラン・ラウンジ6選
夏休みに行きたい宿5選
子どもの自由研究に役立つ、アクティビティー10選

PROFILE

編集部員・ライター

気になる旅のニュース、お得な旅情報をキャッチした編集部員やライターが、随時情報を掲載していきます。

星野リゾート、おすすめホテルはどこ? 冬に行きたい宿5選

一覧へ戻る

【デルタ航空、メインキャビン搭乗記】大充実のエコノミー、ビストロスタイルの機内食にスパークリングワイン、「ハーゲンダッツ」「スタバ」も

RECOMMENDおすすめの記事